FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2014年01月  】 

夏虫~新選組異聞~ 第六章 第三話 深雪と御幸・其の参

夏虫・第六章

2014.01.25 (Sat)

  濃密な梅の香が、昼なお暗い土蔵に漂ってくる。忍び寄る肌寒さの中、土蔵の中央には河合耆三郎が縄で縛られ正座させられていた。それを取り囲むように三人の組長――――――沖田、斉藤、そして谷が彼を取り囲み見下ろしている。「河合さん、一体どういうことですか?あなた、御幸太夫に姉が死んだ事を黙っているよう口止めをしたそうですね」 沖田が土方から預かった御幸太夫からの手紙を河合に見せつけ、問い詰める。その文面を見た...全文を読む

前月     2014年01月       翌月

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ