FC2ブログ

「Twitter小説」
砂漠の星の物語 Page1

砂漠の星の物語~ゲノム精査3

 ←夏虫~新選組異聞~ 第六章 第十一話 第二次長州討伐と将軍崩御・其の参 →拍手お返事&旦那が二泊三日の出張に旅立ってしまったので・・・
マフディの命令を受けたバドゥルはファラ達4人を軍医務局へと連れて行った。

「じゃあコレを手首につけて。だいたい一時間位で終わるけど何か見たいものとかある?待っている間暇でしょう?」

医務局の女医がブレスレット型計測器を渡しながら微笑む。

「じゃあアウラニイスの紹介画像でも見せてください。ラグナラではあまり画像を見るっていう習慣がないんで、できれば風景画像なんかで」

「そうね。じゃあ海洋の記録映画にでもしておきましょうか。あれなら解説もラグナラ語に切り替えられるし」

そう言うと女医はスタッフに映像流すように指示した。

「あとマフディ参謀副長官からこのアンケートに答えさせてくれって命令が出ているの。ねぇ、ラグナラ人って発情期が決まっているって本当なの?」

「ええ、そうですが・・・皆、そうだよな?」

バドゥルが女医の言葉を翻訳して伝えると、4人の娘達全員が頷いた。

「それって当たり前のことじゃないの?発情期が無かったら子供ができないじゃない」

アイーシャの言葉に4人の娘達は顔を見合わせる。

「それが発情期があるのはラグナラ人だけみたいなんだ」

バドゥルの言葉に4人は驚きの表情を浮かべた。

「信じられない!じゃあどうやって子供を産む時期を知るの?すごく不合理じゃない?」

「・・・だよな。でも俺の指導教官に聞いたらアウラニイス人は一年中子供が産めるらしいぜ」

バドゥルの言葉に4人は納得しかねるといった表情を顕にする。たしかにそうだろう、バドゥル本人でさえもいまいち納得していないのだから。

「もしかしたら環境のせいかもな。砂漠じゃ子供を育てるのも大変だし」

「そうかもね」

4人のラグナラ乙女達はそれで納得しバドゥルは簡単に今の会話の内容を女医に告げる。

「ふぅん・・・もしかしたらゲノム精査でその理由も判るかもしれないわね」

それは女医の淡い期待であったが、後にその言葉が現実となることに彼女はこの時点で気付く事はなかった。



(3/17~3/23 twitterにて掲載)

Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv




自分の地域の常識は、他所の地域の非常識・・・そんな感じの話を書いてみたかったんです(^_^;)てなわけで、ラグナラ人では当たり前の発情期だけど、他の地域に人間にはあり得ない・・・(-_-;)的な展開になりました。
ほら、砂漠の生きものって貴重な雨の時に一斉に繁殖を行うじゃないですか。あんな感じですよ(おいっ)なので雨季に入ったこの時期にラグナラ人の繁殖期が重なったとしても不思議はないわけです(きっと子供が生まれる頃に植物なんかも実を付けたりするんだと思う・・・)
ただ、そんな自然環境だけでは説明しきれない事もあるわけで・・・明日からの連載ではラグナラ人のゲノムが徐々に明らかになってゆきます。
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第六章 第十一話 第二次長州討伐と将軍崩御・其の参】へ  【拍手お返事&旦那が二泊三日の出張に旅立ってしまったので・・・】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第六章 第十一話 第二次長州討伐と将軍崩御・其の参】へ
  • 【拍手お返事&旦那が二泊三日の出張に旅立ってしまったので・・・】へ