FC2ブログ

「雑  記」
拍手お返事&おまけ

拍手お返事&イメージってコワイ(笑)

 ←烏のがらくた箱~その十五・高速道路 →夏虫~新選組異聞~ 第一章 第十三話 誠の恋、偽りの恋・其の壹
今朝のニュースで拝見したのですが、つい先日優勝した某人気プロゴルファーが『同年代のA/K/B/48/のコンサートに行ってみたい。』と言った途端、会場の女の子達から『え~!』と不満げな声の大合唱にあっておりました。
彼も10代の男の子、そりゃ人気アイドルのコンサート(しかも同年代で頑張っている)くらいちょこっと覗いてみたいと思うでしょう。おばちゃんとしてはむしろ『ああ、彼も普通のオトコノコなんだ~。』と微笑ましく思ったんですけどねぇ。
そういえば教師役で有名な某俳優さんも、おねぇちゃんがいるお店において『金/八/先//生/がこんな事をするなんて~!』と泣かれてしまったそうです(これでどなたのエピソードかお判りですよね・爆)。本人は『そういう店に行ってお触りさえできない。』と嘆いておりましたが、人々が抱くイメージってそういうものですよね~。


こういう歴史物を書いていると色んな研究者様の調べられた資料に出会うことも多いのですが、時折、というよりかなり頻繁に(え゛)自らが抱いているイメージに囚われてしまっていらっしゃる方がいるのです。特に新選組関連は多いようで・・・・・。基本的に子母澤先生の新選組三部作が研究のベースになってしまっているから仕方が無いのかもしれませんが、有名研究家よりむしろ地道に調査をしている子孫の方々や無名研究家の調査の方が史実に近かったり、という事も(爆)。そういう方は『ヒーロー』ではなく『一人の人間』として対象を見ているんですよね。だから変なフィルターをかけたりしないんだと思います。
これは現代の人間においても言えるんじゃないでしょうか。所詮人間、聖人君子なんてそうそう居ませんって(爆)。個人的にはイメージを裏切ったところにある人間の深さが大好きですv(そういうところが小説になるんですものvネタネタ←最低。)


昨日のエッセイにたくさんの拍手ありがとうございますvしょうもない夫婦の実態ですが、共感していただけたのでしょうか(笑)。三芳PAも機会がございましたら是非立ち寄ってみて下さいませね(上杉謙信、直江兼嗣を堪能した後、関東方面に向かうというコースがオススメですv)
お返事たたんでおきます(^^)







☆K様
お帰りなさいのお言葉、ありがとうございます~v帰ってきましたよ(笑)。本当にGWとかお盆休みとかの長期休暇って主婦の戦場ですよね~。私なんかは出向く方だからまだしも、お出迎えする方はさらに大変だと思います。Kさんもお疲れ様でしたv
へぇ~『戸塚~な』に(これ、はまりました・爆)ご主人とお二人で行かれたのですか?確かに電車内っていうのも会話に困りますよね~。他人同士のような静寂って(爆)・・・・・しかしある意味電車の中で大人しい旦那様は憧れかも。ほら、うち『鉄』なんで先頭車両にへばりついて延々と運転手さんの後頭部を見続けやがるんですよ(T T)。あの時ばかりは『他人のような』ではなく『他人の振り』をしたくなります。あれを見たら多分電車の中で黙っていてくれるご主人に感謝すると思いますよ~。
ではでは、また改めて例の件でメールいたしますねvコメントありがとうございました(^^)
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のがらくた箱~その十五・高速道路】へ  【夏虫~新選組異聞~ 第一章 第十三話 誠の恋、偽りの恋・其の壹】へ

~ Comment ~

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです

T様、初めまして(^^) 

こんにちは、この様な辺境へわざわざ脚を伸ばしていただきありがとうございますm(_ _)m
T様は『葵と杏葉』がお好きなのですねv拙宅の小説では斉正&盛姫ラブラブモードで書いておりますが、史実においてもこの時代の夫婦にしては珍しく夫婦仲が良かったぽいんですよ(笑)拙いながらもこんな感じでぽちぽち書き進めて参りますのでお時間がございましたらたま~に覗きに来てやって下さいませv

おお~、貞丸好きが高じて図書館で関連本を!さぞや大変だったとお察しします。私自身も佐賀県に在住している訳ではないので資料を探すのに苦労をしておりますから(苦笑)。本屋さんや通販で入手できるものは勿論、佐賀の資料館や美術館、図書館のHPやWikipediaにすがっております。(そんな状況に同情して下さったあるお方が何冊か本のタイトルを教えて下さったりも・・・・・皆様、同様の苦労をなさっているみたいです^^;)

司馬遼太郎先生の『肥前の妖怪』『アームストロング砲』も読まれたのですね。確かに拙宅の駄文とはあまりにイメージが違いすぎるかも(爆)。以前の研究では鍋島直正=スターリンのような絶対君主と思われており、司馬先生はその研究内容に忠実に小説を書かれているのですが、現在は鍋島直正=協調型君主的だったという学説がメインみたいです。
森銃三先生の『鍋島閑艘と古賀鼓堂』は未読なのですが、T様のおっしゃる『人情味があって、家臣に強く出れないのに結局自分を通す』という貞丸が一番史実に近いのかも知れません(^^)。
さすがにプロの作家様の作品に比べたら見劣りがする『葵と杏葉』ですが、女性から見た男性のかわいらしさを出しつつ独自色を出していきます(^^)。

次回からご隠居殿&取り巻きの妨害がさらにエスカレートしていきますが、茂義や茂真兄ちゃんと共に貞丸も頑張りますので、盛姫のように応援してやって下さいませv
そして密かに茂義も頑張らせますのでこちらもできましたら応援よろしくお願いいたしますm(_ _)m

お忙しい中、コメントありがとうございますね~v
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【烏のがらくた箱~その十五・高速道路】へ
  • 【夏虫~新選組異聞~ 第一章 第十三話 誠の恋、偽りの恋・其の壹】へ