FC2ブログ

「雑  記」
拍手お返事&おまけ

拍手お返事&風雲!まつもと城

 ←ボカロ小説・枝ノ護人~朱雀の章・2 →烏のおぼえ書き~其の四十六・旅行李
・・・タイトルが昔懐かしい某バラエティ番組のパロディだと判る方はどんだけいらっしゃるんでしょうかww

てなわけで、滞在時間4時間ほどという強行軍で長野・松本城見学へ行ってまいりました♪戦国時代に建てられたままそのまま現代に残っている国宝・松本城。今まで幾つかお城を見てまいりましたが、今回ほど『戦うための城』というのを感じたことはありませんでした。

写真で見ると威風堂々としていますが、意外とこじんまりしています。というか後世に作られた月見櫓以外要らないものをとことんまで削ぎ落としたストイックさとでも言うんでしょうか。豪勢さも華やかさも決して無いのですが、きりりとした野武士のような佇まいのお城です。
で、国宝でありながらこちらの天守、見学することができるんですよ(*^_^*)手で触れることができる国宝なんて早々ないじゃないですか♡思わず柱とかペタペタ触っちゃいましたよ(おいっ)当時は槍鉋しか無かったので柱が少し凸凹しているのですがそれもまたいい味を出しておりまして(*´∀`)
本当だったらそれこそ舐めるよに見学したかったのですが、私のツレは電車以外の見学となると途端にせっかちになるもので(^_^;)ごく普通のペースで見学をいたしました。
しかし、ここの階段が・・・・・・6層あるんですが、そのうちの4層目から5層目に上る階段が何せ急でして(>_<)というのも、本来の御座所は4層目で、5層目、6層目は非常事態のための部屋らしいのです。なので敵に簡単に昇られないよう急な造りになっているらしいのですが・・・あれは間違いなく一段40cm近くあった!てかもしかしたらそれ以上あったかもしれない・・・太腿を胸にまで引き上げなけりゃ上がれない階段なんて初めてでしたよ(T_T)お陰様で次の日は筋肉痛でした・・・行くならミニスカートは止めておいたほうがいいかと思われます。てか、鍛えていくべきだった(>_<)

たいていのお城は一度や二度火事にあっていたりするのですが、現代まで残った松本城。やはり国替えが多かったのが原因なんでしょうか?パンフレットを見たらしょっちゅう国替えが行われていろんな大名家が松本城に入っていたらしいんですよね~。いつ国替えが起こるか解らない&お米の収穫も決して多くない信州の状況では今あるお城を大事に使わないと途端にとんでもない赤字に襲われそう(-_-;)勿論戦国時代からある貴重な建物を大事に使おうという考えもあったかもしれませんが現実的な問題も絡んでいたんじゃないかと・・・そのお陰で我々は戦国時代の貴重な建築を現代に見ることが出来るんですけどね(*^_^*)
惜しむらくは戦国時代の城郭特有の『縄張り』を全く勉強していなかったことですかねぇ・・・『縄張り』が解ると戦国時代のお城ってものすごく面白いんですけど、天守だけで一杯一杯で(^_^;)これから行かれる予定の方は是非『縄張り』も予習していかれると更に面白いと思われますよ(*^_^*)


拍手コメントありがとうございます♪お返事以下に書かせていただきますね(*´∀`)







☆Nぽ様
こんにちは(*^_^*)日曜出勤まであったお忙しい中、ご来訪ありがとうございますm(_ _)m

まずは『紅柊』感想お返事からv年下彼氏CPのこの二人、芳太郎のやりたい放題で縫が振り回されております(^_^;)男なんて甘やかすとろくなことがないww御様御用も間近、親にも何とか認められそうという中での『勝者の余裕』をかましている芳太郎、あまり無茶をして縫に怒られないことを願います(^_^;)
チャップリンの話、情報源が何せ週刊誌ですから極めてアヤシイのですが・・・世の中にはいろんな人がいますから江戸時代にもこういった愛撫はあったんじゃないかな~と思い込むようにしております。でないとネタが・・・orzそれっぽい嘘をうまく吐きつつ江戸らしい叙情を出せるよう努力いたします♡

『夏虫』の感想もありがとうございます(*^_^*)そうなんですよね~局長(-_-;)変なところでふらつきますんで、拙宅の近藤は。まぁ幕臣取り立てを部下の妾でふいにしたくないというのは理解できるのですが、このささやかなジコチューな考えが新選組にひびを入れていくことになりそうです。
そんな局長の命令で別れなければならない総司と小夜ですが、土方が何か吹き込もうとしているようで・・・それが優しい兄分としての顔なのか、役に立たなくなりそうなものは弟分でも切り捨てる鬼の副長の顔なのか次回をお愉しみ下さいませv

エッセイにも一つ一つお言葉ありがとうございます(*´∀`)
父親は何とか炎症で済みました(^_^;)まぁ年齢が年齢なのでいつ何が起こってもしょうがないとは思っているのですが・・・一番面倒なのは父親の精神的ケアだったりします。(入院手続きや物理的な多忙はどうにでもなりますが)

成城石井のコーヒーゼリー、ほろ苦も混じっているのですが全体的には甘党向きかもしれません。ただ、コーヒーが苦手な方でも美味しくいただける味ですので、お金がある時に是非v確か300円でお釣りがきたはずです。(267円だったか・・・覚えていない^^;)

武鑑、必要なものだったとはいえ毎年更新がなされていたのはさすがです。幕末どころかさらに平和な文化・文政時代あたりでもどこかしらの藩の人事は変わっているので情報収集も大変だったと思うのですが・・・そこは日本人のオタクDNAが活きているのかもしれません。ヲタ達はどこからとも無くとんでもない几帳な情報を入手しますので、きっと当時の大名ヲタク達が武鑑を作り上げたんだと勝手に妄想しております(^_^;)

松本城レポート、上記のようになりましたがいかがでしたでしょうか?お城本体は勿論、縄張りもできたら見たほうがいいかと思われます。あと、車でいけたなら『投汁そば』も頂きたかったんですがそれは無理でした・・・(松本近くの名物らしく美味しそうなんですよね~)

今週も一つ一つの記事にコメントありがとうございます(*^_^*)また更新の際伺わせていただきますね~(^_^)/~
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【ボカロ小説・枝ノ護人~朱雀の章・2】へ  【烏のおぼえ書き~其の四十六・旅行李】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ボカロ小説・枝ノ護人~朱雀の章・2】へ
  • 【烏のおぼえ書き~其の四十六・旅行李】へ