FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2018年01月  】 

烏のおぼえ書き~其の二百四十六・東京市の交通戦争その3 まだまだ昭和初期には乗り物がいっぱいo(*'▽'*)/☆゚’

烏のおぼえ書き

2018.01.30 (Tue)

 メジャーな乗り物の他にも復興中の東京には色々な乗り物が走り回っておりました。その中の幾つかを今回は紹介したいと思います(*^_^*)◆円タクいわゆるタクシーです。在来市電や震災後に出てきた乗合自動車にお客を取られてしまった人力車の車夫たちがこちらに乗り換えたようです。ただ市電や乗合自動車に比べると料金が高い(>_...全文を読む

拍手お返事&『名も無き家事』ができる人は段取り力もありそうな気がする(・∀・)

拍手お返事&おまけ

2018.01.29 (Mon)

 先週くらいでしょうか、ネットでちょっと目についた『名も無き家事』。これについて奥さん方の不満が爆発しているようでして/(^o^)\確かに普段あまり家事に関わらない人は『美味しいところ』だけを持っていき、その前に必要なお膳立ての部分をやりませんからねぇ(^_^;)仕方がないと言ってしまえはそれまでなのかもしれませんが、得てして『名も無き家事』というものは、『段取り力』があればある程度はできるんじゃないかとも思...全文を読む

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)21

日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

2018.01.28 (Sun)

 塵一つ浮遊していない通路を、MR3620は『歩いて』進んでいた。本来なら空中を『飛んで』移動するべきなのだが、それをしたくない。人間の感情で例えるならば『気が進まない』と言ったところだろうか。とにかく全身がいつにも増して重く感じられる。「何かの指示ならば直接メモリに送ってくれればいいのに、わざわざ幹部室に呼び出すなんて、悪趣味も甚だしいですわ・・・どうせK0332絡みでしょうけど」掃討部隊の兵士が幹部室に呼...全文を読む

vague~こぼれ話・実は問題だらけだった講武所(>_<)

vague~こぼれ話

2018.01.27 (Sat)

 最高の講師陣&幕府の鳴り物入りで開講した講武所でしたが、『近代的な軍隊を作る』という点では失敗した、といえるかもしれません(´・ω・`)講武所では予定日を決めて旗本の長男から御家人の厄介までの全員参加を義務付け、人材発掘をしようと画策していたようなのですが、旗本社会はとにかく怠惰(^_^;)更に格好つけばかりなので人気講師の剣術の講義や稽古に人が集中、そこからあぶれた者たちは弓術へと逃げ、本当に必要であった砲...全文を読む

烏のがらくた箱~その四百十一・月への道のりははるか遠く・・・

烏のがらくた箱

2018.01.26 (Fri)

 世界初の月面探査レース、結局参加者が誰も到達せずに期限切れになってしまいましたね(´・ω・`)日本からも参加チームがあったので結構楽しみにしていたのですが残念です。というか人類を月まで運んだアポロ計画ってトンデモなくすごいプロジェクトだったんだなぁ、と思い知らされたわけでして・・・だってあれの第一弾は私が生まれる前ですよ(゚∀゚)50年近くも前に人類が月面に到着しているわけですから、小さな探査機くらい月面に運...全文を読む

烏のまかない処・其の三百四十三~ファミマのチョコナッツエクレア節分ver.

烏のまかない処

2018.01.25 (Thu)

 この時期、既にお菓子業界はバレンタインデーに向けての商品をガンガン出しており、デパートの催事場はリア充のコミケと化しておりますが、世の片隅では節分のお菓子も出ていたりします(*^_^*)ありがたや、日本の行事を大事にしてくれるコンビニヽ(=´▽`=)ノそんな数少ない節分お菓子のひとつ『チョコナッツエクレア』を今回紹介させていただきます(*^_^*)言ってしまえばエクレアなのですが、鬼の金棒をイメージしたデザインになって...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の二百四十五・東京市の交通戦争その2 小回り最高!円太郎(乗合自動車)

烏のおぼえ書き

2018.01.23 (Tue)

 市電のライバルは省電だけではありませんでした。俗称『円太郎』と言われる市営の乗合自動車も東京市民の脚として大活躍していたようです(๑•̀ㅁ•́๑)✧この乗合自動車、大震災直後、軌道電車が破壊された際に勇ましくも開始されたのが発端だったようです。最初はトラックを乗用車に無理やり作り変えたもので乗り心地も最悪だったようですが、昭和4年くらいにもなるとだいぶ改良されて結構良い乗り心地になっていたとのこと(*´ω`*)昭...全文を読む

拍手お返事&何故か介護の日にやってくる荒天(>_<)

拍手お返事&おまけ

2018.01.22 (Mon)

 本日、関東地方はか~な~り~珍しい大雪の予報が出ております(>____...全文を読む

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)20

日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

2018.01.21 (Sun)

 ボカロエンジン及びそれに取り付けられていた中枢チップの解析には一ヶ月以上の時間がかかったが、何とか全てを解析することに成功した。どうやらK0332は掃討部隊に所属しながらも幹部候補生でもあったらしい。今まで知ることができなかった情報も中枢チップに書き込まれていた。「東京での組織系統図は予想通りだったけど、全国規模での組織図は初見だな」古めかしいモニターに映し出された組織図を覗き込みながらタクミが唸る。...全文を読む

vague~こぼれ話・綺羅星の如し、講武所講師陣

vague~こぼれ話

2018.01.20 (Sat)

 【剣術】男谷精一郎(直心影流。勝海舟の従兄弟。幕府の御手先頭で早くから講武所創設を建議し、開所後はその頭取になった。)戸田八郎左衛門伊庭軍兵衛(心形刀流。伊庭八郎らの実父で水野忠邦の推挙で御書院番士にまで出世したが水野失脚と共に辞職。以後は江戸下谷の道場「練武館」の経営に精を出し、「幕末江戸四大道場」と並び称された)今堀千五百蔵松平主税之助(上総介)(柳剛流)三橋虎蔵(心形刀流。男谷の門弟だったと...全文を読む

烏のがらくた箱~その四百十・『法事にお茶』の意味を初めて知りました(^_^;)

烏のがらくた箱

2018.01.19 (Fri)

 数日前のTV番組で『マナー』を取り上げていたのですが、その際『何故葬式や法事のお返しにお茶が出されるのか?』ということも出題されておりました。どうやら『大抵の家にお茶っ葉は常備されていたから、急な不幸にも対応できる』とのこと。言ってみれば『しわのあるお札で香典を出す』のと同じ意味合いらしい・・・そう云われれば納得かな。うん、長期に渡っての病気療養の末の死であっても家族としては受け入れがたいものがある...全文を読む

烏のまかない処・其の三百四十二~ああ、葉物野菜・・・( ;∀;)

烏のまかない処

2018.01.18 (Thu)

 野菜、特に葉物野菜の高騰、まだまだ暫く続きそうですね(>___...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の二百四十四・東京市の交通戦争その1 市電vs省線

烏のおぼえ書き

2018.01.16 (Tue)

 道路の項でも取り上げましたが、現代以上に移動手段、運搬手段が多岐にわたっていた昭和初期。各種乗客争奪戦がかなり熾烈だったようです( ̄ー ̄)ニヤリ例えば『円タクvs人力車』だと円タクの圧勝、省線と市電ではそこそこの勝負、では円タクと青バスでは・・・?とそれこそスポーツ観戦のごとく東京住人の興味をそそっていたようです(*^_^*)まずは市電から。東京市内に200マイルもの軌道網を敷き、1200台もの車両を走らせていた東京...全文を読む

拍手お返事&お酒は一滴も入っておりませんが・・・

拍手お返事&おまけ

2018.01.15 (Mon)

 完全に酔っ払った状況で記事を書いております/(^o^)\これっていわゆる『ラリっている』って言う状況なのでしょうか・・・お医者さんから正しく処方された薬を、正しく飲んでいるだけなのですが、ステロイドの量が多い朝&昼はなかなか文章がまとまらない程度に薬で酔ってしまいます(>__...全文を読む

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)19

日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

2018.01.14 (Sun)

 「・・・水崎さん、行方不明になったままどこに行っちゃったのかと思っていたら、こんな酷い目に遭ってたんだ」解析結果を目の当たりにして、メイコが呻いた。その悲痛な声にレンが尋ねる。「メイ姉、もしかしてこの『エンジン』と知り合いだったのか?」するとメイコは恐れ多いとばかりに首をブルブルと横に振った。「水崎さんは私の昔のマスター・・・渡井侑李の恩師というか師匠筋に当たるの。私は水崎さんに直接お会いしたこと...全文を読む

vague~こぼれ話・講武所事始め

vague~こぼれ話

2018.01.13 (Sat)

 『vague』本編から遡ることおよそ10年前の嘉永七年(1854年)3月、日米和親条約が調印されました。いわゆる『正式な開国』、この事によって国防の強化を強いられることになったのですが、それらは当時の老中・阿部正弘を中心に手配されることになりました。 まずは海防です(๑•̀ㅂ•́)و✧海防のため品川や長崎に砲台を建造、大船製造を解禁し軍艦を購入しました。勿論購入だけでは船は動かせませんので、艦船運用術を伝習させ海軍建...全文を読む

烏のがらくた箱~その四百九・この寒さは何なんだ(>_<)

烏のがらくた箱

2018.01.12 (Fri)

 冬は寒いもの、特に『寒中』に入ったこの時期は特に寒いものというのは頭では理解しているの0ですが・・・本日の寒さは尋常ではありません(>____...全文を読む

烏のまかない処・其の三百四十一~ファミマのいちごのエクレア

烏のまかない処

2018.01.11 (Thu)

 ダイエット中なのに、いちごフェアの誘惑に負けましたorzそれほどまでにコンビニ各社のいちごフェアが魅力満載で(人´∀`).☆.。.:*・゚Twitterのフォロワーさんが紹介していたいちご大福も捨てがたいですし、まだまだ気がついていないいちごスイーツもありそう、と思いつつ、今回はファミマのいちごエクレアを取り上げさせていただきました(*^_^*)基本的に『いちごは生が一番!』と思っているので、フレッシュないちごがスイーツに...全文を読む

くろかみ語り~其の伍・おしどり

その他短編小説

2018.01.10 (Wed)

 「あら、おまさちゃん!どないしはったの?『おしどり』を結いはって」 年始の挨拶に来た叔母が、おまさの顔を見るなり大仰な声を上げた。その大仰さにおまさは頬を真っ赤に染め俯いてしまう。 そんなおまさに代わり、事情を説明し始めたのは菅原家の主である彼女の兄だった。「へえ、年末に縁談話がまとまりましてね。新選組副長助勤の原田左之助はんのところに嫁ぐことになりました」 やや行き遅れとなりつつあった妹の結婚が...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の二百四十三・東京市の幹線道路(理想だけど)

烏のおぼえ書き

2018.01.09 (Tue)

 毛細血管のような細い道路が縦横無尽に広がっていた昭和初期の東京、その最大の課題が『幹線道路の整備』だったのかもしれません。関東大震災時、避難しづらかったというのもあるでしょうが増大する陸上輸送に対応しきれなくなっていたのでしょう。更にこの時代の車種の多さもこの問題を深刻化させていたように思えます(>__...全文を読む

拍手お返事&パンチの聞いた味だったインドのレトルトカレー(>_<)

拍手お返事&おまけ

2018.01.08 (Mon)

 おせちに飽きると何故か刺激物が欲しくなるものです・・・そしてこうなる事を予め予測し、取っておいた旦那のインド出張土産のレトルトカレーをとうとう開けることと相成りました/(^o^)\普通であれば『カレー』は安全パイな部類の食品ですが、旦那が持ち帰ってきたのはインドの『ベジタリアン用』、というか多分ハラル認定されているレトルトカレー(゚∀゚)どんな味なのか想像さえつかない(>___...全文を読む

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)18

日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

2018.01.07 (Sun)

 水崎の車は首都高に乗っかると、東名高速を使うため用賀へと向かった。「まずは東京を逃げ出して、静岡に向かう。噂に拠れば反政府レジスタンスが集結しているらしい。それにお前達の製造元も静岡にあるはずだよな?」「イエス、マスター。僕達の工場は静岡にあります」「だったら尚更心強いな。現時点で政府に勝てる力は無くても、その内政府を倒す知恵や力を付けていくだろう」水崎は笑みを浮かべながら、更にアクセルを踏み込む...全文を読む

vague~いざ本丸・其の参

初顔合わせ

2018.01.06 (Sat)

  規則的な箒の音にその家の女主人はゆるゆると目を開けた。晴れた日は庭先から、雨の日は廊下からその音は聞こえてくる。ここ最近――――――否、息子が妾を連れてきた日の翌日から年が明け、およそ一ヶ月ほどその音は続いている。「もう、明六ツ半を過ぎたのかえ」 この音が聞こえてくるのは決まって明六ツ半、朝餉の少し前である。どうやら息子が連れてきた妾は、おクマの手伝いをして朝餉の準備をしてから庭や廊下の掃除をしている...全文を読む

烏のがらくた箱~その四百八・もしかしたら明日の更新も流れるかもしれません(´;ω;`)

烏のがらくた箱

2018.01.05 (Fri)

 ・・・てか、ほぼ90%の確率でオトしますorz毎年のことですが家族に用事を横からぶっ込まれて書く余裕が無い/(^o^)\更に今年は服用している薬の副作用もあるのかも・・・何とな~く『薬酔い』みたいな症状がありまして、集中力が途切れがちなのですよ(>____...全文を読む

烏のまかない処・其の三百四十~おせちの残り、どうしたら( ;∀;)

烏のまかない処

2018.01.04 (Thu)

 たぶん殆どの家庭でも同じような悩みがあると思うのですが、おせちやお正月料理の残り、困りませんか(>______...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の二百四十二・東京の街路総論

烏のおぼえ書き

2018.01.02 (Tue)

 烏のおぼえ書き、新年第一弾は『東京の街路』を取り上げます(*^_^*)実はこの資料を読む前まで『道なんて建物が建っていてもいくらでも舗装が出来るでしょ?』と思いこんでいたのですがどうやらそうではなかったようです(>__...全文を読む

拍手お返事&新年明けましておめでとうございますm(_ _)m

拍手お返事&おまけ

2018.01.01 (Mon)

 新年明けましておめでとうございますm(_ _)m今年も『暁光碧烏』をよろしくお願いいたしますm(_ _)m今年の目標ですが、まずは『vague』の連載を続けることでしょうか(^_^;)去年『紅柊』『夏虫』を終え、連載物がこれひとつになりましたからねぇ(^_^;)天疱瘡の状況がどうなるか定かではありませんが、この病気(と言うか副作用)と戦いつつブログの方は続けられたらなと目論んでおります。(免疫力を思いっきり下げまくっている状況...全文を読む

前月     2018年01月       翌月

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ