FC2ブログ

暁光碧烏~gyoko-hekiu~

ボカロ小説まとめUPしました♪兄弟を助けたいのはメイコたちだけではなくて・・・よろしかったら覗いてやってくださいませm(_ _)m

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)89 

日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

どんよりと重たい雲が垂れ込めた朝、メイコ、リン、レン、そして神奈川東地区から合流したアンドロイド8名が多摩川の畔に立っていた。

「皆、装備は大丈夫?多摩川を渡ったら裾を直す余裕もない可能性が高いんだからね」

フルフェイスのヘルメットの下からメイコが語りかける。

「勿論!この為に準備をしてきたんだよ」

メイコの言葉に応えたのは横浜地区のグミだった。

「行方不明になっている兄貴がいるかもしれないんだから―――絶対に取り返してみせる!」

「焦っちゃだめだよ、グミちゃん。敵の防御は半端なく固いんだから」

今にも飛び出して行きそうなグミを、一緒にやってきたリリィが嗜める。どうやら彼女らは『姉妹』として育ってきたらしい。

「あなた達の『お兄さん』だと神威がくぽタイプのVOCALOID?男性型アンドロイドだとしたら掃討兵にされている可能性もあるんだけど」

そのメイコの問いかけに、グミとリリィはこくん、と頷いた。

「うん、がくぽ型のVOCALOID。やっぱり改造されちゃっているのかなぁ・・・ここまで殆どオリジナルパーツのままできていたんだけど」

「昔のマスターがこだわりの強い人だったからね~」

VOCALOIDは本来『楽器』である。そのため発声器官である『喉』にこだわるマスターはかなり多いのだが、中には頭部や胴体部分にも拘る者もいる。どうやらグミやリリィらのマスターもそうだったようで、彼女たちもボディパーツの殆どがオリジナルのものらしい。
『頭脳』の一部にされているならパーツがそのまま残っている可能性が高いが、掃討部隊に配属されているならばパーツはバトル用に変えられていてもおかしくない。

「流石に喉は変えられないだろうけど・・・頭部や胴体は変えられているかもね」

「だよねぇ」

メイコの指摘にグミとリリィは肩を落とす。どのみち中央政府によって解体されていなければ、の話なのだが・・・。もし行方知れずの兄と出くわしたら、という妄想で騒ぐグミとリリィをそのままに、出撃準備が整ったレジスタンス達は『目的地』に向かって歩き始めた。






Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv
スポンサーサイト

▲PageTop

烏のがらくた箱~その五百十六・少しずつのずぼらでも、塵も積もれば山となる/(^o^)\ 

烏のがらくた箱

主婦の皆様なら一度は経験があると思うんですよ・・・『料理の後片付けが面倒だな~』とか『洗濯物たたみたくないな~』とか(^_^;)
でもデキた夫がいるとかスーパー姑が同居しているとかならいざ知らず、大抵の昔ながらの主婦は自分でやらないとイケないのです(´・ω・`)で、やるんですけど・・・疲れていたり、やる気がなかったりすると一つひとつの仕事が雑になるんですよね~www
たたみ方がほんのちょっとだけずれていたり、お茶碗の裏側の小さな汚れに気が付かなかったり・・・それらが積もりに積もると最終的に大々的な片付けが必要になったり、洗い物が必要になったりするのです/(^o^)\
何故こんな話をするのかといいますと、GWが終わり、日常の滞っていた書類関係仕事も終わらせた今現在、我が家がこんな状況になっているから/(^o^)\
うん、日々丁寧に家事を行っていれば引き出しの中がびみょ~に荒れていたりしないんですよ。それは解っているんです。でも普段居ない旦那が自宅にいる状況ではそれは無理(-_-;)少しずつ少しずつ荒れていって引き出しの中がカオスとなりつつあるのですwww
来週一週間はどこにも出かける予定は無いですし、病院もそれほど大変じゃない&来週に回してもOKなものなので、今週は頑張ってカオスとなりつつ引き出しをどうにかしないと・・・マジで引き出しの中から魔物を召喚できるかもしれないと本気で思い始めておりますwww





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のがらくた箱~その五百十五・隣の席に居たすごい女子(@@) 

烏のがらくた箱

一昨日の野球観戦でのことなのですが、通路を挟んで座っていた女の子がなかなかすごい子で、観戦中気になって気になってしょうがありませんでした/(^o^)\

ジャイアンツのユニフォームを着ていたのですが、そのユニフォームが既成品じゃなくオリジナルデザインでプリント(というか刺繍かもしれない)されているもの(゚∀゚)それだけなら『熱狂的なジャイアンツヲタ』なのですが、びっくりなのがその行動!一眼レフカメラ2台をフルに使いこなし、選手やヴィーナス(巨人軍のチアリーディングチーム)の動画&静止画を取りまくっているのです。しかも巨人の選手が得点を入れ、ファンがオレンジのタオルをぐるぐる回しているさなかにも/(^o^)\その行動はまるで球団広報のカメラマンのようだったのですが、腕章などは一切つけておらず・・・多分趣味でやっているのでしょうが、それにしてもカメラの使いこなし方が半端なかった(^_^;)
更に気になったのが日焼けの仕方ですね。若いからなのか(見た目は二十代半ばくらいだった)、それともきちんと日焼け対策のオイルなりクリームを塗っているからなのか、焼け方はきれいなのですがかなりの日焼け・・・間違いなく二軍キャンプの追っかけもやっているなと思わせる焼け方をしていたのですよ(^_^;)
彼女、もしかしたら巨人ファンの中ではかなりの有名人なのかもしれない・・・菅野投手から10点も取った試合内容以上に一眼レフ二台を駆使し、自軍得点の際にも冷静に撮影をしていた彼女に興味を惹かれてしまった試合でした(^_^;)

今週もご来訪&拍手、ランキングへのご協力ありがとうございますm(_ _)m
ここへ来てようやくステロイドの量が11mg/1日となりました(≧∇≦)/まだまだ先は長いのですが、とりあえず第一目標である一日10mgが目前に・・・ここまで本当に長かったです(人´∀`).☆.。.:*・゚





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のまかない処・其の四百十一・野球観戦のお供 

烏のまかない処



外野席で選手と共に戦っている熱狂的なファンは横に置いておいて、ふつ~に観戦しているファンの『観戦のお供』はビール(またはソフトドリンク)とおつまみだと思います(๑´ڡ`๑)流石に3時間前後(因みに昨日は4時間半)飲まず食わずの観戦&応援はキツイのでねぇ(^_^;)
因みに我々の『野球観戦のお供』はポテチ類&柿ピーが多いのですが、昨日は珍しく『コンビニの枝豆』を購入いたしました。諸般の事情(私の通院)のため、旦那とは現地集合だったのですが、その際駅の出口を間違えてしまい水道橋東口から出てしまったのですよ/(^o^)\約500メートルの長い道のりを歩く羽目に陥ってしまったのですが、その途中でセブンイレブンに出くわしましてね。どのみちおつまみは買わなきゃならないからと立ち寄ったのですよ。そうしたらレジ待ちのお兄さんたちが一人2つ3つと枝豆のパックを持っておりましてねぇ・・・そういうのを見ると『美味しいのかな?』って思うじゃないですか(^q^)私も例外なくそう思って枝豆が売っていそうな棚へ向かったのですが、その棚だけ異様に商品が減っておりました/(^o^)\
多分枝豆があったんだと思われる棚一段分はすでに空(試合開始10分前)、もう一段も2/3くらいしか残っておらず、多分30分後には確実に売り切れているだろうな~と思われる売れっぷりwここまで売れているとなったら、どんな味なのか試すしかないじゃないですか(๑•̀ㅂ•́)و✧流石にアラフィフ夫婦に2パックはきついので1パックのみ購入、その他柿の種(ピーナッツ無し)とプリングルスを購入いたしました。で枝豆のお味ですが・・・これがなかなかの美味でした(๑´ڡ`๑)枝豆にはそこそこうるさい旦那が『うまい』といったくらいですから結構クオリティは高いんじゃないかと。スナック菓子よりも体に良さそうですし、次回からチャンスがあったら枝豆購入して試合観戦に臨みたいと思います(๑•̀ㅂ•́)و✧
(更に巨人のエース相手に勝ったというのも阪神ファンの旦那を持つ身としてはゲンがいいというか(^_^;)しかし菅野投手、大丈夫ですかねぇ(´・ω・`)今年すでに3敗しているとのことですし、負けは付いていないものの我がベイスターズにも打ち込まれて5点入れられているんですよね~その後7点入れられて逆転負けしてますけど/(^o^)\監督としては甥っ子を二軍に、というのはキツイのかもしれませんが、一度ファームで調整したほうが良いんじゃないかと思います。彼なら1~2週間で戻ってくるでしょ)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv





▲PageTop

烏のおぼえ書き~其の三百十一・昭和初期の家計調査 

烏のおぼえ書き

今は5年に一度くらい?の割合である家計調査ですが、これが日本で最初に行われたのは大正15年~昭和2年だったそうです。なお昭和元年は7日間だけしかありません。
この時の調査結果ですが世帯人員4.2人、世帯主収入93円19銭、家族収入合計113円62銭だったそうです。やはり一世帯100円前後、というのが平均だったんですね(*´ω`*)

政府が都市勤労世帯の本格的家計調査を始めた理由ですが、『主要国の中で生計費指数を発表していないのが日本だけ』だったことと、『最低賃金を決める』ことだったそうです。
ただ、戦前は経済界の反対もあって例外を除き最低賃金は設定されなかったとのこと(´・ω・`)海運などの個別業界での労使合意はあったようなんですけどね~。それと労使側の要求としては月額75円という水準は提示されていたようです。
なお最低賃金が設定されるようになったのは皮肉なことに戦時体制になってからとのこと・・・気合と根性じゃ人間働かない、ってことなんでしょうか(-_-;)

話を家計調査に戻しますが、政府は昭和6年以降に毎年家計調査を実施するようになります。どうやらデフレ&不景気の状況を把握したかったらしい・・・。
その調査結果ですが、一世帯の家族収入合計が86円47銭・・・113円だった大正15年の調査と比較して24%も落ち込んでいたという(@@)なおこの状況から100円を回復するのは日中戦争開始翌年の昭和13年で、翌昭和14年に大正15年とほぼ同水準の115円42銭に回復しました。
戦争特需による好景気、ある意味現代のオリンピック景気によく似ていますよね。というか良くも悪くもイベントによる好景気に頼らざるを得ない日本経済って・・・どうなんだろ(^_^;)




【創作関連】
家計調査―――事情がわかっている現代でさえ『面倒くさい』『自分の家計が覗き込まれるみたいでイヤ』という人が多いのに、よく調査に協力してくれる人がいたなぁ、と感心してしまいました。それともだいたい皆似たり寄ったりだから覗かれても平気、と思っていたのかしら(・・?
家計調査で出た数値の動きも気になるところですが、初めての家計調査を人々がどのような気持ちで受けたのか、また調査項目はどのようなものだったのか、そのへんを覗き・・・もとい調べながら、調査のドタバタ劇を書いていきたいな~と思います(*^_^*)
(昔の家計調査には確か3日間の食卓のメニューなんかも書く項目があったはず・・・そのへんも見てみたいかも((o(´∀`)o)))


【参考・引用文献】
「月給100円サラリーマン」の時代(岩瀬 彰 著  ちくま文庫)


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


▲PageTop

拍手お返事&あの御袍は一体何回ほど染め上げているんあろう(・・? 

烏のがらくた箱

令和に入り、宮中祭祀も本日の『斎田点定の儀』の亀卜でひと段落、というところですかね(*^_^*)あとは秋の大きなイベントを待つことになりそうですが、個人的に気になるのが天皇陛下が身につけられている『黄櫨染御袍』の色です。
とあるデパートで黄櫨染御袍の複製品が展示されているというニュースがあったのですが、明らかに色が違うんですよ(゚∀゚)デパートで展示されているものは金色に近い黄色だったのに対し、陛下が身につけられているものは茶色ががっているように見受けられまして・・・。明らかに2~3回は多く、というか2~3倍は多い染料を使って染め上げられているように見えるのですよ(*´艸`*)
今や日本に2色のみの『禁色』ですから、具体的な染料レシピは国家機密並みのシークレットなのでしょうが、どれくらいの染料が使われているのか気になります((o(´∀`)o))
(あと上皇陛下と今上天皇陛下の御袍の色も微妙に違いますよね~。今上陛下のお色のほうがTVモニターを通じてみると渋い色に見えました。あれは染める人の腕によるものなのか、それとも御本人の好みによるものなのか、そちらも気になります)

拍手コメントありがとうございますm(_ _)mお返事、以下に書かせていただきますね~(^.^)/~~~


▲PageTop

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)88 

日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

「本当にエリア003に行くつもりなの?本気なら絶対に多摩方面や埼玉方面の仲間と連携したほうが良いと思うんだけど」

攻撃準備を黙々と続けるメイコやリン、そしてレンに対しハルが訴える。

「流石に3人だけで行くのは無謀すぎるでしょ。あと1日貰えれば・・・」

「だめよ。今回は人間の仲間は連れていけない―――そもそもミクの体が保管されている場所に酸素があるとは思えないし、そこにたどり着くまでに掃討部隊の攻撃に晒されるでしょ?それに行くのは私達三人だけじゃないし」

そう言いながらメイコは空中にモニターを広げる。

「千葉や埼玉、そして多摩方面のアンドロイド仲間が今回の戦いに参加を表明してくれてね。全員で10名くらいになるかな」

「いつの間に・・・!」

「皆友達や兄弟を中央政府に拉致された者たちなの。だからエリア003の情報を知って参加したいって」

驚くハルにメイコが微笑みながら事情を説明する中、何故かレンだけはそわそわと落ち着き無く腕時計型の通信機を覗き込んでいた。そんなレンの様子にいち早く気がついたのは『相棒』のリンだった。

「どうしたの、レン?彼女でもできた?それとも彼氏?」

するとレンは露骨に渋い表情を顕にしつつ、リンに腕時計型通信機のモニターを見せた。

「期待に添えなくて悪いが彼女でも彼氏でもねぇよ。できればメイ姉に会わせたくねぇんだけど、今回ばかりは同類の頭数を増やしたいし、元々『こいつ』は掃討部隊だったしさ」

「確かにそうだったけど、使えるのかなぁ・・・だってあたし達が『聖地』から出てくる直前、まるで子供みたいにめーちゃんの後ろくっついて回っていたじゃん?めちゃくちゃ頼りないんだけど」

「暴走しかねないメイ姉のストッパーにはなるだろ、たぶん」

「その程度しか役に立ちそうも無いけどね、あのヘタレ。そもそも今現在三島にいるんでしょ?あたし達の攻撃日時に間に合うかビミョーじゃん」

容赦のないリンの一言にしょっぱい表情を浮かべつつ、レンは通信機の向こうにいる相手にメッセージを送った。





Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv

▲PageTop

烏のがらくた箱~その五百十四・それで、何が高くなって何が安くなるの(>_<) 

烏のがらくた箱

日本国内は改元景気に湧いておりますが、ひとたび海外に目を向けますとアメリカと中国の貿易チキンレースが繰り広げられていて、一歩間違えば世界景気が一気に悪い方へ転がりかねないという状況になっておりますよね/(^o^)\
しかもよくよくニュースを聞いてみると、日本にもかなりでかいとばっちりがやってくるという・・・(-_-;)更に厄介なのがそれぞれに状況が一筋縄では行かないということなんですよね~。自分の頭の中の整理を兼ねて牛肉とダンボールについて聞きかじったものをおさらいしてみたいと思います(>_<)

◆牛肉
以前の状況であれば・・・
・TPPを締結したオーストラリアの牛肉を安く手に入れることができ、これから交渉を始めるアメリカの牛肉は関+品質の良さで高めだった。
・アメリカと中国の報復関税掛け合いによって中国がアメリカの牛肉を買わなくなった→そのかわりオーストラリアの牛肉を爆買い→オージービーフ高騰(´;ω;`)
・アメリカの畜産農家が中国以外の国に牛肉を売ろうとして値段を下げる→関税そのままでも安い牛肉が日本に入ってくる→品質が日本人好みのアメリカ産牛肉が安く手に入るようになる。

ワイドショーで見た限りですが、既にその傾向が出ているとのこと(gあたりの価格がほぼ同じっぽい)消費者にとってはありがたいですが、畜産農家さん、これだとキツイですよね~(´・ω・`)なお国内畜産農家に関しては購買層が全く違うのでどう転んでも影響はほぼ皆無と思われます(庶民は和牛は買えないし、セレブは100g198円の牛肉なんて食わないだろ/(^o^)\)


◆ダンボール
・元々アメリカから古紙を購入し、ダンボールを作っていた中国だったが、関税がかかるためにそれを断念。近場の日本から古紙を爆買いするようになっている→日本の古紙が激減
・古紙が少なくなり価格高騰→古紙を原料とするダンボールが高騰→ダンボールを使って配送している商品の価格にその分が上乗せされる→物価全体が高くなる。

実際大きなペットボトルの価格が20円~くらい高くなりますよね(>_<)そのうち他の商品にも価格が上乗せされると思われます。そもそもダンボールを使わないで運んでいる商品なんて殆どないし/(^o^)\


私がたまたま聞きかじった2つの事例でさえこのような複雑な事情で値段が高くなったり安くなったりしております。これから更に状況が変わっていくでしょう・・・生活費を預かる主婦として出来る限りの情報収集はしていきたいと思いますが、どこまで出来るのか、限りなく不安です(>_<)
(あ、でも消費税はきちんと上げてもらわないと・・・働くオカン&未来を担う子供のための財源はきちんと確保で)





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のがらくた箱~その五百十三・ホトトギスの季節になりました/(^o^)\ 

烏のがらくた箱

去年からうちのマンション近辺にやってくるようになったホトトギスなのですが、こいつが来ると何故かカラスがなりを潜めます(^_^;)
鳶くらいならふつーに追いかけ回すカラスですので、ホトトギスもてっきり追いかけ回すのかな~と思っていたのですがそんな様子は一切見せず。むしろここぞとばかりにホトトギスがその喉を誇っておりますwww
去年も書いたのですが、カラスよりホトトギスのほうが強いんですかねぇ(・・?だから『鳴かぬなら 〇〇しよう ホトトギス』という、さも有名武将が詠んだような句がまかり通るのか・・・(強い鳥なら武士も好みそう)
この時期、子育て中のカラスにとっては気の毒と思いますが、我が家の近辺がホトトギスが住めるような環境になってきたということでもあるので、ここはホトトギスに頑張ってもらいたいものです(๑•̀ㅂ•́)و✧
なお我が家は都心から電車で30分ほどの田舎で、たぬき、コウモリくらいは昔から住んでおります/(^o^)\更にもう30分ほど行くとイノシシ、鹿、猿、時々熊も出没するらしい・・・ちょっと前『老人が熊を撃退!』というニュースが流れ、『いったいどこの地方だよ・・・』とよくよく聞いたら県内(しかも小田原)の話でした(^_^;)人間が少なくなっている分、動物たちが進出しているのかしら・・・里山とかも荒れているでしょうし、ちょっと気になるところです。
(鎌倉でも手入れができていない竹やぶが多くなってきております。あれはマジ洒落にならない(-_-;))

今週もご来訪&拍手、ランキングへのご協力ありがとうございますm(_ _)m
GW明けそうそう、痛ましい交通事故がありましたね(´・ω・`)一番いけないのは勿論右折車なのですが、直進車もせめてブレーキをかけることができていたら、ここまで被害は大きくならなかったろうな~と思います(´;ω;`)自動運転システムはまだまだ開発中とのことですが、せめて何かにぶつかったら強制ブレーキをかける、ということはできないんでしょうかねぇ(´・ω・`)それができれば死亡事故の半分は減るんじゃないかと今回強く思わされました(-_-;)





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のまかない処・其の四百十・岩のり 

烏のまかない処


あまりお他所のラーメンを食べることがないので比較ができないのですが、新潟のラーメンはトッピング料さえ出せば沢山の岩のりを乗せてもらえます(๑´ڡ`๑)普通のラーメンだといわゆるシート状の海苔を数枚乗せてもらうような形になると思うのですが、新潟ラーメンでは岩のりのほうが多いかも・・・見た目も派手ですし、スープに溶けやすくて食べやすい!しかも普通の海苔のトッピングよりも気持ちお安めのような気がする(^_^;)なので新潟帰省の際には必ず一食は岩のりがたっぷり乗っかったラーメンを食するのですが、今回は例年とはちょっと違う事情が発生しておりました。
それは海苔の高騰!全国的な海苔の不作はニュースでも流れておりましたが、それは新潟でも例外では無かったようで、雑誌のラーメン特集でも岩のりラーメンのトッピングが悲しいことになっておりました(´・ω・`)更にいつも岩のりを食べているラーメン屋さんがGW初日にお休みという/(^o^)\
それでも岩のりは食べたい!ということで、別のラーメン屋さんで(その店では頼んだことがない)岩のりラーメンを食べたのですが、私以外にも岩のりラーメンを注文する女性がまぁ多いこと多いことwwwどうやら高騰にも負けず、トッピングの量を減らしていなかったようなのですよ(今まで食べたことがなかったので気が付かなかった(^_^;))
流石にそれだけ注文が多いと普段他人の注文など全く気にしない旦那も気になったのでしょう。翌日『岩のりって美味しいの?しょっぱくないの?』と聞いてきたのです/(^o^)\まぁ、確かにラーメンどんぶりの半分~ほぼ全体を覆い尽くす岩のりはいきなり注文するには勇気がいるよなぁ(^_^;)因みに岩のりのお味はいわゆる『海苔』の味、むしろ普通の海苔よりも味は薄いかな~というくらいです。
地元以外ではなかなか出会うことが難しい岩のりラーメンですが、もしチャンスがありましたらチャレンジしてみてくださいませ(๑•̀ㅂ•́)و✧
(新潟でも下越でしか見たことがない・・・岩のりの生産地が近くにあるのかなぁ。原価計算がどうなっているのか心配になるほどどっさり乗っかって出てくるのが嬉しかったりする→だからがめつい女性客が注文するのかもしれない。自分を含め^^;)



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ