FC2ブログ

「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の三十七・六阿弥陀詣

 ←ボカロ小説 réincarnation3~今迄の道程、そして新たな道程 →桜葬・其の参~天保六年三月の思い出(★)
ようやく暖かくなってきたかと思ったら今日って彼岸の入りなんですよね。『暑さ寒さも彼岸まで』とは昔の人もよく言ったものです(今年はまだ油断できませんが^^;)
現代ならお墓参り&ぼたもち(牡丹餅。同じものでも秋だとお萩、その他だと北窓やら夜船だとか言うらしい・・・)が定番ですが、江戸時代にはもうひとつ『六阿弥陀詣で』というものが行われておりました。
大雑把に説明しますと、阿弥陀様がお祀りされている寺院を太陽の運行にそって東→南→西へと参拝するんだそうです。これって『西方浄土信仰』なんかも絡んでいるんでしょうかねぇ(・・?
で、お正月の『七福神巡り』同様、こちらも色んなコースがありました。その中で特に有名なのが『西方六阿弥陀』『山手六阿弥陀』『北方六阿弥陀』のだったとか。どのコースも日本橋を起点におよそ30kmの行程で、『六ツに出て六ツに帰る六阿弥陀』と一日で巡礼するのが原則だったそうです(地元だったらもっと距離は短くて済むかも→おいっ)
丁度お彼岸の時期ですから12時間位ですかねぇ・・・半日で30km、私は徒歩じゃ無理かもしれない(-_-;)さすがに現代だったら電車やバスを使って、ってことになるのでしょうが、もし徒歩でチャレンジするのであればウォーキング上級者じゃないと難しいかもしれません(^_^;)
ちなみに詳しいコースはこんな感じだそうです。

【西方六阿弥陀】
一番・西大久保大養寺→二番・飯倉善長寺→三番・三田春林寺→四番・高輪正覚寺→五番・白金正源寺→六番・目黒祐天寺

【山手六阿弥陀】
一番・四谷了学寺→二番・四谷西念寺→三番・青山高徳寺→四番・青山善光寺→五番・青山梅窓寺→六番赤坂竜泉寺

【北方六阿弥陀】
一番・駒込西福寺→二番・足立延命寺→三番・西が原無量寺→四番・田畑与楽寺→五番・下谷・常楽院→六番・亀戸常光寺

次回おぼえ書きは3/25、そろそろ桜前線が関東目前まで来る頃だと思うので、花見にまつわる話を取り上げたいと思います(*^_^*)


【参考・引用文献】
江戸の暮らしの春夏秋冬 (KAWADE夢文庫)


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv
関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【ボカロ小説 réincarnation3~今迄の道程、そして新たな道程】へ  【桜葬・其の参~天保六年三月の思い出(★)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ボカロ小説 réincarnation3~今迄の道程、そして新たな道程】へ
  • 【桜葬・其の参~天保六年三月の思い出(★)】へ