FC2ブログ

「Twitter小説」
逃亡者櫻 Page2

逃亡者櫻 地獄の帝王はアレクがお好き4

 ←夏虫~新選組異聞~ 第五章 第十話 黒い隊服・其の貳 →拍手お返事&選挙感想、そしてちょっとしたお知らせ
肉眼ではただ闇ばかりが広がる宇宙空間だが、物質サーチのモニターの中では激しい戦いが繰り広げられていた。パスカルの蝸牛形が係数を止めどなく変化させ、アレクに襲いかかるのだ。

「アレク!耐えられるか?」

ユウトが叫ぶ。

「何とかな!ところでまだθの値は4.235iにならねぇのか!」

アレクの悲鳴を上げながら、かろうじて『地獄の帝王』の攻撃を避け続けていた。だが、なかなかアレクの指定した数値にはならない。堪りかねた櫻がアレクに尋ねた。

「アレク、近似値じゃ駄目なの?」

「ああ、絶対に駄目だ!というかそれ以外だと絶対に避けられちまう!奴も判っているからその値を避けるような動きをしているんだろうけどよ・・・おっと!」

『地獄の帝王』の攻撃を避けながらアレクは返事をする。

「だけど絶対にその値になるはずだ!そこを外すなよ!」

何故アレクが4.235iという数値に拘るのか櫻には解らない。だが、幾多の戦場を経験したアレクだからこそ解ることもあるに違いない。櫻はジンジャーに打ち込み値を入力させると、物質サーチ画面に再び見入った。

すると突如ジンジャーとパプリカが動き出す。どうやら値が近づいてきたようだ。2台のHOPCは無表情のまま虚数値のカウントダウンを始める。

「4.232i・・・4.234i・・・4.235i!!」

その瞬間、青銀色のレーザーが砲口から発射された。青銀色の光は暗闇に吸い込まれ『地獄の帝王』を捉える。

「櫻!ユウト!亜光速で離脱しろ!」

不意にアレクの叫びが耳をつんざく。その声に反射的に櫻とアレクはそれぞれの船を離脱させる。

「あ、あれは!」

離脱しながら櫻が叫ぶ。宇宙船前面モニターには青銀に光る大きな人影―――『地獄の帝王』の悶える姿が闇の宇宙に浮かび上がっていた。



(7/15~7/21 twitterにて掲載)

Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv




4.235i―――この数字に拘る事によって何とか『地獄の帝王』の攻撃に成功することが出来ました♪何故この数字だったのかは後に廻しまして取り敢えず助かったと・・・(^_^;)これもアレクの経験が物を言いましたね。櫻だけだったら間違いなく闇雲に素粒子分解装置を撃ちまくった挙句、宇宙の屑と消えていたかもしれません。

明日からの連載は4.235iの種明かしと『地獄の帝王』の状況が中心となると思いますv(この話ばかりはどう変わるか判らない(^_^;)
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第五章 第十話 黒い隊服・其の貳】へ  【拍手お返事&選挙感想、そしてちょっとしたお知らせ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第五章 第十話 黒い隊服・其の貳】へ
  • 【拍手お返事&選挙感想、そしてちょっとしたお知らせ】へ