FC2ブログ

暁光碧烏~gyoko-hekiu~

烏のがらくた箱UPしました♪コロナ感染者数、今のうちに抑え込めればお盆の移動ができるんじゃ・・・と一縷の望みをまだ抱いてます(>_<)

烏のがらくた箱~その六百三十四・コロナ、あぶり出すなら今のうちなんだろうな・・・ 

烏のがらくた箱

昨日発表のコロナ感染者、首都圏は言わずもがな地方でもぽつぽつと出始めておりますね(>_<)数字の多さに一瞬ビビりますが、検査数に対しての陽性率は以前よりだいぶ低いようですし、感染者が若者ということで医療機関がすぐに切迫するということは無さそうです。でも気をつけておかないと、いつ高齢者にうつるか・・・油断も隙もないウイルスです(>_<)
でも見方を変えると、7月初頭のうちに感染者をあぶり出しておけば、お盆までにはかなり感染者が減るはずです。現時点で感染に気をつけなければならない煩わしさはありますが、お盆の移動ができないよりは遥かにマシ。GWはほとんどが(帰省でも)レジャーの移動ですが、お盆はお墓参りも入ります。県境をまたぐ移動が禁止されたらそれこそ孫に会えないジジババの大暴動が起こりかねない(^_^;)
国の方は経済活動を優先してもらいたがっているようですが、感染が広がる現場に一番近いのは各都道府県知事です。彼らが『一番最初』に発する言葉が一番正しく的を射ているので、それを信じて都道府県民は行動をした方が良さそうです。
(都民が経済再生大臣の言葉じゃなく、都知事の言葉を信じて行動しているのがそれを物語っている・・・少なくとも関東一都三県の人間はお盆まで不要不急の県またぎはやめておきましょう)

今週もご来訪&拍手、ランキングへのご協力、誠にありがとうございますm(_ _)m
これは私の偏見なのですが・・・公共の場でマスクをしない大統領や首相がいる国ってコロナ感染者数も多くありませんか(・・?
色々要因はあるのでしょうが、国のリーダーが防疫を蔑ろにしている国は国民の防疫に対する意識も低いのか、それとも単に貧富の差が激しいのか、はたまた生活習慣に因るものなのか・・・。でもアメリカとブラジル、マスク嫌いのリーダーを冠した国がコロナ感染者世界1位2位を独占しているのはねぇ(^_^;)
サイズが小さい、不格好なマスクでもしないよりは遥かにマシ、国のリーダーは常に国民のお手本になっていないといけません(๑•̀ㅂ•́)و✧





にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv
スポンサーサイト



▲PageTop

烏のまかない処・其の四百七十一・ベーコンアボカドパスタ 

烏のまかない処


旦那の在宅ワーク中、お昼ごはんのネタに困り、血迷って購入した『マ・マー あえるだけパスタソース』シリーズの『旨辛ペペロンチーニ』。そのままパスタにあえて食べるとあったのですが、それだとちょっと具が寂しい・・・ということで『とびきしおいしい家パスタ』(Tesshi著)を参考に、ベーコンアボカドパスタを作らせていただきましたヽ(=´▽`=)ノ
というと、えらそーに聞こえますが実際は『角切りベーコンと角切りアボカドを炒める→茹でたパスタ投入→ペペロンチーニソースをあえる』だけ/(^o^)\でもこれが結構美味しかったんですよ~(๑´ڡ`๑)パスタソースの味が濃い目なので、淡白な味のアボカドと相性が良いようです(*^_^*)それと動物性の旨味をベーコンが補ってくれる感じですかね(*´ω`*)
今回はアボカドでチャレンジしてみましたが、にんにく唐辛子味は『とびきしおいしい家パスタ』によるとどんなお野菜とも相性が良いとのこと。次回はブロッコリーやトマト、ナスなどの夏野菜でチャレンジしてみようかと目論んでおります(๑•̀ㅂ•́)و✧



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のおぼえ書き~其の三百七十・井戸浚い 

烏のおぼえ書き

旧暦7月7日―――立秋を過ぎ梅雨の湿気もほぼ抜けきったこの時期は、持ち物や家のお手入れに勤しむ時期でもあったようですね。7月1日~13日までの間に虫干し(土用干し)煤払い、7月7日には一斉に井戸浚いが行われました(*^_^*)

何せ江戸は水道の街、それも現代のような清潔なものではなく樋を通しただけのものですからねぇ。例えるなら木や竹で整えられた側溝?とでも言えば良いのかな(^_^;)なのでどんなに丁寧に使っていても一年も経てばゴミも溜まります。かといって各町バラバラに掃除を行ってしまうと『そっちの街からゴミが流れてきた!どうしてくれるんだ!』と大喧嘩になりかねない・・・ということで、7月7日と日にちを決めて一斉に井戸浚い=井戸の大掃除を行っていたそうです。これは『江戸府内・絵本風俗往来』に『上は諸侯方、下は裏々の供同井戸に至るまで皆水を汲み干して浚う』と紹介されています。

とはいえ、街ナカの浅めの井戸とはいえそこそこの深さはあります。そこで素人ではどうにもならない部分は井戸職人が(化粧側などのパーツを外して)掃除をしたのですが、一つ二つじゃない・・・江戸の街には八百八町あるんです(実際はもっと多かったらしい)・・・それを7日の昼までにすべて掃除を終わらせたというのですから、江戸中の井戸職人はそりゃあ大変だったでしょう/(^o^)\
その一方、井戸職人の専門的な掃除も終え、自分たちでできる部分の掃除も終えた人々は、自分たちの井戸に御神酒や塩をお供えし、すがすがし気持ちで七夕へとなだれ込んだと思われます。特に井戸浚い直後のお風呂は水もキレイそうですしねぇ(人´∀`).☆.。.:*・゚

なお『半七捕物帳』の『吉良の脇差』では『夏は井戸浚え、冬は煤掃き、これくらい心持のいいことはないと、老人はひどく愉快そうであった』とあるとのこと。『半七捕物帳』は青空文庫(及び大抵の読書アプリの無料本)に全話入っているはずですので、興味がありましたらぜひ読んでみてくださいませ(*´艸`*)




【創作関連】
半年に一度の大掃除、確かに梅雨明けの土用~立秋直後の時期はしやす居ですよね~。水も冷たくない、むしろ心地よいですし、お日様の乾燥&殺菌作用で湿った衣類や道具類もすっきりさせる―――旧暦の行事は本当に理にかなっております(*^_^*)
井戸浚いをネタにするなら井戸浚いそのものの描写を中心とする王道か、または井戸浚い後の銭湯での風景あたりを書きたいですねぇ(*´ω`*)特に銭湯では『うちの町の井戸にはこんなものが落ちていた』とか『こっちは金まで落ちていた』とか話題に事欠かないような気が・・・。
本家『半七捕物帳』でも半七老が『このくらい心持ちのよいものはない』と言った夏の大掃除、心そそられます(*^_^*)



【参考・引用文献】
「半七捕物帳」大江戸歳時記(今井金吾 著  ちくま文庫)


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv




▲PageTop

拍手お返事&他県民様からよく言われるのですが・・・ 

拍手お返事&おまけ

神奈川県民は自己紹介をするとき、出身地を横浜と言う―――こんな風によく言われるのですが、これが本当に謎です。
私は生まれも育ちも藤沢で、今現在も(住所は横浜市ですが)地域的に湘南と言っても納得してもらえる場所に住んでいるので『湘南に住んでいます』と言い続けています。芸能人でも加山雄三さんに桑田佳祐さんは茅ヶ崎、元SMAPの中居くんも藤沢って言ってます。チョコプラの松尾くんは箱根(しかも今は閉校してしまいましたが有名小学校出身)を公表していますし・・・一般の人でも自分の住んでいる地域に結構愛着を持っているので、横浜に住んでいないのに『横浜に住んでいる』とは言わないんですよ。
何故こんなことを言われるようになってしまったのか・・・と思い返してみると、一人だけいました!海老名出身なのに、親が横浜に住民票を移した途端、『横浜出身』とほざき出した芸能人が・・・それは近藤真彦٩(๑òωó๑)۶
その当時、地元では『やつは海老名を捨てた』とざわざわしたものです。確かに当時の海老名は今では考えられないほど田舎でしたけどぉ~。後にでかいSAができちゃうほど畑ばっかりのところでしたけどぉ~。それでも元々海老名だったんだから海老名でいいべ?と地元民はもやもやしたものです(-_-;)
少なくとも50年近く生きている私が知っている『他の地区出身なのに『横浜』を名乗る』例はこれだけなのですが・・・それぞれの地元を愛している神奈川県民としては納得し難いです(-_-;)

▲PageTop

ボカロ小説・シリアルナンバー~もうひとりのリン~10 

シリアルナンバー~もうひとりのリン

『大会議』後も原因不明の地鳴りは続いていた。それどころか日を増すごとにますます音は大きくなり、時には小さな地震さえ起こるようになっている。

「総務次官、やはり地下に調査隊を派遣したほうが宜しいのではないでしょうか?大きな被害が出る前に」

定時会議の席において、エリア023―――現代の品川区を担当する行政官が総務次官のミクに訴える。その訴えにミクも小さく頷いた。

「そうね。川向うでも地鳴りは聞こえているみたいだし・・・それと他にもちょっと気になる現象が起きているのよね」

「気になる事とは?」

「最近『ミク型』同士の通信が妨害されるようにもなっているの。私達のネットワークは世界各国に広がっているけど、何故か多摩川流域を中心としたエリアの通信の調子がわるくて・・・『リン型』はどう?いつもと違った状況はあるかしら?」

ミクは近くに居たリンに尋ねる。するとリンは少し困ったように眉をひそめた。

「さぁ・・・そもそも私は他の『リン』と通信するなんて事はありませんから」

「・・・そうだったわね。あなた、他の子との付き合い悪いものね」

ミクは諦めたように首を小さく横に振る。

「今は良いけど、『MOTHER』入りを考えているのなら付き合いの悪さは直しておきなさい。あの中はコミュニケーションができて当然の世界だから、自分だけが抜きん出ようとすると瞬く間に『思考分解』されて『個』が無くなちゃうよ」

「それでも別に構いませんけど」

どこまでも冷めた物言いをするリンに、これ以上言っても無駄だとミクは忠告をそこで止めた。そして改めて政府の命令をリンに告げる。

「そんなあなたに頼むのは少々心もとないんだけど、騒音調査のために地下に潜入してもらいたいの。これで結果が出せれば・・・」

調査で原因が特定でき、騒音の元を取り除ければ御の字だが、音の規模を考えるとそれは難しいだろう。
「音の調査だけだからね。取り除くのは別のチームの仕事だから手を出さないように」

ともすれば突っ走りかねないリンに、ミクは忠告せずにはいられなかった。



Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv

▲PageTop

烏のがらくた箱~その六百三十三・セブンイレブンのエコバッグは秀逸(๑•̀ㅂ•́)و✧ 

烏のがらくた箱

7月1日からレジ袋有料化が始まりましたね。それに伴ってエコバッグを持ち歩く方も多くなったと思います(*^_^*)
しかし『これから買い物するぞ!うぉりゃぁぁぁぁ!!』と気合を入れて食料買い出しに行くときならいざしらず、ちょっと立ち寄ったお店で一品二品購入する時のエコバッグって困りませんか?持ち歩いているバッグに入るものなら良いのですが、結露ができたり汁ものが零れそうなものを購入したりすると『別にバッグが欲しいなぁ(´・ω・`)』となったりするのです。
そんなちょっとした買い物に丁度いいのがセブンイレブン限定のエコバッグ(≧∇≦)/特に一番小さな6リットルサイズ(お弁当用)のものは本当によくできております(๑•̀ㅂ•́)و✧
いわゆる『シュパット』シリーズのセブンイレブン限定品なのですが、ペットボトルが横向きに入れられる、かなりしっかりしたポケットが付いているのですよ(*^_^*)なのでお弁当とペットボトルを別々に入れられるのですが、この小さなポケットにお箸とか小さなドレッシングとか入れてもいいですし、紛れると困る小さなものを放り込んでも良さそう(*´ω`*)
そして6リットルと小さく見えつつ結構たくさん入るwww先日コンビニでスナック菓子二袋始めお惣菜とかドリンクとかそこそこ買い物をしたのですが、全部入れられましたしねぇ(^_^;)
更にシュパットシリーズなのでたたむのは楽ですし、何よりセブンイレブン限定品でありながら店のロゴは入っていないのがありがたい(他のコンビニでも堂々使える)畳んでしまえば子供の手のひらサイズですので、もしエコバッグ購入に悩んでいらっしゃる方がいればかなりオススメです(*^_^*)ちょっと高いけど。
(あと、まだ確認してはいないのですが、普段はハンカチでいざというときエコバッグになるという商品もセブンイレブンにあるらしい・・・小さめのエコバッグはセブンイレブンがオススメかもです)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のがらくた箱~その六百三十ニ・お盆、帰省できるかなぁ(´・ω・`) 

烏のがらくた箱

ここ2,3日、関東地方では再びコロナ感染者が増えてきております(T_T)やっと少なくなってきたと思って油断していたらこのザマですよorz
今の所神奈川では夜の商売の感染者が多いのですが、これはあくまでも2週間前に感染した人たちですので、現在どれくらい広がっているのか考えるだけでも恐ろしいものがあります((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
つい一週間前までは『やっと落ち着いてきたから、お盆には新潟に帰省できるな~。ラーメンにふるさと村に・・・』なんてスケジュールを妄想していたのに、それもおじゃんになりかねない(T_T)何せ向こうにいるのはなりたてほやほやの後期高齢者ですので、コロナウィルスのひとかけらさえ持っていくことは許されないのです(>_<)せめてお盆までにはこの状況が落ち着いてもらいたいものですが、下手すると『お盆の移動で感染が広がるから』と再び県境を超えた移動が禁止される可能性もありますしねぇ。
ワクチンや特効薬が出るまでの辛抱とは判っているのですが、振り回されるとヤキモキしてしまいます(-_-;)

今週もご来訪&拍手、ランキングへのご協力誠にありがとうございますヽ(=´▽`=)ノ
先日『イージス・アショアがダメなら先制攻撃できるものを!』という話がJ党内で行われているという話をニュースで聞きかじったのですが・・・何でしょう、サイバー戦争が主流の今どき、まるで棍棒を振りかざす原始人のよ~な考え方って(^_^;)今はオンラインに強い防衛大臣がいるから大丈夫でしょうが、これが交代したらどうなることやら・・・
一般企業でも『リモートワーク、やればできるのにしたがらない』と嘆いている若手社員がいらっしゃいますが、きっとその上層部にはこんな原始人が居座っているんだろうな~。なお『原始人』はたぶん45歳以上なら一定数いると思われます。私より年下でも『スマホの使い方、よくわからない』とか『オンライン、なにそれ?』とかいう人、いますしねぇ(-_-;)
自分自身は使いこなせなくても、せめてITを使いこなせる若手の邪魔だけはしていただきたくないものです(๑•̀ㅂ•́)و✧
(自分もよっぽどのこと(犯罪で捕まるとか)じゃない限り、できるだけ口は出さないよう気をつけていますが・・・難しいんだろうなぁ、これが)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のまかない処・其の四百七十・今年の初夏の果物 

烏のまかない処


ここ数年、お高くてちょっと手が出しにくかった初夏の果物ですが、今年はかなりお安くなっているような気がします(๑´ڡ`๑)
やはりコロナの影響なんでしょうか。外国人観光客がお土産で買っていくはずだった果物がスーパーにも流れてきているような・・・。ふるさと納税の返礼品としても使われている果物もあるのでそれほど値崩れはしていませんが、毎朝果物を摂取している身としては家計がほんのちょっと助かる程度には安くなっている気がします。
本当にここ数年の果物高騰は泣きたくなるほどでしたからねぇ(^_^;)外国人観光客用の果物狩りにお土産、輸出用の高給果物にふるさと納税の返礼品と、いくらでも高く売ろうと思えば高くなる果物・・・ここ数年は外国産を頼っていましたが、今年はたっぷり国産品にありつけるヽ(=´▽`=)ノ
売上が落ちてしまった農家さんには申し訳ないですが、今年は流れてきた果物を堪能させていただきます(๑´ڡ`๑)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

▲PageTop

烏のおぼえ書き~其の三百六十九・小富士巡り 

烏のおぼえ書き

今週からネタ本をチェンジし『「半七捕物帳」大江戸歳時記』から引用させていただきます。もしかしたら過去にも同様の記事を書いているかもしれませんが何せ物忘れの良さには自身があるので/(^o^)\
ひとつひとつの行事を思い出しながら、そして改めて季節の移り変わりを江戸の人々がどう捉えていたのかを確かめつつ覚書とさせていただきますm(_ _)m
ただし、この『江戸』というのが少々厄介でして・・・旧暦での行事がそのままの日付で行われている場合もあり、日付を一ヶ月ほど後ろ倒しにして季節を合わせて行っているものもありとごちゃまぜなんですよね~(^_^;)なのでこちらではできる限り季節に合わせて紹介していくよう統一させていく予定です。

そんなネタ本チェンジ第一弾は『小富士巡り』。江戸時代は富士信仰が根強かったのですが、特に江戸っ子は富士山が大好きだったようです。以前『富士塚』については書かせていただいたんですが、どうやら江戸各地にある富士塚を回る『小富士詣』なるイベントがあったというのですよ(゚∀゚)
現代だと富士山の山開きは7月1日ですが、旧暦だと6月1日。この日の前日から人々が白装束(本物の富士登山と同じもの)を着て集まり、真夏のクソ暑さ中にいくつもの富士塚を巡りまくったという・・・何だろ、今も昔も体力自慢&筋肉自慢の人々はドMが多いんでしょ~か(^_^;)
なお富士塚は文京区駒込の富士神社内にあるものから始まり、以下のものが有名だったようです。

・浅草砂利場(台東区浅草 浅間神社)
・深川八幡宮境内(江東区 富岡八幡宮)
・同一の鳥居
・同森下町神明宮内(江東区 深川神明宮)
・鉄砲洲稲荷内
・茅場町天満宮境内
・池の端七軒町
・柳原柳森稲荷の内
・神田明神社地
・神田松下町不動内
・小網町たうか堀稲荷内
・下谷小野照崎明神社地
・高輪泉岳寺
・如来寺
・本所六ツ目
・目黒行人坂

と、これらが東都歳時記に紹介されているのですが、これ以外にも多数の富士塚があったとか(^_^;)明治以降は女性も本物の富士山に登ることができるようになったので富士信仰は廃れていってしまい、最後にできたのは品川のマルカ講によって築かれた品川神社の富士塚が最後になってしまったそうです。



【創作関連】
「七福神めぐり」は今やすっかり有名になってしまい、全国各地でも行われるようになりましたが、まさか富士塚で似たようなイベントが行われていたとは、今回本を読み直して初めて知りましたwww
江戸時代の人々にとっては『山開き』の6月1日というのは特別なものがあったようでして、この日は早朝から江戸の各家の軒下から富士山・浅間神社へ奉納するための線香が立ち上っていたとか・・・。その線香の煙の中、白装束の人々が各町の小富士へ向かう姿はなかなかの迫力がありそうです。この一場面だけでも絵になりそうですよね~(*´ω`*)
ただ、『小富士』とはいえ本格的なものはそこそこの高さがあるものですし、一つ一つの富士塚の距離も結構ある、更に真夏の糞暑い時期でのイベントなので私は遠慮させていただきます/(^o^)\
(今年はコロナで各地の登山が禁止されている状況なので、それこそ『富士塚』で気持ちを慰められれば・・・という方も多いかもしれませんが、あれの維持管理はかなり難しい(-_-;)それこそ由緒ある神社仏閣、または昔からちゃんとした運営をしている自治会が管理している富士塚しか残っていないのが現状です(´・ω・`)たぶん神奈川にはまともな富士塚は残っていない・・・)



【参考・引用文献】
「半七捕物帳」大江戸歳時記(今井金吾 著  ちくま文庫)


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv




▲PageTop

拍手お返事&宝の持ち腐れとは正にこのコト/(^o^)\ 

拍手お返事&おまけ

住んでいるマンションに入っているプロバイダーさんが先日通信速度の強化を行ったのに合わせ、宅内ハブの販売・交換が先週金曜日から行われました(*^_^*)
何せ以前の通信速度が最高でも100Mbpsだったんですよ・・・スマホで通信制限を受けている状況でも128Mbpsなので、如何に遅かったかおわかりいただけるかと思います。そりゃあ16年前に入居してから変わらなかったんですから時代にそぐわなくなりますよw
ということで1Gbps用の宅内ハブを購入し、取り付けをしたのですが・・・PCだとそのありがたみが殆ど感じられないんですよね~www
そもそも私がPCで行っている作業はブログを書くかTwitterに書き込みをするか、『刀剣乱舞』をやるかですから、今までの通信速度でも何ら問題はないんですよ/(^o^)\更に旦那のWEB会議も無くなり、通信速度の速さはまるで必要なし。良くなったのはWEBページの端っこに流れるCM動画のクオリティが無駄に良くなった程度ですかね(´・ω・`)スマホは流石に動作が早くなりましたが、PCではあまり恩恵は感じられず・・・本格的なシューティングゲームとかすれば恩恵が感じられるんでしょうかねぇ(^_^;)正直現在の私には通信速度1Gbpsは宝の持ち腐れのようですwww

拍手コメントありがとうございますm(_ _)mお返事、以下に書かせていただきますね~(^.^)/~~~

▲PageTop

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ