FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2011年03月  】 

葵と杏葉改革編 第二十五話 姫君の懐妊と九歳の側室・其の壹

葵と杏葉・改革編

2011.03.16 (Wed)

  阿蘭陀を通じての段階的な開国、そして海防強化を訴えながらも老中にまともに取り合って貰えなかった斉正は、失意の中佐賀藩邸に帰り着くとその脚で黒門へと向かった。「国子殿・・・・・・」 盛姫の顔を見て一瞬笑顔を見せた斉正だったが、その表情はすぐに曇ってしまう。斉正のその表情を見て盛姫は何かを察したらしく、苦笑いを浮かべながら肩をすくめた。「その表情ではそなたの申し出は無下にされたのじゃろう、貞丸」 盛...全文を読む

前月     2011年03月       翌月

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ