FC2ブログ

「Twitter小説」
砂漠の星の物語 Page2

砂漠の星の物語~いにしえの罪の伝達者4

 ←夏虫~新選組異聞~ 第六章 第二十話 そして一石は投じられた・其の肆 →ボカロ小説・枝ノ護人~朱雀の章・3
ユウトの話を聞くために軍医務局長、ゲノム解析担当女医、ラグナラ人医療専門医、そして参謀副部長のマフディとラグナラ人代表としてバドゥルが医務局第3会議室にやってきた。この部屋は小さいながら長時間会議をするための施設が充実しているからだ。

ユウトはそんな会議室の施設を確認したあと、集まってきた面々を見回した。

「わざわざ集まって頂きありがとうございます。詳細は後ほど俺のHOPCから軍のデータベースに送信させてもらいますが、取り敢えず簡単に『ウツロブネ・プロジェクト』がどういうものか説明します」

ユウトの言葉に全員が緊張の面持ちで頷く。

「そもそもウツロブネ・・・虚ろ舟とは俺の祖先が住んでいた日本の伝説の一つです。窓がある鉄製の船で窓があるという、オールドタイプの宇宙船のような形をしていた船で、中に女性が乗っていたと伝えられています」

「女性が、ですか?」

ゲノム解析担当女医がユウトに尋ねる。

「ええ、異国の風体をした女性だと伝えられています。さらにその女性は何か箱を持っていたとも・・・この寓話をプロジェクト・ネームにしたのが今回の件なのです」

ユウトは一旦言葉を区切り、眉を少ししかめつつ続きを語り始めた。

「つまり未宇宙船を『虚ろ舟』に見立て、地球人の遺伝子を太陽系以外の未知の星へ広げようと画策したのです。何せこのプロジェクトが立ち上がった時、第三次太陽大戦の真っ最中でしたから」

「あの人類滅亡寸前までいったという、あの大戦の最中ですか?」

軍医務局長が顔を強張らせつつユウトに確認する。

「ええ、正にその大戦です。だからこそ俺の先祖は新たな人類を作り出し、太陽系から離れた場所に送り出そうとしたのでしょう」

忌まわしげに唇を噛み締めたユウトは一旦天井を見上げた後、直系の先祖が犯した犯罪行為―――人間の生殖細胞を改造し、あるかどうかも解らない新天地へ送り出した忌まわしいプロジェクトの詳細を話し続けた。



(5/19~5/25 twitterにて掲載)

Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv




ユウトの話を聞きに集まってきたのは軍の医療関係者とラグナラ人救済の担当者であるマフディ、そしてラグナラ人代表としてのバドゥルの5人でした。バドゥル以外は比較的冷静に話を聞くことができそうな連中ばかり、というところでしょうか。
そしてユウトが語りだしたいにしえの大罪・・・それは人類滅亡の危機から行われたプロジェクトだったようです。まぁ得てしてこういったろくでもない人体実験は戦時中に行われますからねぇ(-_-;)(第一次、第二次世界大戦で行われた人体実験の数々をちょっとググっていただければ理解してもらえると思います。正直ここに書くことさえ忌まわしい・・・><)

明日からの連載は『ウツロブネ・プロジェクト』についてさらにユウトが語ってゆきます。
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第六章 第二十話 そして一石は投じられた・其の肆】へ  【ボカロ小説・枝ノ護人~朱雀の章・3】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第六章 第二十話 そして一石は投じられた・其の肆】へ
  • 【ボカロ小説・枝ノ護人~朱雀の章・3】へ