FC2ブログ

暁光碧烏~gyoko-hekiu~

烏のがらくた箱UPしました♪日本人コロナ感染者が少ない理由、いろいろな説が出てくるもので・・・うがい・手洗いを徹底しながらのななめ読みは楽しいですが、本気で信じじゃいけませんwww

烏のがらくた箱~その六百五・色々な仮説が立てられるものだ・・・(゚∀゚) 

烏のがらくた箱

今朝方、いつもより遅く目覚めてTwitterを覗いてみたら『日本人に感染者が少ないのは日本型BCGのハンコ注射のせいじゃないか?』という説が流れてきておりました/(^o^)\オーストラリアでは治験も始まっているとの情報まで(真偽の程は定かではありません。念の為)・・・如何に人々が新型コロナを恐れ、藁にもすがる思いで色々なお薬やワクチンで感染を避けようとしているかよ~くわかります(^_^;)ここまで来るともう呪術の世界でしょうw本当に色々な仮説が立てられるものです(^_^;)
でも私が思うに日本人のコロナ感染者が少ない&重症者が少ないのは・・・。

①うがい・手洗いの徹底。毎日湯船に浸かることができるほどの豊富な水
②握手、ハグなどをしない挨拶。会話もあまりつばを飛ばすような喋り方をしない大人しい国民性(距離もある程度おく)
③国民皆保険でお気軽に病院に行ける
④小さな町医者にもCTがあり、肺炎患者を見つけ出しやすい

からではないかと。というか、うがい・手洗いの徹底を意識するだけでもインフルエンザの発症が激減しましたよね、今年。その流れでコロナも少なくなっていると思うほうが自然では無いでしょうか?
まだまだわからないことが多い病気ですが、少なくともうがい・手洗いは有効のはず。自分でできることはできる限り努力していくしかなさそうです。アクティブに出歩くのが好きな人にとってはつらい日々でしょうけどねぇ(´・ω・`)
(免疫力低下の服薬をしている引きこもりヲタにとっては日常と何ら変わらないwwwむしろこの週末にイベントノルマをこなす所存(๑•̀ㅂ•́)و✧)



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

スポンサーサイト



▲PageTop

烏のがらくた箱~その六百四・自粛要請よりも雪予報のほうが脅威/(^o^)\ 

烏のがらくた箱

ここ数年では決して珍しいことでは無いんですけど・・・日曜日に雪予報が出てしまいましたね、関東(-_-;)平野部では交じるくらい、と言っておりますが、この手の予報は大概外れることが多いのです/(^o^)\以前ほんのちょっと寒気が南側に降りてきた、ってだけで4月の大雪とかあったし。正直この雪予報のほうが、おばちゃんにとってコロナ関連の外出自粛要請よりも遥かに脅威です(。>_<。)
抗体値を下げる薬を服用しているため、自宅引きこもりを基本としているヲタクにとって外出って父親の介護と買物くらいなんですが、そんな人間にとって雪は大敵!足元悪くなるし寒いしで買物するのにこれほど適さない日ってないじゃないですか( ;∀;)
正直『自粛要請だけで雨さえ降っていなければ買い出しに行こうかな~。お店も開いているみたいだし、混雑しているところに行っても欲しい物なさそうだし、コロナ以外の病気も拾ってきそうだし』と思っていたのですが、日曜日はちょっと難しいかも(´・ω・`)
今日の帰りか、明日のうちに食料(特に肉類)を買い出しに行かねばならなさそうです(^_^;)

今週もご来訪&拍手、ランキングへのご協力誠にありがとうございますm(_ _)m
お友達のSNSで初めて知ったのですが、イマドキのソシャゲの中にはイヤホン接続しないと音がならないものもあるんですね(@@)
アイドルものらしく楽曲が流れるからかもしれませんが・・・旦那の前でも音垂れ流しでとうらぶの周回している身としては耳が痛い(^_^;)(家事をしながらやることもあるので、音でゲーム進行を判断することもあるのです)
もし音ゲーをやるならば、イヤホンじゃなくむしろスピーカーに繋げて大音量でやりたい処ですが、ご近所迷惑になるから難しいのでしょうか(´・ω・`)外出自粛要請が出ているこんな時こそ部屋中に音を響かせてはっちゃけたい・・・ところですが、難しいものです。





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のまかない処・其の四百五十六・病院カフェのパン 

烏のまかない処



私事で恐縮ですが、持病の落葉状天疱瘡が悪化をしてしまいまして、とうとう総合病院にお世話になることになりました( ;∀;)
そのためまずは最初の診察&検査ということで紹介してもらった病院にでかけたのですが・・・10数年前お世話になった時から病院自体が引っ越しをしており、ものすご~~~くきれいになっておりました/(^o^)\バス停からの距離も近くなっておりましたし、何よりも飲食店や調剤薬局が近いのがありがたい(人´∀`).☆.。.:*・゚
と、ここで勘の良い方なら気がついたと思います。何故『飲食店が近い』のがありがたいかということに・・・。それは診察の待ち時間が長い&検査によっては手術が必要となり午後にまでずれ込むから(゚∀゚)
そして初診&予約を取ることが不可能だった私も案の定かなりの時間待たされた挙げ句、病理検査のためデキモノを切除することになりました。バスで10分の距離だし、ちょうど各路線が合流する場所にバス停があるので数分に1本は必ずバスが来るバス停なので自宅に帰っても良かったのですが、流石に疲労困憊だったので、取り敢えずお昼を食べてから以後の行動を考えようと、一番の近場―――病院内にあるカフェでパン&コーヒーを頂きました(๑´ڡ`๑)
お味の方は美味しかった・・・多分。この手のカフェにしてはかなり美味しいパンだったと思うのですが、何せこれから頭にメスを入れられ組織切片を切り取られる手術が待ち受けている人間に、まともな味が感じられるわけがありませんwww流石に私も『並よりはおいしい』というのは頭の中で理解できても、舌でそれが感じられず(^_^;)次回食べる機会があったらもう少し味わって食べたいものです(*^_^*)
(でも病院の目の前にモスバーガーもあるし、美味しそうなとんかつ屋さんも・・・さらに駅への送迎バスに乗ればそちらにも美味しいお店があるし。誘惑はかなり多い(^_^;))



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のおぼえ書き~其の三百五十五・昭和初期の給料事情 昇給ウラ事情 

烏のおぼえ書き

初任給だけでも学歴によって格差がありましたが、実は昇給にも『格差のからくり』がありました(。>_<。)
細かい割合は会社によって違いますが、大まかにいうと若いうちは大体毎年10%ずつ給与が上がるのが相場だったようですが・・・同じ『10%』でも初任給80円の帝大卒の10%と初任給40円の甲種商業卒の10%ではぜんぜん違う٩(๑`^´๑)۶
80円でスタートすれば4,5年で月120円くらいまでは行ってしまう一方、40円でスタートした場合は5年経っても60円台半ば止まり(´・ω・`)大卒一年目の年齡を過ぎてもなお大卒初任給に届かないのです(´・ω・`)
好景気ならばボーナスも弾んでもらえるのでしょうが、そうじゃない場合首を切られるのはまず労働者ですからねぇ・・・。
また普段のボーナスでも一流企業は入社直後でも半期に一ヶ月~二ヶ月半分のボーナスが出ていたようですが、中卒や商業学校卒では入社2,3年は『見習い』という試用期間で、ボーナスも半期一ヶ月程度だったとのことです。

これらを総合するとボーナスを含めて月給300円~500円、所謂『中流階級の標準』を一流企業の帝大卒はおよそ10年でクリアすることに(^_^;)その一方中学卒や商業卒だと同じ期間をかけてようやく月100円級に達したとのこと(-_-;)
ホント、当時は一生学歴がつきまとっていたんだなぁ~と思い知らされます(。>_<。)


【創作関連】
嗚呼、どこまでも続く学歴格差( ;∀;)きっと労使交渉では『全員一律昇給10%!勝ち取ったぞ~(≧∇≦)/』なんて喜んでいたのでしょう。それがまさかの給料格差/(^o^)\ある程度までいけば昇給も止まるでしょうが、若い頃はどんどん差がついてしまうシステムです(´・ω・`)
それでも就職10年もすれば、それぞれの立場で『結婚して子供が生まれても十分生活することができ、親と同程度の学歴は得ることができる』だけのお給料を貰うことができるのは流石一流企業と言わざるを得ません。今はどうなんでしょうかねぇ・・・一流企業でも経営危ないところはありますし(´・ω・`)
もしこのネタで何か書くとするならば、それぞれの家庭の家計簿の覗き見ですかねwww奥さんのお洒落にかける費用とか、旦那のタバコの価格とか、そういった細かなところの必要経費を並べ、一ヶ月どれくらいそれぞれの家庭で必要になるのか比べてみたいな~と思います(*^_^*)
(昔は自分が必要ないと思っても良い服を着なければダメとかありましたからねぇ。今は金持ちでも節約生活できる、いい時代です(^_^;))



【参考・引用文献】
「月給100円サラリーマン」の時代(岩瀬 彰 著  ちくま文庫)


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


▲PageTop

拍手お返事&貴様、隠れ審神者だなぁぁぁ( ー`дー´)(翔んで○玉風に) 

拍手お返事&おまけ

大相撲春場所、無観客のまま千秋楽を終えましたね(´・ω・`)普段聞こえない音を聞くことが出来たり、いつもは観客に紛れてよくわからない呼び出しさんの動きなどがよく見えたりしてそれはそれで興味深かったのですが、やはり立ち会いの時の歓声がないのは寂しいものが・・・夏場所にはお客さんが入れるようになっていてもらいたいものです(´・ω・`)

そんな大相撲春場所・千秋楽の最後の一番、久しぶりの横綱同士の優勝決定という大一番での立行司・式守伊之助の衣装をご覧になったでしょうか?やや彩度は低めではありますが濃い青の地色に『例の打ち欠け』を彷彿とさせる、二重の三日月模様―――まるで『刀剣乱舞』の三日月宗近をイメージさせるような衣装を身に着けて最後の仕切りをしていたのです(゚∀゚)
そりゃあ格式に則っていれば何着ても良いんですけどぉぉぉ。春場所だし春の方角=東=青龍をイメージする青の衣装は決して間違っていないんですけどぉぉぉ。絶対にあの地色にあの文様は一部のヲタには『あ、三日月おじいちゃん!!』としか認識されない/(^o^)\
というか、あの組み合わせで衣装を作るなんてまずとうらぶヲタしかいないだろ(-_-;)ビミョーに色の彩度を落としても、三日月模様を一個じゃなく沢山ちらしていたとしても。そしてそれを千秋楽の大一番に着てくる度胸www
無観客だろうが休場さえしていなければ毎場所行われる横綱同士の一番であろうが、本来ならもっと華やかな色味の衣装を着てくるはずなのに・・・式守伊之助―――私は絶対に隠れ審神者だと確信しております(๑•̀ㅁ•́๑)✧

拍手コメントありがとうございますヽ(=´▽`=)ノお返事、以下に書かせていただきますね~(^.^)/~~~

▲PageTop

新たなる日常21~日出ずる国の暗黒郷その後~ 

新たなる日常~日出ずる国の暗黒郷その後~

一応皆の意見を聞くだけ、きっとキッチン・武器庫・倉庫の三ヶ所に分子合成機を置けば大丈夫だろう―――そんなリーダー・ユウタの考えはあっさりと覆された。

「そもそも倉庫の場所が使いにくいんですよ、リーダー。分子合成機を置くのなら会議室にしましょう」

「武器庫にこの出力はありえないでしょ!今は休戦状態ですけど、条約が破棄されたら連日武器の出力が必要になるんですよ?」

「キッチンの狭さ知ってます、リーダー?そりゃあ合成機がキッチンにあったら便利ですけど、ちょっと余分に合成したじゃがいもでさえ廊下に置いているんですから」

ここぞとばかりに皆から普段の不満が並べられてゆく。それらを一通り聞き出し、並べてゆくと分子合成機の購入だけでは収まらないことが判明する。

「まずは部屋の配置そのものを変えないといけないな。ここのアジトが出来てから変わっていないから、大分不便になっている」

ユウタの言葉にメイコらも深く頷いた。

「確かにね。今まで戦いに次ぐ戦いの日々でおざなりになっていたけど、休戦協定で余裕ができた分、使い勝手の悪さが表に出てきた、ってところかな」

「まずは武器庫と倉庫の場所を替えちゃお~よ」

リンの言葉にその場にいた大多数が賛同する。

「・・・こりゃ分子合成機の800万だけじゃ済まなくなりそうだな」

「ですわね。今までのプールは全部吐き出すつもりでいないと」

ローレライも半ば覚悟を決めたように苦笑いを浮かべた。
「じゃあ、まずは倉庫・武器庫の移動から全員の部屋配置変更。その後キッチンや風呂など配管工事が必要な場所の整備、になるかな。いい機会だ、この際徹底的にやってしまおう。プールが足りなかったらローンや借金で賄えばいい。申請しても却下はされないと思う」

リーダー・ユウタの提案に全員が賛成した。

「じゃあローレライ、今日中に申請の取りまとめと分子合成機の購入を頼む」

そして即座に電子マネー借り入れ申請や販売店へのローンの問い合わせを開始するが、一番厄介な問題はまた別のところにあることが判明する。




Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv

▲PageTop

烏のがらくた箱~その六百三・すっごい久しぶりにマスク売っているのを見かけた(@@) 

烏のがらくた箱

どこの、とは言えませんし既に売り切れていると思われるので言ってもしょがないので言いませんが、私の行動範囲内に置いてマスクを販売しているのを見かけてしまいました(@@)
それに気がついたのは同じ店内にいた女子大生っぽい女の子の一言『あ、マスク売り切れていない!!』でした。うん、絶対売っていないと思って売り場さえ見ていなかったという(^_^;)
しかしその女の子たちも私もそのマスクを手に取ることはなく、購入いたしませんでした。やはり本当に困っている人たちに譲るべきものですしねぇ。また地域的におっとりした人たちが多いというのもマスクが販売していた理由の一つに挙げられるかもしれません。そもそも湘南という地域自体が良く言えばおっとり、悪く言えばぼんやりした人が多いのでよっぽどのことがない限り物品争奪戦になりにくい&割と早く収束するんですよ~。ただし、他所から電車やバスを使って出張ってくる人もいるのでそれが困るのですが(^_^;)
(他所様との生存競争にはまず勝てない/(^o^)\ぬくい土地柄のせいでしょうか・・・)

思い返せば東日本大震災の物流ストップ時にも通販でお米を一袋購入した以外は地元で全て購入することができましたし、今回もトイレットペーパーや生理用品は購入できるようになっております。(購入制限はありますけど)なので一部店舗にマスクが流れ始めている=医療機関や介護関係にマスクが行き渡り始め、一般のお店に潤沢に流れ出すのもあともう少しかな~と。
中国のコロナも終息し始めておりますし、あちらの工場が動き出せば一安心、といったところでしょうか。尤も先に欧米諸国に輸出しないといけないかもですが(^_^;)一応去年購入しておいた65枚入りの箱が一箱残っているので、それが無くなる前に通常販売に戻って欲しいおのです(´・ω・`)
(天疱瘡で使用しているお薬の影響で、外出時マスクが手放せないのです・・・私は2日高熱が出たら病院送りのグループ(T_T))




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のがらくた箱~その六百ニ・やっぱり水(物理)は正義(๑•̀ㅂ•́)و✧ 

烏のがらくた箱

ちょっと前にも書かせていただきましたが、ここ最近の新型コロナ欧米感染者の激増振りを見るにつけ『やっぱり水が大量に使える日本は感染症に有利』と改めて思い知らされております(*^_^*)
例えとしてはどうかと思いますが、あの忌まわしきGだって殺虫剤(化学)だけで退治するより、スリッパや丸めた新聞紙(物理)で叩くほうが確実に退治できるじゃないですか( ̄ー ̄)ニヤリ それと一緒でアルコールだけで化学的にコロナ対策をする国よりザブザブ水で洗い流せて、さらにアルコール消毒できる日本はやはり有利(๑•̀ㅂ•́)و✧
更に湯船に浸かって体温を上げることによって新型コロナだけでなく他の感染症も退治できますからねぇ。実をいうと年寄りに感染者が多い原因の一つに『毎日湯船に浸かることが出来ない』というのもあるんじゃないかと思っております(-_-;)
家族と同居している高齢者は良いのですが、一人暮らし、または夫婦二人になるとお風呂の掃除も大変で毎晩湯船にお湯を張るのも億劫になるらしい・・・義実家がこのタイプで、湯船は2日に一度、お湯を張らない日はシャワーで入浴を済ませてしまうとのこと(´・ω・`)更に実父のように介護が必要な場合、入浴介助が一週間に2度しか来てもらえないのです。それでも多いかも(´・ω・`)ある程度自分で動け、さらにヘルパーさんが足りなければもっと少ない可能性もあるかもしれません。
体温を上げ、さらに物理の力で雑菌を洗い流せる日本のお風呂はやはり偉大な存在かと・・・ただでさえ年寄りは代謝が減って体温も下がり気味だから感染症に弱いんですよね~(-_-;)そう考えるとお風呂掃除せず気楽に入れる街の銭湯ってありがたい存在だったのかも、と思えてしまいます(´・ω・`)

今週もご来訪&拍手、ランキングへのご協力誠にありがとうございますm(_ _)m
昨日、パスポートの更新に行ってきたのですが、新型コロナの影響でまぁ人がいないこといないことwww私を含め申請者が3人しかおらず、必要書類(ちょっとした誓約書)を書く時間も殆どなく手続きが終わってしまいましたwww以前は平日でも10人くらいは並んでいたような気が・・・。もし更新手続きor新規でパスポートを作る場合、コロナ騒動が収まっていない今のうちが良いかもしれません(*´ω`*)(受付のおねーさんも丁寧&優しく色々教えてくれる。たぶんパスポートセンターに限ったことでは無いと思うけど)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のまかない処・其の四百五十五・おこわおにぎり 

烏のまかない処


新型コロナ騒動で外食が減り、代わって内食が増えている昨今ですが、そういう日々が続くとより『プロが作った食事』のありがたさをひしひしと感じます(^_^;)料理がうまい方ならともかく、ふつーの主婦はそんな凝ったものは作れない(^_^;)というか、凝ったものどころか『ちょっと頑張れば作れるだろ!』というものさえ、自分ひとりのためとなると面倒くさくなる/(^o^)\私にとってその代表的なものが『おこわおにぎり』です(^_^;)
だってこのおにぎり1~2個のためにもち米買ってきて具材も準備して・・・というのはねぇ。もち米、普段はそんなに使わないし、普通のスーパーだと1kg~2kg単位でしか販売していないじゃないですか(^_^;)夫婦二人暮らしの家庭では間違いなく余らせてしまう/(^o^)\
だったらコンビニで1~2個購入したほうが余らせることもなく、多少割高でも美味しいおこわおにぎりを食することができるというメリットがあります(๑•̀ㅂ•́)و✧更に味付けも美味しいですしねぇ(๑´ڡ`๑)駅ビルに行けばおこわの専門店もあるのですが、私にとってはちょっと柔らかすぎるので、今の所コンビニおこわが一番好きかも。
ほんのちょっとの手間だろ、とツッコミが入るのは承知ですが、このちょっとした手間が『ハレの日』じゃない日常ではだるいんです(-_-;)特にコンビニは『美味しいけど、自分で作るには手間ひまがかかりすぎる』というものを突いてきますからねぇ。私個人としてはそ~ゆ~ものに弱くて困ります(^_^;)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のおぼえ書き~其の三百五十四・昭和初期の給料事情 初任給のお値段は?後編 

烏のおぼえ書き

先週羅列した給料体系からも見て取れるように、国公立と私立の大学にさえ深ぁぁぁぁい給料格差がありました(T_T)先週取り上げた超一流企業でさえこれですから、他の会社は推して知るべし、といったところでしょうか・・・(´・ω・`)
現在でも業種や企業規模で初任給の格差はありますが、あからさまな学歴差別はありませんものねぇ。それでも一応大卒ならば80円~60円の範囲内に初任給が入っていただけマシなのか(-_-;)

いや、私立大卒以上に優遇されていたのが高等商業学校でした。こちらは明治時代から帝大に準じる扱いを受けているのです(゚∀゚)それだけ『使える』勉強がなされ、即戦力になる人材を輩出したのでしょう。その一方早慶を始めとする私立の扱いは散々たるものだったようです。一応三菱、三井系はこの初任給格差を早めに撤廃したようですが、一部企業ではまだまだ格差があったようです(一番遅い企業だと戦後になっても。私が子供の頃にそんな話を聞いたことがあります)

因みに初任給を現代価値に換算すると大卒のトップクラスで約18万円、低いほうだと12万円ほどにしかならないのですが、当時は年金も社会保険料も支払う必要は殆ど無く(そもそもシステムが無い)、個人所得税は年収1200円以上からなので給料=ほぼ手取りでした。現代だと年金保険所得税に加え、年に一度に引かれる税金も多々ありますので給料を多くもらっても手取りが・・・ということに(-_-;)消費税を入れたらほぼ五公五民の年貢の世界っすよね~。勘弁していただきたいものです(。>_<。)




【創作関連】
一流企業でさえ格差があった学歴社会―――国から潤沢な援助がある中、受験戦争を勝ち抜いてきたエリートとちょっとドロップアウトしちゃったけど何とか大学に滑り込んでウェェェイなサヨク活動をしていたアフォ学生と比べたら仕方ないよね、となりますが、真面目に勉強してきた殆どの私立大学生にとっては理不尽この上なかったのではないでしょうか(-_-;)
ただ、救いは天引きされる社会保障費や年金が無かったことですかね~(*^_^*)これ、結構な額が取られますからダメージ大きいです/(^o^)\老後は自己責任とは言え、給料の殆どが手取りというのは精神衛生上良いのではないでしょうか・・・本当にあれ、理不尽なものを感じます。特に夫婦二人の家庭にとってはorz
閑話休題、もしこのネタで駄文を書くなら『幼馴染だけど進学先が異なり、だけど就職先は一緒』ネタでしょう。普通に書いても単なる世知辛い話になりそうなので、いっそBLネタでやっちゃお~か?とwww『給料の差額分、俺がおごってやるよ』的なノリで料亭なりいかがわしいお宿に誘い込むとか、そこまで振り切りたいものです\(^o^)/



【参考・引用文献】
「月給100円サラリーマン」の時代(岩瀬 彰 著  ちくま文庫)


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


▲PageTop

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ