FC2ブログ

「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の十八・鞴祭

 ←拍手お返事&目薬とキッチンタイマー →紅葉と熊手と花魁と・其の壹~天保五年十一月の遊山
今ではあまり大々的にやられなくなってしまったけど、江戸時代にはかなり盛況だったお祭というものがいくつかあります。というか娯楽施設の少なかった当時、やっぱりイベント事で活気を得ようとしていたのでしょうか。ちょっと調べるとだいたい半月に一度は何かしらのイベントがあるんですよね~。師走前、一番行事が少ない11月でさえ『歌舞伎顔見世狂言』『酉の市』『鞴祭』『七五三』などがあります。で、今回は現代では馴染みが薄い『鞴祭』を取り上げたいと思います。

このお祭り、旧暦11月8日に行われるもので、鍛冶師、鋳物師、錺師、時辰師、箔打師、石職など普段鞴を使う家業の人々が行う稲荷祭、火の神(金山彦、金山姫)に捧げる祭りなんだそうです。お稲荷様というとどうしても『初午』のイメージが強いんですが、当時は11月にもあったんですねぇ・・・この日は山積み供物&灯明で祀るとのこと。

鞴祭当日ですが前述した職業の人々は仕事を休んでお客を招き入れます。その前には家事の繕い、畳替え、掃除なども済ませるとのことですので、鞴を使う職業人のお正月みたいな意味合いもあるのでしょうか。
さらに近所にはみかんや膳部の配り物をし、早朝には蜜柑撒きの催しもあるので近所の子供達は早起きして蜜柑を拾いに出かけたそうです。
となると大量に必要になるのが蜜柑!一説によると紀伊国屋文左衛門は鞴祭に間に合わせるため、嵐の中をおして紀州から江戸に蜜柑を運んだそうです。これが真実なのか伝説なのか定かではありませんが、運送業の熾烈な戦いを鑑みると『紀伊国屋文左衛門』かどうかはともかく、少しでも高く多く販売できるよう廻船業者がしのぎを削ったことは確かだと思われます(でも『紀伊国』と屋号を名乗っているくらいだから蜜柑で儲けていたとしても何ら不思議は無いかも・・・)

ハロウィンと言い鞴祭と言い子供らに大盤振る舞いをするこの季節。もしかしたら年末年始、大人たちが忙しくなる前のささやかなイベントなのかな~と、ふと思ってしまいました。


次回おぼえ書きは時期的に七五三か、それとも白魚漁か・・・どちらかを書かせていただきます(^^)



【参考・引用文献】
江戸の暮らしの春夏秋冬 (KAWADE夢文庫)
江戸の歳事風俗誌 (講談社学術文庫)


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv
関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【拍手お返事&目薬とキッチンタイマー】へ  【紅葉と熊手と花魁と・其の壹~天保五年十一月の遊山】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手お返事&目薬とキッチンタイマー】へ
  • 【紅葉と熊手と花魁と・其の壹~天保五年十一月の遊山】へ