FC2ブログ

「Twitter小説」
逃亡者櫻 Page1

逃亡者櫻 ファクトリーの異邦人4

 ←烏のがらくた箱~その百五十・今年の出展作品 →拍手お返事&確かに切れ味は試したかったけどさぁ(>_
ハーナルから素粒子分解装置のライフル部分を手渡された櫻は試射を始める。

「見た目よりだいぶ軽いのね。片手でも扱えそう。」

ひと通り動かしてみた櫻は感心する。

「ここまで軽くするの、相当大変だったんじゃないの?」

そんな櫻の問いにハーナルは深く頷く。

「ええ。それはもう。何せ相手は『地獄の帝王』、事と次第によっては長期戦になる可能性もありますから可能な限り軽くしました。最終的には短銃程度にまで小さくしたいんですけどね。」

次々と標的を素粒子に変えてゆく櫻の腕を確認しながらハーナルは言う。

「というより、素粒子を組み立てて別の物質を作れるようにしたいんですよ。本来の目的は武器じゃなくて平和利用です。」

「そうだったわね。期待しているわ。」

櫻はハーナルにウィンクをすると、ライフルに安全装置を取り付けた。

「しかし・・・素粒子に分解した所で『地獄の帝王』は倒すことができるのかしら?」

「それは判りません。だからあなたの戦いでデータを取らせてもらわないといけないんです。」

もしかしたら『地獄の帝王』は素粒子に分解することができないかもしれない。『地獄の帝王』は三次元に侵入した時は『物質』の形態をとっている。その実更に上位の次元の生物なので、人間の知らない要素で体が作られている可能性のほうが高いのだ。

「一か八かの賭けだけど、やるしか無いわね。こんな事ならアレクを呼んでおくんっだった。普段のギャンブルはともかく戦い場面の勘は半端ないから・・・じゃない、アレクもユウトと一緒に時空間No.0932に飛ばされているんだっけ。となると、やっぱり自分だけが頼り、って事か。」

戦闘時におけるアレクの勘は『偶然』で済ますにはあまりにも当たり過ぎる。得体の知れない相手にこそその勘は必要だが、無いものは仕方がない。櫻は武器を装着すると、再び宇宙船の格納庫へと戻っていった。



(2/25~3/3 twitterにて掲載)

Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv




『地獄の帝王』に対して有効(かもしれない)武器を試しながらも、やはり不安を感じてしまう櫻です。そりゃそうでしょう、得体の知れない巨大な敵に対してライフル程度の大きさの武器で戦えなんて・・・・・しかもこれからデータの収集をするという(^_^;)つまり櫻はモルモット、って訳ですよね~(-_-;)
だからこそ恋人であるユウトじゃなく、戦いにおいて異常なほどの直感を示すアレクの助けが欲しくなるのでしょうが、アレクもユウト同様別の次元に飛ばされてしまっているので、それも適いません。果たしてたった一人で『地獄の帝王』を高次元へ追い返すことができるのでしょうか?
明日からの連載では再び宇宙空間に飛び出し、『地獄の帝王』との戦いが始まりますv
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のがらくた箱~その百五十・今年の出展作品】へ  【拍手お返事&確かに切れ味は試したかったけどさぁ(>_】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のがらくた箱~その百五十・今年の出展作品】へ
  • 【拍手お返事&確かに切れ味は試したかったけどさぁ(>_】へ