FC2ブログ

暁光碧烏~gyoko-hekiu~

烏のがらくた箱UPしました♪大嘗祭、今回は本当にきれいな画像でした(*´ω`*)30年で技術が進歩したなぁ(#^.^#)

烏のがらくた箱~その五百六十六・あんなにカメラが入れるようになったんだ(@@) 

烏のがらくた箱

昨日行われた大嘗祭、本当に幻想的で美しかったですよね(人´∀`).☆.。.:*・゚
一生に一度か二度しか見ることができない、天皇家にとっても日本文化にとっても非常に重要な儀式です。始まった瞬間、思わず家事の手を止めて見入っちゃったんですけど・・・あんなにあちらこちら映しちゃっても良いんでしょうか?というくらいカメラがあちらこちらに入っていたのが歴史ヲタクとしては非常に嬉しいものがありました(≧∇≦)/
だって平成の時は『カメラが入るのも史上初。秘中の秘の儀式なので入り口のところしか撮っちゃダメ!』と天皇・皇后両陛下が大嘗殿に入られるところしか映らなかったので・・・今現在、ニュースで平成時の画像が映りますが、ライブの時はもっと短かったんだから!資料映像でもあれくらいしか多分残っていないのでしょう。それが今回はカメラの性能も良くなり、映しても良い場所も多くなりました(≧∇≦)/これが30年の歳月なんだろうなぁ・・・平成の時は撮すものがなくて、大嘗祭に呼ばれていた偉い人を映していたけど/(^o^)\
特に嬉しいのは、前回殆どぼやけていて判らなかった侍従さんや女官さんの装飾品がよく見えること((o(´∀`)o))彼らの衣装も普段とは全然違うじゃないですか。そういうのが見たいんですよぉ・・・前回の時は暗視カメラの性能にも限度がありましたので仕方なかったと思いますけど(´・ω・`)だいたい今のiPadやiPhoneで撮る画層より多少マシ、というくらいかな?ニュースの最初の部分がそれだったので『何だ、暗視カメラの性能そんな変わって無いんじゃん』と一瞬思ってしまいました。スミマセン(>_<)
にしても、松明の明かりだけであそこまで撮れるとはねぇ(ライトは許されていないと思う)・・・日本の最高技術ってすごい(゚∀゚)現代でもこれだと、次のお代替わりはどんなふうになるのか・・・儀式に差し障りのない程度に、資料として残してほしいものです(#^.^#)
(費用が高い、って言ってもアメリカから購入する戦闘機一機分くらいですよね。それで宮大工さんの技術が引き継がれ、全国の農家さんの励みになり(全国各地の名産品が収められるらしい)、我々も平安時代のタイムカプセルのような儀式を堪能できるんですからある意味安いものです(#^.^#)戦闘機と違って誰も傷つけないし)

今週もご来訪&拍手、ランキングへのご協力ありがとうございますm(_ _)m
機械関係の技術が日進月歩。スマホも買い替えて4年しか経過していないと思えないほど中身が新しくなっております/(^o^)\
詳細は明日語らせていただきますが、フォルダまで作れるようになっていたとは・・・本当にあれ便利です(≧∇≦)/





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

スポンサーサイト



▲PageTop

烏のまかない処・其の四百三十七・カルヴァドスのチョコ 

烏のまかない処



ロッテの冬季限定チョコ『ラミー(ラムレーズン)』『バッカス(ブランデーのボンボン)』と姉妹シリーズと思われるチョコです(*^_^*)
うちの近所では一軒のコンビニしか扱っていないのですが、もしかしたらおよそでは多く扱っているかも・・・先輩チョコ2つよりも穏やかな味なので、お酒チョコ初心者でも多分食べることができるんじゃないかと思います。カルヴァドス=りんごの蒸留酒なのでりんごの香りもほのかにしますしね(๑´ڡ`๑)
しかし(時効だから言っちゃうけど)中学生~高校生の時分から『ラミー』や『バッカス』を食べ慣れていたオバチャンには味がマイルドすぎてちょっと物足りない・・・それだけ『ラミー』も『バッカス』もパンチが効いているんですけどね♪
なのでもしかしたら『カルヴァドス』も実は結構パンチがある、お酒が弱い人だと一粒で酔ってしまいかねないかもしれないのですが、そこは自己責任でお願いします(^_^;)少なくとも『ラミー』『バッカス』よりは初心者向けで食べやすいですよ~(*^_^*)
(ちなみに私は小学生の時分からお菓子のラムレーズンや梅酒の梅を食べているのでそこそこ耐性あり。お酒が苦手な方はやめておいたほうが良いかもです。ていうか、このシリーズは飲兵衛のお友達❤開発者は絶対に酒呑みだと確信している)



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のおぼえ書き~其の三百三十六・昭和初期の住居事情 借家財テク術・労働者編 

烏のおぼえ書き

時代が下るにつれ、需要より供給の方が多くなってゆく借家ですが、それでも『借家を持つ』ことは資産形成の手段としてメジャーな方でした。ただ、現代の価値観で考えると『おい、ちょっと待て!』という人もいるのですが・・・(^_^;)

昭和10年11月の『中央公論』にて勝本清一氏が書いた論説には『ちょっとした小工場で、頭株の労働者たちがどうやら金をためて矢作を買い、家賃を取り立てて歩いているなどという話はよくある。彼らは家主になっても自分たちも長屋住まいを続け―――(略)』とあるのです。

自分の家は買わないのかい!!

なお、この労働者というのは現代の非正規雇用の工場労働者に近いようで、社員とは別扱いになっております。
どうやら景気の良し悪しで給料が激変する彼らは(景気が良い時は正社員より給料が良かったらしい)、貯められるうちにお金を貯めて家を買い、安定収入に繋げようと考えていたようです。そして家ならば学歴がなくても平等に家賃が入ってきますしね。
中には月収60円の労働者が10年間に750円も貯金し、自分の故郷に二反五畝の田畑を買ったという話も(一ヶ月に7円+αほどの貯金をしていた計算)・・・こういう成功物語が婦人雑誌に掲載されていたとのこと。
何か現代の経済誌や主婦向け雑誌にも『〇〇節約してお家買いました♪』なんて話が掲載されていますが、それと変わらないんだろうな~(^_^;)

なお正社員だとちょっと様相が違うようでして・・・次回は正社員編財テクを取り上げたいと思います(๑•̀ㅁ•́๑)✧



【創作関連】
次回の記事のネタバレになってしまうのであまり詳しくは書けないのですが、いわゆる工場労働者(ブルーカラー)と正社員(ホワイトカラー)とでは財テクの方法がだいぶ違っていたようです。
当時の労働者は義務教育の小学校しか出ておらず(それさえままならなかった人もいる)、知識を得る方法さえ限られていました。一応新聞には全部ひらがなでルビが振られていましたが、読めはしても言葉の意味までわかったかどうかは定かではなく(´・ω・`)
そんな人々が働けなくなった際、老後の生活の糧を得るために得ようとしたのが借家なのです。自分自身も借家住まいなのに(^_^;)
もしこのネタで書くとしたら働いた分の給料をぱ~~~~っ、と使いたい旦那VS将来を考え少しでも貯金しておきたい嫁のバトル一択でしょう( ̄ー ̄)ニヤリできるだけ強い嫁の方が面白そうです(≧∇≦)/


【参考・引用文献】
「月給100円サラリーマン」の時代(岩瀬 彰 著  ちくま文庫)


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


▲PageTop

拍手お返事&車列スピード、平成のときより遅くなっている気が・・・ 

拍手お返事&おまけ

昨日の祝賀御列の儀、お天気にも恵まれ素晴らしいパレードになりましたね(人´∀`).☆.。.:*・゚何より事故無く終わったことが何よりです(*^_^*)
そして個人的に一番印象的だったのは車列のスピードの遅さ!沿道の人たちが写真や動画をきれいに撮ることができる、時速10kmでのスピードには、時代の流れと上皇上皇后両陛下の努力の跡をひしひしと感じさせていただきました。
ええ、何せアラフィフですので平成の祝賀御列の儀もしっかりTVで見ております(当時女子高生)その当時はまだ天皇制反対の団体が無駄に活動的でしたのでオープンカーでのパレードもどうかと言われていたほど。結局国の威信をかけてオープンカーでのパレードになりましたが、辛うじて両陛下を見ることが可能な時速20~30kmくらいの速さだった記憶があります。
当事はスマホはもちろん、デジカメさえない時代です。一応一家に一台カメラはあるけどフィルムカメラですし、手軽なものは辛うじてインスタントカメラ(写ルンです、って判るかな(^_^;))程度・・・。多分現場できれいな写真が撮れたのはプロのカメラマンだけかと思われます。
それでも狙撃の可能性を考えたら仕方なかったんです・・・そこは庶民も納得しておりましたし。
そして30年後―――令和の祝賀御列の儀で、狙撃の心配もなくみんなが動画や写真を心置きなく撮れるのは、両陛下の地道な活動のおかげなのです(*^_^*)もちろん警備の技術も格段に上がっているでしょうけど・・・。
更に平和な世の中が続けば更に車列のスピードは遅くなると思われます。そこに関しては我々国民も努力しなくてはなりませんが・・・令和の時代も戦争のない時代になりますようにと願わずにはいられません(*^_^*)

拍手コメントありがとうございますヽ(=´▽`=)ノお返事、以下に書かせていただきますね~(^.^)/~~~





▲PageTop

新たなる日常2~日出ずる国の暗黒郷その後~ 

新たなる日常~日出ずる国の暗黒郷その後~

掘っ立て小屋よりややマシ、といった家ができたのは壁が出来上がってから更に一週間が経過したあとだった。

「練習の割にはよくできているんじゃない?」

「まさか屋根が出来上がったその日の夜に降るなんてね。素人手だから雨漏りくらいすると思ったんだけど」

天井を見上げながら皆口々に感想を述べる。雨が降った場合、雨漏りの2、3箇所は仕方ないだろうと諦めていたのだが、部屋にまで落ちてくる雨漏りは無かった。もしかしたら天井は濡れているかもしれないが、素人が作ったにしてはよく雨が凌げている方だろう。

「ねぇねぇ、今日からこっちに泊まっても良いんでしょ?まだベッドは入ってないけどアンドロイドなら問題ないし」

「・・・せめて自分で運び込む、って言えよ、リン。本気で寝袋か何かで寝るつもりだろ?」

「え?いけないの?寝袋おもしろそうじゃん♪」

完全にキャンプ気分のリンにレンが頭を抱える。

「・・・せめてちゃんとしたベッドを運び込めよ。お前のパワーだったらそれくらい簡単だろう。それに寝袋なんてここに無いし」

「あら、あるわよ。横浜からこっちに帰ってきた時に借りていた寝袋をそのまま持ってきちゃったから」

横から入ってきたハルの言葉にレンは軽く舌打ちをした。

「おい、余計なことを言うなよハル・・・『寝袋が無い』って言っておけばリンも諦めたかもしれないのに」

「甘いな、レン。万が一に備えて寝袋が人数分あるのは確認済みなのだよ♪」

勝ち誇ったようにリンが言い放つと、くるりとメイコの方に向き直る。

「ね、良いでしょめーちゃん?明日にはちゃんとベッド入れるから、今日だけは寝袋でも?」

お願いだから、と両手を合わせて頼み込む。その姿は清純な天使そのものの愛らしさだ。
いつもは厳しいメイコだが、流石に『地上に家ができた』というお祭り気分に水を差したくない。

「そうね・・・ギシギシ音が鳴るベッドよりはマシかもね。良いわよ、寝袋でも」

その一言にリンは飛び跳ねて喜び、レンは何とも言えない苦笑いを浮かべた。




Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv

▲PageTop

烏のがらくた箱~その五百六十五・今年の流行語は・・・ 

烏のがらくた箱

スミマセン、朝方バタバタしておりまして遅刻しました(>_<)

年末が近づいてくると発表されますよね~『新語・流行語大賞』(*^_^*)
今年は比較的大きな出来事が多かったためか、割とわかりやすいものが多かったような気がします。
というか『令和』『ラグビー』『台風関連』で半分近くを占めているような(^_^;)この手の新語・流行語に疎い私でさえひと目見て『ああ、あれね( ´∀`)bグッ!』と判るものばかりでした。
なかなか判らなかったのは『おむすびころりんクレーター』くらいかな?『はやぶさ2』が作った、人工的なクレーターの名前らしいのですが、まさかこんな可愛い名前が付いていたとはwww JAXAのネーミングセンスに拍手です👏
あと芸人さんのネタが無かったのは2002年以来らしい・・・他の流行語が盛り沢山だったというのもあるのでしょうが、わかりやすい一発芸的なフレーズのネタが無かったというのもあるかも。あとヲタクしかわからないような言葉が無かったのには正直ホッとしました(^_^;)もう『刀剣女子』だとか『2.5次元ミュージカル』とかのフレーズが出るたび『お願い!世間の隅っこでひっそり暮らしているんだからぁぁぁ( ;∀;)』と何の叫んだか・・・ドラクエウォークは健全な方のゲームですしね(^_^;)

そしてこの中から大賞が決まる頃はもう年末・・・一年は早いものです(*´ω`*)





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のがらくた箱~その五百六十四・新しいスマホに機種変更しました(≧∇≦)/ 

烏のがらくた箱

OSが古すぎて電話を受けることができず、更に物理的にも背面が剥がれブクブクになってしまったスマホをようやく買い換えることができました(≧∇≦)/
AQUOS sense3 SH-02Mのシルバーホワイト。AQUOSのスタンダードモデルの新製品が出るのを電話が受けられなくなってから4ヶ月間、ず~~~~~~っと待ち続けていたんだよ~( ;∀;)
途中、あまりに電話が受けられないことに気が引けて、去年発売されたもので妥協しようかとも思ったのですが、幸か不幸か消費税増税の影響で売り切れておりましてwww結局新商品が出るまで待つことと相成りました。

なお同じ『AQUOS』ですが、やはり4年前のものとはだいぶ違いますね~。4年前は軽さを追求していたのかかなり軽かったのですが、今回の新しいものはもっとずっしりと重い感じ。その代わり頑丈そうで背面が剥がれたりはしなさそう(*´艸`*)
そして新しいOSは反応スピードも早い(≧∇≦)/サクサクと動くのが何よりありがたいです(*^_^*)ま、4年も経てば開発も進みますものね~(^_^;)
ちなみに今回、初めてオンラインショップで購入し、手続きを全て自分でやるということにチャレンジしてみました。が、最後の最後、電話通信を移し替えることだけができなくて/(^o^)\要はSIMカードを引き抜けば良いんですが、前のスマホのSIMカードがどこに紛れ込んでいるかわからなくて(^_^;)結局最後の最後でショップに頼むことになりました。次の時は全部自分でできるようにしたいなぁ。

今週もご来訪&拍手、ランキングへのご協力誠にありがとうございますm(_ _)m
首里城のクラウドファウンディング、すごい勢いで修繕費集まっておりますね(@@)政府としてはここで沖縄に貸しを作っておこうとばかりに『国で建て直す』とすぐに表明しましたが・・・その素早さ、何故一万戸以上の台風被害を被った千葉にできないかな(-_-;)
首里城の復旧は素早さよりも持久力がいるものですが、台風被害は素早さが必要なのに全くスピード感が感じられない・・・なんか政治家のご都合主義的な腹黒さをちょっと覗き込んでしまったような気分がいたしました。




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のまかない処・其の四百三十六・ファミマの栗のあんパイ 

烏のまかない処



我が家の近所のファミマはメインのお菓子売り場からちょっとだけ離れた場所に焼き菓子のコーナーがあるのですが、たま~に行くと美味しそうな商品が並んでいたりします(๑´ڡ`๑)
今回購入した『栗のあんパイ』もそれで、価格の割には中のあんがなめらかで美味しかったんですよ~(*´ω`*)あまり栗の味はしなかったけど(おいっ)もしかしたらほんのり香り付けだけだったのかもしれませんが、『栗よりさつまいも派』の私としてはむしろその方が美味しく感じられたという(^_^;)あのパイ生地&ベースのあんだったら芋でもかぼちゃでも何でもアリで美味しくなると思われます。
しかし何故焼き菓子だけぽつんと離れた場所にあるのか・・・(-_-;)普通のお菓子の一角でも、パン売り場の端っこでも良いんじゃないかと思うんですが、店長さんがいわゆる『エンド』(棚の一番端の目立つ場所)に置きたかったのでしょうか・・・お菓子はお菓子、焼き物は焼き物でまとめといてもらうほうが目に付きやすいかも(^_^;)
尤もそれだとお菓子を買いすぎて体重が増えてしまうので、むしろダイエットのためには現状の置き方のほうが良いのかもしれません/(^o^)\




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のおぼえ書き~其の三百三十五・昭和初期の住居事情 借家の需要と供給バランスは? 

烏のおぼえ書き

賃貸物件ですが、景気その他の事情によってその量が多くなったり少なくなったりしておりました。これは現代でも一緒ですよね(*^_^*)
まず大正7年ですが、このときはかなりの好景気。都心へ住む人も多くなり、『どこを歩いても『借家』の見当たらない東京市』という記事が出るほどでした。この時期数年で30%も家賃が上昇していたらしいのですが、それでも引く手あまただったとか・・・こんな時は大家さんもホクホクですよね(*^_^*)

更にこの後に起こった関東大震災も家賃上昇の一因となりました。そりゃあ家が壊れる&燃えてしまった状況ですから、どんなに家賃が高くても目をつぶるしかありませんものねぇ(´・ω・`)
なので震災後の区画整理を機に家賃を2倍3倍に引き上げちゃったそうです。ドサクサに紛れて便乗値上げかい/(^o^)\

だけどそううまく行かないのが世の常でして(^_^;)昭和初期になると不景気が続き、更に高い家賃に嫌気が差したのかそれとも再びの震災を怖れたのか郊外へ住処を移す人が後を絶たなかったそうです。
大正9年時点では270万人を超えていた東京市の人口が、震災後には200万人を下回るところまで減少しちゃっていますからね。昭和初期の不景気で更に流出している可能性もあります。なのでまぁ空き家が増える増える/(^o^)\

更に追い打ちをかけるように昭和3年~4年にかけて各地で店子による家賃引き下げ運動も起こりました。この運動が結構な勢いを持っていたようで家主は尽く家賃引き下げに応じてしまったようです。多くの借家を持つお金持ちならいざ知らず、退職金で借家を購入したような庶民にとっては大打撃だったでしょうねぇ(´・ω・`)こんな感じで最初は需要が多かったのが、だんだんと供給過多になってゆく―――この傾向は郊外でも同様だったようです。

【創作関連】
賃貸物件の需要供給バランス、なかなかおもしろいものがありますね。新しい街、勢いのある街では需要が多くなるのですが、それがいつまでも続くわけじゃないという(^_^;)
そういえば私の実家近辺でも、私が幼い頃はあまり借家はなく(というか、家そのものが少なかった)、それがだんだんと増えてゆき、最近では家が余り始めて空き家が多くなっているという(´・ω・`)
もしこのネタで書くとしたら、なかなか店子に入ってもらえない、または入っているけど家賃滞納が多い店子ばっかりの大家さんの気苦労話でも書きたいところですwww




【参考・引用文献】
「月給100円サラリーマン」の時代(岩瀬 彰 著  ちくま文庫)


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


▲PageTop

拍手お返事&ウェブ・エリス・カップってそういう作りだったんだ・・・(゚∀゚) 

拍手お返事&おまけ

ラグビーW杯、南アフリカの優勝で終わってしまいましたね(´・ω・`)今回の大会でルールもわかり、面白い試合ばかりだったので暫くの間はラグビーロスになってしまいそうです。

そう、本当にラグビーは知らないことばかりだったのですが、それが最後の最後まで思い知らされるとは思いませんでした。だって優勝トロフィーである『ウェブ・エリス・カップ』、あれの蓋がパカッ、と開き、そこになみなみとハイネケンのビールを注いで回し飲みするなんて誰が思います?ネットやTVで出回っている動画を初めてみた時、目が点になりましたもの/(^o^)\日本でも優勝力士が大盃で日本酒飲みますが、世界各国考えることは一緒なんだなぁ、とも思ったり(^_^;)
更におまけで数人の選手たちが履いていた南アフリカ国旗柄のパンツwwwあれって決勝戦用の勝負パンツなのでしょうか?そのへんも知りたいところです(#^.^#)

拍手コメントありがとうございますヽ(=´▽`=)ノお返事以下に書かせていただきますね~(*^▽^*)

▲PageTop

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ