FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2013年04月  】 

夏虫~新選組異聞~ 第四章 第二十六話 さらば、壬生・其の貳

夏虫・第四章

2013.04.12 (Fri)

  暮六つの鐘が鳴る少し前に降りだした春雨はますます激しさを増し、屯所が震えるほどの春雷が鳴り響く。固く閉ざした雨戸に打ち付ける雨音を聞きながら、近藤と土方は酒を酌み交わしていた。「切腹の日にこんな荒れ模様になるなんて・・・・・まるで天神様だな、山南さんは。」 土方と酒を酌み交わしながら近藤がぽつり、と呟く。「学もあって人徳もあって・・・・・志半ばにしてこの世を去るところまで似てやがる。」 悔しげに...全文を読む

前月     2013年04月       翌月

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ