FC2ブログ

「紅柊(R-15~大人向け)」
乙未・春夏の章

黄昏時の逢瀬・其の貳~天保六年五月の進展(★)

 ←拍手お返事&本日検査結果を聞きに行ってきます(>_ →烏のまかない処~其の百五十一・成城石井のコーヒーゼリー
 出会い茶屋の小さな部屋に差し込む夏の日差しが微かに夕暮れの気配を滲ませる。ほんの少しだけ色褪せた陽光に包まれながら、芳太郎は掠れた声で縫に誓った。

「大丈夫。絶対に俺がお縫さんを守ってみせるから・・・・・・だから怯えないで」

 芳太郎は囁くと縫の顎を取ると半開きになった唇を奪い、更に深い接吻を仕掛ける。その接吻に応えるように、縫も己の口の中に侵入してきた芳太郎の舌を強く吸った。
 縫の積極的な行為はただ純粋に芳太郎を求めるものなのか、それとも忍び寄る前夫の影に怯えているからなのか、それは定かではない。だが、どちらにしても縫の欲求に応え、満足させる自信はある。芳太郎は縫の胸許に手を差し入れながら、その華奢な身体を敷布団の上にそっと押し倒した。

「お縫さん、絶対にあなたを娶りますから・・・・・・あいつの事なんか今は忘れて」

 芳太郎は切なげに縫の耳朶に囁くと、啄むように白い喉元に唇を這わせる。そのこそばゆい感触に、縫は思わず甘い吐息を漏らした。

「よ、芳ちゃん・・・・・・」

 芳太郎の唇や舌が生み出すぞわり、とした快感に身を捩ったその動きを利用し、芳太郎はさらに縫の胸許を大きく開いた。すると着物の上からは想像できないほど豊満な乳房が露わになり、勢い余ってふるり、と揺れる。
 若い娘とはまた違った、触れると蕩けてしまいそうな柔らかさを持つ双丘を両手で包み込むと、芳太郎は少し強引に嬲り始めた。

「お縫さんの乳は本当に柔らかくて心地よくって・・・・・・こうやって手で包んでいると蕩けてしまいそうだ」

 いつの間にか首筋から胸の谷間に舌をずらしていた芳太郎が、まるで饅頭でも齧るように縫の左胸に軽く歯を立てる。

「んんっ!」

 少し痛かったのか一瞬眉をしかめた縫だったが、歯型の着いたその部分を芳太郎が念入りに舐め続けるに従って、それは恍惚の表情へと変わってゆく。

「よ、し・・・・・・ちゃん」

 しつこく乳房を嬲る芳太郎を縫は甘ったるい声で呼びかけ、その頭を胸に抱え込んだ。その声に誘われるように芳太郎はさらに縫の乳房を口に頬張り、紅い刻印を刻みつけてゆく。だが、その頂きですっかり固く凝ってしまった一番敏感な桜色の実には一切触れようとせず、わざと縫を焦らすようにその周辺ばかりを嬲り続けるのだ。そんな芳太郎の老練な愛撫に耐え切れなくなった縫は、はしたなく芳太郎を求めてしまう。

「芳ちゃん、ねぇ・・・・・・乳首、しゃぶって」

 羞恥に首筋まで赤く染めつつ訴える縫の求めに芳太郎は頷くと、焦らしに焦らされ痛いくらいに勃ってしまった縫の左胸の乳首を、赤子のように軽く吸い上げた。

「はうっ」

 縫はひときわ大きい嬌声を上げるが、芳太郎は愛撫を止めるどころか乳房をさらに嬲り続ける。唾液に濡れた乳首を甘噛みし、芳太郎の手の中で熱を帯びてゆく乳房を思うがままこねくり回す。芳太郎の掌に収まりきらなかった右の乳首は芳太郎の指の間に挟みこまれ、軽く拗じられる。一見乱暴に見えつつも、縫の快感をぎりぎりのところで引き出す絶妙な手管に、六歳年上の縫はいいように翻弄されてしまうのだ。そんな縫を身体の下に感じつつ、芳太郎は不意に縫の胸から顔を上げる。

「心地よさそうですね、お縫さん。こんなに乳首を勃たせながら気持ちよさそうに啼くなんて・・・・・・ますます俺、お縫さんに夢中になるじゃないですか」

 欲情に満ちた笑みを浮かべると芳太郎は今度は右胸の乳首に吸い付き、左胸の乳首を親指と人差指で軽く摘んだ。
 決して強い愛撫ではないが、芳太郎によってすっかり女の快楽を教えこまれてしまった縫の身体は、微かな悪戯にも敏感に反応してしまう。
 芳太郎の唾液に濡れた豊満な乳房は黄昏の光に艶めき、紅の落ちてしまった唇は桜色に染まりながら芳太郎の名をうわ言のように呼ぶ。愛しい男の名をうわ言のように呼び続けるふくよかな唇からはちらりと縫の小さな舌が垣間見え、差し出された芳太郎の指に触れるとまるで子猫のように芳太郎の指に舐り付いた。

「・・・・・その舐め方、色っぽすぎますよ、お縫さん」

 乳首を甘噛みしながら芳太郎は縫に語りかける。乳首を舐られるのとはまた違う、その不規則な甘噛みの刺激に縫は恨めしげに目で訴えたが、芳太郎は己の指を縫の口に押し込みつつ縫の乳首を口に含んだまましゃべり続けた。

「何だか俺の逸物を舐られているみたいで、ゾクゾクする」

「・・・・・・もう、そんな恥ずかしいこと言わないで」

 芳太郎の指を吐き出し、消え入りそうな声で縫は訴えるが、芳太郎はさらに意地悪く縫を追い詰めてゆく。

「何が恥ずかしいんですか。俺とお縫さんの仲なのに・・・・・・お縫さんだって好きでしょう?ここを舐められるの」

 芳太郎は縫の左胸の乳首を嬲っていた指を止めると、するりと縫の太腿へと手を滑らせた。

「やっ、そ、そこは・・・・・・」

 縫の頬がさらに紅く染まったのは黄昏の明かりだけのせいではない。芳太郎はわざと焦らすように蹴出しの上からさわさわと太腿を撫でまわし、縫の反応を伺った。

「俺だけですよ。お縫さんにあの恥ずかしくて心地よい快楽を与えられるのは――――――園田さんの許しも得ているんですから、とことんまで堕ちてゆきましょうよ」

 普段の品行方正な芳太郎とは思えぬ背徳的な囁きに、縫は目を潤ませる。だが、それは拒絶の涙ではなく、期待と欲望へと堕ちてゆく女の業の涙であった。

「芳ちゃん・・・・・・軽蔑、しないで」

「勿論ですよ。どんなお縫さんだって、俺の愛しい人なんですから」

 芳太郎は甘く、優しく縫に語りかけつつ身体を起こし、縫の着物の裾を一気にまくり上げた。



 色濃くなった黄昏色に、縫のむっちりと脂の乗った太腿が染まる。芳太郎は縫の膝裏に手をかけると一気に押し開き、女の秘めどころを一気に黄昏の明かりの下に晒した。

「やっ・・・・・・だめっ」

 その少々強引な行為に縫は軽く抵抗を見せたが、それは芳太郎によって阻まれる。膝裏を押さえつけられ、ひっくり返った蛙のように押さえつけられた縫の脚の最奥は、既に潤みきって茜色に淫猥に輝いていた。そして芳太郎の視線にさらに昂ぶりを覚えたのか、物欲しげにひくつく蜜壺からとろりと一筋甘露が溢れ、尻の谷間へと伝っていく。

「ほら、やっぱり身体は正直だ」

 あまりに淫猥なその光景を目の当たりにして嬉しそうに呟くと、芳太郎は迷わず濡れて光り輝く縫の花弁に唇を近づけた。そして更に零れ落ちそうになる甘露を、快楽に震える花弁ごと軽くひと舐めする。

「ああんっ」

 その瞬間、鼻にかかった甘ったるい声を上げ、縫が身体を跳ね上げた。そして自分の太腿の間にある芳太郎の顔を挟みこむが、芳太郎はその内腿を両手で軽くくすぐりつつ舌先で濡れた花弁を弄ぶ。ぴちゃぴちゃと子猫が水を舐めるような淫蕩な濡音と共に感じる芳太郎の柔らかな舌先、そして時折軽く立てられる歯の感触に縫は身悶え、甘ったるい嬌声を上げ続ける。
 だが、充血し、顔をのぞかせている花芽には一切触れようとはせず、時折軽く息を吹きかけ縫を焦らすのだ。その焦らしに耐え切れず、縫はとうとう音を上げた。

「ねぇ、芳ちゃん。お願いだから・・・・・・あそこも・・・・・・舐って」

 恥ずかしがりつつも一番敏感な場所を舐ってくれと訴える縫の懇願に、芳太郎は愛撫を一旦止め顔を上げる。

「じゃあ、俺の頼みも聞いてくれる?」

 何かを企んでいるような笑みを浮かべつつ、芳太郎は縫にとんでもない事を言い出した。

「ちょっとでいいから、俺のも舐めてほしいな」

 甘えるようなその言葉に、縫は驚きに目を丸くする。だが、芳太郎は諦めようとせず触れるか触れないかの絶妙な感覚で縫の花芽をそろりと撫で上げる。その行為に縫は思わず腰を浮かすが、芳太郎は意地悪く指をサッと離してしまう。

「だってここを舐めるとお縫さん、すごく気持ちよさ気じゃない。その気持ちよさ、俺も少しは味わいたいな」

 まるで子供に戻ってしまったかのような芳太郎の物言いと、『縫が味わっているものを自分も経験したい』という願いにほだされたのか、思ったより縫はすんなりと頷いた。

「す・・・・・少しでいいなら。でも・・・・・あまりうまくないかも・・・・・」

「そんなの気にしないでよ!俺だって無茶を言っているのは百も承知なんだから」

 そう言いながら一旦縫から身体を離すと、芳太郎は仰向けに寝転がった。

「お縫さん、俺の胸に跨って」

「え?」

 思いもしなかった大胆な体位に縫は尻込みするが、芳太郎は縫の腰を抱えつつ耳許に唇を寄せた。

「別に俺の膝の間に入ってくれても構わないけどさ。それだとお縫さんを可愛がってあげられなくなるし、お縫さんが俺の逸物を舐っているところをじっと見つめちゃいそうだから」

 そう言いつつ芳太郎は強引に縫の腰を持ち上げ、己の胸に跨がらせた。確かに大胆すぎる格好だが、芳太郎の視線を感じるこはない。

「軽い口づけくらいでいいから・・・・・お願い、やってみて」

 切なげな芳太郎の言葉に、縫は芳太郎の下帯から逸物を引っ張りだす。そして縫の掌の中でヒクヒクと脈打つそれにちろり、と舌を這わせた。その瞬間、低い呻き声とともに芳太郎の身体が縫の下で硬直する。

「芳・・・・・ちゃん?これで、いいの?」

 明らかな反応だったが、それでも自信が持てず縫は恐る恐る芳太郎に尋ねた。すると縫の背後から芳太郎の快感に掠れた声が聞こえてくる。

「うん。お縫さんの舌、気持ちいいよ・・・・・・・」

 まるで犯される少女のような声を上げる芳太郎に、縫の悪戯心がむくむくと頭をもたげ始めた。縫は元来気の強い女である。受け身に回るよりむしろ攻め手に回るほうが性に合っているのかもしれない。

「じゃあこんなのはどう?」

 縫は色っぽい笑みを浮かべつつ、ちろちろと芳太郎の先端から裏筋に向かって舌を這わせた。その舌の感触に芳太郎は身悶える。

「お縫さん、何でそんなに・・・・・・うわっ」

 先端をちゅぷり、と吸い上げられた芳太郎は思わず声を上げてしまう。このままでは縫の思うがまま弄ばれてしまう―――――――主導権を奪われそうな危機感を感じた芳太郎は、無防備に自分の目の前にさらけ出されている縫の濡れそぼった秘所に顔を近づけ、充血した花芽を一気に吸い上げた。



UP DATE 2014.5.14

Back   Next


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
INランキング参加中。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


  
こちらは画像表示型ランキングです。押さなくてもランキングに反映されます。
(双方バナーのリンク先には素敵小説が多数ございます。お口直しに是非v)

 



ははは・・・話の展開上やむを得ないとはいえ(え゛)ひたすらエロな『黄昏時の逢瀬・其の貳』です♪ていうか、本当はこの時代69なんて体位があったのかどうなのか極めてびみょ~なのですが(^_^;)そもそもフェ◯チオ自体、チャップリンの愛人の暴露話によって日本に広まったとか言う話を、どこかのお店にあった週刊誌で読んだような気がするんですよね~(-_-;)←ソースがソースなので正しさについては大いに疑問が残るのですがチャップリンの愛人が、というところにインパクトを感じて未だに覚えている。もう少しまともな事を覚えていろよという気もしますが(^_^;)

てなことで『史実的』には疑問が残るのですが、まぁエロ小説ということでご容赦を(^_^;)いちいち気にしていたらネタのバリエーションが無くなるんです(>_<)『相舐め』なんて言葉もありますしぃ~♪(どちらも比較的新しい言葉みたいですが)
次回更新は5/21、このままエロ街道突っ走りますっ!
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【拍手お返事&本日検査結果を聞きに行ってきます(>_】へ  【烏のまかない処~其の百五十一・成城石井のコーヒーゼリー】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手お返事&本日検査結果を聞きに行ってきます(>_】へ
  • 【烏のまかない処~其の百五十一・成城石井のコーヒーゼリー】へ