FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は
こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2018年08月  】 

烏のがらくた箱~その四百四十四・体調不良オンパレ━━━━(゚∀゚)━━━━ド!!

烏のがらくた箱

2018.08.31 (Fri)

 8月の最終日、もう笑っちゃうくらい体調不良が止まりませんwwwその最たるものが天疱瘡(>____...全文を読む

烏のまかない処・其の三百七十四~食欲不振時のインスタントワンタン

烏のまかない処

2018.08.30 (Thu)

 風邪を移されたのか、それとも熱中症なのか定かでは無いのですが、昨日頭痛と吐き気でダウンしておりました(ヽ´ω`)普段であれば風邪薬で症状を緩和させた後、ひたすら寝込んで治すのですが、今現在天疱瘡の治療でステロイド剤を服用中・・・抵抗力が格段に弱くなっている&熱も上がりにくいということで大した症状じゃなくても注意しければならないのですよ(´・ω・`)更に薬同士の飲み合わせも難しく、『取り敢えず頭痛薬で様子見。...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の二百七十五・昭和初期の浅草・その二

烏のおぼえ書き

2018.08.28 (Tue)

 浅草といえばまず第一に観音様です。というかこの漁師によって拾われた、一寸八分―――6cm弱の小さな観音様なしで浅草という町は生まれなかったでしょう(≧∇≦)/その前にそびえる朱塗りの仁王門に本堂の背後を護る五重塔もまた浅草に無くてはならない物です。また、観音様ほど人々の注意は引かないものの重要な建築物に『伝法院』もあります(*^_^*)意気で鉄火な江戸の女を『伝法肌』と表現することがありますが、この伝法院が語源との...全文を読む

拍手お返事&そろそろ今年の断捨離をしなければ(^_^;)

拍手お返事&おまけ

2018.08.27 (Mon)

 難病指定されている病気の症状を抑える薬というのは副作用も強力です/(^o^)\『駄文が書けない』というのはある意味誰にも迷惑をかけることはありませんが、『家事ができない』というのは生活に直結する深刻な事態に陥るのですよ・・・orz取り敢えず生きていくために最低限必要な炊事洗濯簡単な掃除くらいはするのですが、それ以上のことがなかなか難しく、気がつけば細かな雑用が溜まっておりましたwwwその一つが断捨離。壊れ...全文を読む

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)51

日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

2018.08.26 (Sun)

 「私達は東京近郊でゲリラ活動をしているレジスタンスです。アジトに潜伏していた時、政府の掃討部隊に襲撃されてこの子達は壊されてしまって・・・『聖地』に出向いたところでこの子達が直るかどうか判らないんですが、可能性にかけてみようかと思ってここまで来たんです」「なるほど。高い技術がいる修理は浜松でないと無理だしねぇ―――カイト、このお嬢さん方を向こうに渡しても大丈夫かい?」不意に向けられた老婆の問いかけに...全文を読む

烏のがらくた箱~その四百四十三・暫くの間、ボカロ小説以外の小説お休みします(>_<)

烏のがらくた箱

2018.08.24 (Fri)

 いきなりですが、タイトル通りです・・・リハビリにと『夾竹桃の吐息』を書き上げてみましたが、自分が思っていた以上に書けないことかけないこと/(^o^)\できれば佐間駿次郎の続編も書きたいのですが、まだまだ資料を読み込む力さえ復活していない状況(>_...全文を読む

烏のまかない処・其の三百七十三~ファミマのコラボチョコタルト

烏のまかない処

2018.08.23 (Thu)

 久しぶりにゆっくりコンビニのスイーツコーナーを覗いたら、美味しそうなコラボ商品がありましたのでつい手に取ってしまいました/(^o^)\あのチロルチョコとのコラボスイーツ、『コーヒーチョコタルト』と『きなこチョコタルト』です((o(´∀`)o))そもそもチロルチョコと言ったら団塊ジュニア世代の子供時代からの定番じゃないですかっ(๑•̀ㅁ•́๑)✧そんな王道お菓子がタルトになったというからには食べないわけにはいかないじゃない...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の二百七十四・昭和初期の浅草・その一

烏のおぼえ書き

2018.08.21 (Tue)

 銀座は『大人の繁華街』といった風情がありますが、今回紹介する浅草は老若男女、万人共通の楽天地だったようです(*^_^*)今和次郎先生曰く『東京一、日本一の盛り場』とのこと。確かに浅草寺から花やしきま、浅草六区の演芸場からストリップ劇場までありましたからねぇ(。・・。)ビートたけしさんが浅草のストリップ劇場で腕を磨いていたことはあまりにも有名です(^_^;)そんな浅草の中でも一番人を集めるのが『田原町』と『雷門』。南...全文を読む

拍手お返事&『生き神様』ってきっとこういう人なんだろうなぁ

拍手お返事&おまけ

2018.08.20 (Mon)

 先週、2歳の男の子を見つけ出したスーパーボランティア・尾畠さん、知れば知るほどすごい方ですよね(@@)『今までの恩返し』とはいえ、全てを自分で準備、誰にも迷惑をかけずに淡々と仕事をこなしてゆく姿は学ぶべきことばかりです🌟そしてその事をほんとうの意味で理解しているのは子供たち&動物たちではないかと・・・。取材中にトンボが指に止まるし、子供たちが自ら抱きつきに行く。究極は今まで見つけられなかった2才児が尾畠...全文を読む

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)50

日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

2018.08.19 (Sun)

 箱根の山を越え、一日がかりでメイコらは大井川のほとりに辿り着いた。「やはり幹線道路は政府軍に狙われやすいのかな」車からおりたメイコは周囲をぐるりと見回しながら呟く。残念ながら当てにしていた新大井川橋は橋脚のみを残して壊されていた。壊れている、とは言えやけにきれいな残り方をしている橋脚に違和感を感じたが、どのみち向こう岸に渡れない事に変わりはない。さて、どうしたものか・・・と、メイコが思案をめぐらせ...全文を読む

夾竹桃の吐息・其の玖

その他短編小説

2018.08.18 (Sat)

  火事から三日後、直斗は妻の佑美と共に千護の見舞いに出向いた。「よぉ、千護!少しは良くなったか?」 病室に入るなり直斗は明るい声で千護に声をかけたが、それに対して千護は苦笑いを浮かべるだけで起き上がろうともしなかった。「できれば良くなった、って言いたいところなんだけど、結構厄介な傷でさ・・・・・・痛みは消えないし、熱は下がらないし。あと先生曰く、この手の薬品火傷は下手したら一生消えないかもって」「...全文を読む

烏のがらくた箱~その四百四十二・やっと秋の気配キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

烏のがらくた箱

2018.08.17 (Fri)

 今年の猛暑は今までにない過酷なものですよね(>____...全文を読む

烏のまかない処・其の三百七十二~帰省ラーメン三昧/(^o^)\

烏のまかない処

2018.08.16 (Thu)

 ようやく嫁のオツトメを終え、シャバに帰ってきた管理人ですヽ(=´▽`=)ノそして帰省先の新潟もまた暑かった・・・orzあまりの暑さに義両親(特に義母)はクーラー風邪を患い、私も暑さ&寝不足が重なってイマイチ調子が悪くて(^_^;)私に関してはどうやらびみょ~な熱中症も引きずっていたようです。普段だったら2食目、3食目には飽きてしまうラーメンの塩気がまぁ美味しく感じられること(๑´ڡ`๑)あと私達が利用させていただいているお...全文を読む

拍手お返事&ようやくシャバに舞い戻ってきました(≧∇≦)/

拍手お返事&おまけ

2018.08.15 (Wed)

 旦那の実家に帰省して3泊4日、ようやく『ネットの海』と言う名のシャバに戻ってまいりました(≧∇≦)/義実家に関してはかなり恵まれていると思うのですが、やはり緊張が伴うのは仕方ないこと。『嫁』と言う名の大型猫をひっかぶり、4日間をやり過ごしてまいりました。ホント義両親と同居している人ってすごいと思う(ヽ´ω`)(そして私と同じくらい向こうも緊張しているかと・・・お互い様です(^_^;))話は変わりますが、本日終戦記念日...全文を読む

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)49

日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

2018.08.12 (Sun)

 翌日、メイコは箱根の裏道に車を走らせていた。辛うじて車一台通れるくらいの細い道だが、地元の人間の努力のおかげかきちんと舗装がなされている。「この丁寧な舗装はありがたいわね。横揺れさえ気をつければリンもレンもこれ以上壊れることはなさそう」。曲がりくねった道に車を走らせつつ、メイコは満足げに呟いた。箱根の山を降りたらどうなっているか定かではないが、『中央』を離れるに従って政府の影響が薄らいでいるような...全文を読む

烏のがらくた箱~その四百四十一・久しぶりの野球観戦in東京ドーム

烏のがらくた箱

2018.08.11 (Sat)

 これはおよそ1~2ヶ月前のこと、旦那がどなたかから東京ドームのシーズンチケットを譲ってもらいました。どうやら旦那が阪神ファンだということ&その席がびみょ~に3塁側だったかららしい・・・というのはチケットを見ただけで判明しておりました。しかぁ~~~~し!!実際現場に行ってみると大違い(@@)三塁側は3塁側でもほぼバックネット裏!しかも前から5列目(チケットには7列目と書かれていた)という、いわゆる『接待席』!...全文を読む

烏のがらくた箱~その四百四十・ほとんど仕込みが出来なかった、今回の帰省( ;∀;)

烏のがらくた箱

2018.08.10 (Fri)

 ええ、単純に集中力に欠けていただけなのですが、結局お盆休みの仕込みが全て中途半端な状況でストップしておりますorz『時間』だけなら明日の朝まであるのですが、帰省の準備やら部屋の片付け、その他諸々ありまして・・・最低限ボカロ小説は仕込めるのですが、土曜日更新のプチホラー&火曜日のエッセイは非常にあやしい(^_^;)ギリギリまでがんばりますが、あまり期待しないでお待ちくださいませm(_ _)mなお一応こんな感じでUPす...全文を読む

烏のまかない処・其の三百七十一~我が家の非常食・2018年酷暑編

烏のまかない処

2018.08.09 (Thu)

 今年は本当に大きな災害が多い気がします(>___...全文を読む

烏のおぼえ書き~其の二百七十三・昭和初期の銀座・その三

烏のおぼえ書き

2018.08.07 (Tue)

 前回に引き続き、銀座のめぼしい(というにはゴージャスすぎますが)お店を幾つか紹介していきます。◆お食事どころ色々沢正食堂(関西料理)、銀座食堂、喫茶ウーロン(一時期は文壇人独占していたらしい)、不二家、小松食堂(和洋料理)などが一角に固まっていたとのこと。不二家は今現在全国展開しているペコちゃんの不二家さんでしょうかねぇ(・・?甘さで戦うならあそこのパフェは最強だと思っております(あまりに甘くて二人...全文を読む

拍手お返事&台風を呼ぶ夫婦/(^o^)\

拍手お返事&おまけ

2018.08.06 (Mon)

 かれこれ1~2ヶ月前になるでしょうか。旦那が『巨人vs阪神戦 in 東京ドーム』のチケットを譲ってもらいました。しかも今まで座ったことのない『7列目』というかなり良い席を(@@)どうやら旦那が阪神ファンと聞いた方が『だったらどうぞ』と譲ってくれたようです。(どうやら3塁側=阪神側の席だったかららしい)そんなラッキーに恵まれたにもかかわらず、その日付というのが8月9日・・・そう、関東地方に台風直撃予報が出ているま...全文を読む

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)48

日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

2018.08.05 (Sun)

 薄暗く、静かな部屋の中央に浮かぶレトロな空中モニターに次々に文字やグラグ、その他図形が浮かび上がる。『簡易サーチ』とはいえ読み取らねばならないデータは膨大だ。それが250年前に製造されたVOCALOIDであっても―――。「・・・簡易さーち、終了シマシタ」サーチモード特有の、機械的な声でミクがサーチの終了を報告する。「・・・どうやら問題は無さそうだな。疑って申し訳なかった」簡易サーチの結果を見てマナブは素直にメイ...全文を読む

夾竹桃の吐息・其の捌

その他短編小説

2018.08.05 (Sun)

  燃え盛る炎に背中を焼かれながら、千護と直斗は中庭を抜け、家の外に飛び出した。火の手は予想していたよりも早く、既に火柱が上がっている。これでは救急車を呼ぶ暇はなさそうだ。「千護!助手席に!シートベルトも忘れるなよ!安全運転なんてしてやれねぇから!」 そう言い捨てると直斗は運転席に乗り込み、急発進をする。思い出がある祖父の家が丸焼けになってしまう悲しさも少しはあったが、不気味すぎる夾竹桃への恐怖のほ...全文を読む

烏のがらくた箱~その四百三十九・新しいPCの使いごこちは?

烏のがらくた箱

2018.08.03 (Fri)

 新しいPCをお迎えして一ヶ月、使い心地と言うか癖がようやく見えてまいりました(*^_^*)というか私自身の癖というべきなのか(^_^;)メモ書きですが今現在のPCちゃんの使い心地の感想を残しておこうかと思います(#^.^#)◆SSDはとにかく動作が早い(≧∇≦)/これはSSDの特徴でもあるのですが、とにかく早い(๑•̀ㅂ•́)و✧立ち上がりはシャットダウン時でもスリープ時でも同じですしアプリケーションへのアクセスもかなり早い((o(´∀`)o))更に音...全文を読む

烏のまかない処・其の三百七十~この夏のスポーツドリンク

烏のまかない処

2018.08.02 (Thu)

 今年の夏は尋常ならざる暑さに襲われておりますが、その影響がネットスーパーにも及んでおります(>___...全文を読む

前月     2018年08月       翌月

Menu

プロフィール

乾小路烏魅

Author:乾小路烏魅
幕末~明治を中心とした歴史小説ブログです。
ひと時の時間旅行、ご堪能くださいませv
角川twitter小説大賞優秀賞受賞

検索フォーム

カテゴリ