FC2ブログ

「Twitter小説」
砂漠の星の物語 Page2

砂漠の星の物語~偽りの神の手1

 ←夏虫~新選組異聞~ 第七章 第三話 正月の居続け・其の参 →拍手お返事&誰だよ、今年は冷夏だって言ったのはっ(#・∀・)
「・・・という事情で、500年前に我々の祖先が送り出した『ウツロブネ』がラグナラに到着、アウラニイス文明に極力影響を与えぬよう細心の注意を払いながら暮らし続けていたというわけです」

ユウトはそこまで話し終えるとふぅ、と大きく息を吐きだした。

「500年・・・そんな短い歴史しか無かったのですか、ラグナラには!」

ユウトの話を聞き終えた軍医務局長が思わず叫ぶ。

「確かに500年前の我々は、拙い望遠鏡くらいしかラグナラを観測するすべを持っていなかったが・・・俄には信じられん」

「すみません、一つ質問をしてもいいでしょうか?」

不意に声を上げたのは今まで部屋の隅でじっと話を聞いていたバドゥルだった。

「ラグナラには千年以上も昔の伝説というものが残っているのですが、それは何故でしょうか?もしかしたらそれもでっち上げなんですか?」

今にも泣き出しそうな表情を浮かべながら尋ねるバドゥルに、ユウトは非情すぎる返事を返す。

「言葉は悪いが、まさにでっち上げたね。君らが伝え聞いたというラグナラの歴史は」

ユウトの言葉にバドゥルは言葉を失い、がっくりと肩を落とした。

「だが、これらの歴史はあくまでアウラニイスとの交流を考えた上で必要だと判断されたから作られたものだ。もしラグナラ人が太陽系人によって作られた忌まわしい新人類だと知ったら、アウラニイスの民はラグナラを受け入れなかっただろう。こちらとしては諍いは絶対に避けたかったからね」

ユウトは若いバドゥルを慰めるように穏やかに告げると、改めてその場にいる者達に向き直る。

「そんなこんなでラグナラに住み着いた新人類ですが、実はここまで事が順調に進むとは研究者たちは思っていませんでした。少なくとも100年は宇宙を彷徨うと覚悟していたようです」

ユウトは大きく深呼吸をした後、再び唇を開く。

「何故ラグナラの女性に発情期があるのか。その前に性交をすると男性が死ぬのか―――これからその理由を話します」

ユウトの真剣な言葉に、その場にいた全員が固唾を呑んだ。



(7/21~7/26 twitterにて掲載)

Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv




古い歴史を誇っていると思っていたラグナラはたった500年の歴史しか持たない、太陽系の人間によって作られた人類だと知ったウォルフの人間たちは驚愕しております。確かにゲノム的には何かしらいじられた跡があるので頭のなかでは『理解』していたのかもしれませんが、感情の部分で納得していない部分があるのでしょう。遺伝子操作と行っても一部の人間が太陽系人に連れ去られ、ゲノムの改造を受けたと思っていたのかもしれません。

これだけでも驚きですが、ラグナラ人にはまだまだ謎があります。その謎解きを明日からユウトにさせますが・・・上手く説明できるのかどうか(-_-;)明日からの連載をお愉しみくださいませ♪
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第七章 第三話 正月の居続け・其の参】へ  【拍手お返事&誰だよ、今年は冷夏だって言ったのはっ(#・∀・)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第七章 第三話 正月の居続け・其の参】へ
  • 【拍手お返事&誰だよ、今年は冷夏だって言ったのはっ(#・∀・)】へ