FC2ブログ

「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の貳・刻みたばこ

 ←拍手お返事&315円のピルケース →ならずの御職・其の参~天保五年七月の片恋(★)
前回の煙管からの繋がりで今回は煙草そのものを取り上げさせて頂きますv

現代の煙草は細かく刻まれたものですが、煙管で吸う『刻み煙草』はウィキ曰く『干した葉を重ねて包丁もしくはカンナで糸のように細く切ったもの』とのこと。しかしこれ、一度博物館で見たことがあるんですが本当に細い!ちょっと見には本当に糸にしか見えないくらい細いんです\(◎o◎)/それを機械ではなく手で切っていたという・・・・・というか人間の手じゃないとあそこまで細く切ることは出来ないのかもしれません。
(もしかしたら日本人だけか・・・?)因みに職人が葉タバコを切る工程は以下のようになっております。

①まず葉に付着した塵を取り除く。
②まな板(台)に葉脈を抜き取って固く縛った束状の葉たばこを乗せる。
③葉の上から木の板(駒板あるいは押さえ板と呼ぶ)を当てがう。
④職人が体で押さえこむようにした上で駒板を少しずつずらしながら、包丁で葉たばこを細かく刻んでいく。

・・・となります。これがかなりの力作業だったらしいんですが、元手は包丁代くらいでなので、経済力を問題とせず始めやすい仕事だったとのこと。なので食い詰めた下級武士や浪人がこの仕事を行うこともままあったそうです。
また、お客の注文によって葉の細さを変えていたらしいんです。以前読んだ本では細ければ細いほど煙草の味がまろやかになるとかならないとか・・・むしろ煙草成分がたくさん出そうな気がするんですが(^_^;)まぁ、付加価値なんてそうやって付けるんでしょうけどね^^


ちなみに葉タバコを刻む職人のことを『賃粉切り(ちんこきり)』と言ったそうです。
賃粉切りという言葉は、賃金を取って葉たばこを刻む職人、そして賃金を取って葉タバコを刻むこと双方を指します。
当初は喫煙者自身で煙草を刻む『手刻み』が当たり前だったんですが、どんな時代でも人間楽な方に流れていく(爆)。
喫煙の広まりと共に刻んだ煙草が販売されるようになるのも自然の成り行きと言えるでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ
そのような中、17世紀末には行商に出て客の注文に応じて路上で葉たばこを刻んで売るお店が登場し、18世紀前半には煙草を売る店舗から葉たばこ刻みを請け負って手間賃をもらったりする職人が出てきたのが賃粉切りの始まりのようです。大体元禄くらいですかね~。豊かな時代になるとこういった嗜好品に関わる職業が出てくるのかもしれません。


そしてだれでもなれるだけに江戸時代の庶民にとって賃粉切りはなじみの深い存在であり、当時の川柳には賃粉切りが多く登場しているほか、井原西鶴の『好色五人女』や、歌舞伎、洒落本などにも取り上げられています。特に川柳は『賃粉=ちんこ』のその読みからシモに走る傾向が・・・以下の様な句が残っていたりします。

ちんこ切りなら怖いよと頑是なさ
きん玉の休む隙無き賃粉切り
煙草屋の娘ちんこが取りたがり
烟草やの娘ちんこを入たがり

・・・・・お後がよろしいようで(^_^;)
まだ私の作品には登場していない賃粉切りという職業、『紅柊』の方では使えるかも。そのうち登場するかもしれませんので、その時は『あ、あの時の記事が元ネタだな』と思っていただければ幸いですv

次回おぼえ書きは7/22、根付を取り上げたいと思います^^




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv
関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【拍手お返事&315円のピルケース】へ  【ならずの御職・其の参~天保五年七月の片恋(★)】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます

u様、ちゃんと投稿できてますよ~ヽ(=´▽`=)ノ 

こんにちは~(^^)ケータイからの投稿、ありがとうございます♪こんなに長い文章、大変だったでしょう(>_<)

twitter小説二作品完結に嬉しいお言葉ありがとうございます(*^_^*)いえいえ、追っかけてくださっただけで充分ですよ♪結局一番ポイントになるのが専用ページで読んでもらう、っていう事らしいので・・・そうでなくてもどんどん流れていくTLを追っかけてくださるだけで感謝、感謝ですヽ(=´▽`=)ノ

野暮天作間も何とか白萩(信乃)をゲットする事ができましたv火事で永遠の別れ・・・というのも考えましたが、落選の際このブログで続編を書くつもりでいますので(おいっ)、やっぱり白萩には生きていてもらわないと・・・。
ちなみにこの話、『夏虫』と一部リンクする予定です(作間自身試衛館に道場破りが来た時助太刀しているという設定ですし。さらに白萩も『夏虫』登場人物の誰かと遠縁という設定です^^)

『鹿鳴草~』で取り上げた横浜火事、地元でも知らない人が多いんですよ。実際私も知りませんでしたv遊郭は・・・知らなくても大丈夫ですから(;一_一)やっぱり港町だけあって需要はあったんですよね~。港崎から転々としまして結局戦前まで残っていましたし、建物がなくなっても『ハマのメリーさん』に象徴される街娼は未だにいます(この前も生活保護受けている在韓の70代女性が捕まっていたし、男の子もいたし・・・)
これからも横浜の歴史は取り上げていく予定ですので、宜しかったらお気軽に読んでやってくださいませvできるだけ史実を盛り込んでいくつもりです(*^_^*)
(政治がらみだと大磯や箱根での密談なんか面白いんですけど・・・まだまだ修行が足りません^^;)

新しいエッセイにもお言葉ありがとうございますね♪勿論行ったことがあります、『たばこと塩の博物館』♪あの入場料の安さであのボリュームはすごいですよね~!てか、ああいうところでお金取って税金の不足分をどうにかしろと思ってしまう(-_-;)
話を戻しまして、あのほっそいたばこ!手やカンナで切っていたんですって(>_<)さすがに最初から、というわけでは無かったでしょうけど。やっぱり日本人て器用なんですよね。これからも江戸時代の色々を改めて勉強してゆきますのでお付き合いのほど、お願いしますm(_ _)m

銀魂!最高でしたっ!後日改めて書かせて頂きますがめちゃくちゃ時間が早く感じました!内容は割愛させて頂きますが、こちらの平日午前の映画館は『マダオ』の集団・・・・・映画冒頭に出てくる場末の映画館と全く一緒の光景でしたv放映されていたのがポ◯ノか銀魂かの違いだけ(-_-;)ま、優雅に観れたんで良いんですけどねv

旦那の眼底出血にもお気遣いの言葉、ありがとうございます♪まさか40代でなるとは・・・取り敢えず服薬で何とか出来るとのことですので本人に頑張ってもらうしかありません(>_<)


沢山のコメント、ありがとうございます♪銀魂のレビューを書かれる頃、そちらにも足を運ばせて頂きますね~(^.^)/~~~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手お返事&315円のピルケース】へ
  • 【ならずの御職・其の参~天保五年七月の片恋(★)】へ