FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2009 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312009 06

【  2009年05月  】 

幕末歳時記 其の陸・黴雨(桂小五郎&幾松)

幕末歳時記

2009.05.22 (Fri)

 梅雨の終りを告げる激しい雨が、幾松の蛇の目に激しく打ち付ける。本来、この刻限ならば鴨川に朝日が映え目にも眩しい程なのだが空にどんよりとした雲が垂れ込めている状態ではそれも敵わない。「小暑も過ぎたゆうのにちぃっとも暑くならへん。お天道様もなかなか顔を出してくれへんし・・・・・まるで、小五郎はんとうちの将来(さき)みたいやな。」 軽くため息を吐き、袂の握飯に手を当てると幾松は桂小五郎の待つ二条大橋へと...全文を読む

閻魔堂華宵 第二話・黒船土産大コロリ

閻魔堂華宵~幕末百話異聞~

2009.05.22 (Fri)

 深い森の奥にある小さな小さな閻魔堂。そこは名も無き人々の行き着く場所、死者の楽園の王であり地獄の十王の支配する場所である。 本来、生きとし生けるものならば------------それが天人であろうと動物であろうと鬼であろうと、黄泉への旅路の途中で転生が決まる。だが、その中でもこと人間というのは厄介なもので、いろいろな思惑を抱え込み、すんなりと次の世へ転生することができないのだ。 もし、鬱屈した想いをそのまま抱...全文を読む

前月     2009年05月       翌月

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ