FC2ブログ

「雑  記」
拍手お返事&おまけ

拍手お返事&調べ物三昧の日曜日

 ←砂漠の星の物語~偽りの神の手2 →ボカロ小説・枝ノ護人~迦楼羅の章・安息(★)
昨日はボカロ小説の方で『?』と引っかかる部分があり、それを調べていく内に結局丸一日調べ物三昧になってしまいました(^_^;)

そもそもの発端は平安時代末期の農具に対する疑問から始まったんです。江戸時代なら現代にも残っている手作業用の農具をそのまま書いてしまってもほぼ問題ないのですが、さすがに平安時代はどうなんだろうと・・・鋤とか鍬とかそのまま書いてしまっても問題ないのかな~という呟きをTwitter上にしたんですね。もしかしたらどなたかご存じの方がいらっしゃるかもしれないと(おい)

そうしたらボカロ関係で追っかけをさせて頂いておりますやしこさんが『弥生時代からあったんじゃ?』との情報を(*^_^*)@付きでは無かったものの、間違いなく私の呟きに反応してくださったものでした。やし子さん、その節は本当にありがとうございましたm(_ _)m

そしてそこから『弥生時代』の農具をぐぐってみたところ、その頃は刃の部分まで全部木製だったとのこと。さすがにこの当時は鉄は貴重品ですから、農具には使えなかったのでしょう。

となるといつから農具に金属が使われたのか・・・これは時代を下っていくしか無いと、今度は平安時代の農具をググることに。そうしたら私が今現在書いている時代よりも古いものですが、9世紀の農具というものがHITしたんですヽ(=´▽`=)ノ
それは5世紀頃に大陸から伝来したU字型の『鍬先』。どうやら刃の本体はこの当時も木製だったそうなのですが、刃先だけ金属を取り付けることによって強度を増したとのこと。さらにこれは鋤にも装着できたようなんですよ。今で言うアタッチメントみたいな感じ?貴重品ですから、ひとつのもので色々使えるようにと考えだされたのかもしれません。

そしてさらにこの鍬先の記事と同じページに書かれていたのが農具の所持権。
農具や牛馬が農民に行き渡ったのは鎌倉時代で、それまでは貴族・大社寺や豪族が、ほとんど独り占め状態だったらしいのです。やはり先端だけと言っても鉄を使った農具は農民では購入できなかったんでしょうか・・・これらを所持していた支配者階級が農民たちに農具を貸与し、耕作をさせていたようです。

その先いつから刃全体が鉄製になったかは調べていないのですが、どうやら今現代の形に鋤や鍬が落ち着いたのは江戸時代らしい・・・何かの折にきちんと調べます、いつになるか判りませんけど(-_-;)
知っているはずの道具でも、時代とともにマイナーチェンジをしているんだな~と感心しきりの一日でした。
なお、この調べ物の成果は今夜UPするボカロ小説(R-18)にて。多分10行くらいにしかならないと思いますけど(え゛)

(そしてそんな会話をTwitter上でしたいたら、オリジナル小説仲間でお付き合いをさせていただいているおっとさんよりGoogle Scholarなる検索を教えていただきました。こちらは学術論文等のみがHITする検索なんだそうです。玉石混淆のネットの世界でこれはありがたい(*´∀`*)おっとさん、ありがとうございます♪)


拍手コメントありがとうございますヽ(=´▽`=)ノお返事以下に書かせていただきますね~♡







☆Nぽ様
こんにちは(*^_^*)ただでさえ暑い上に台風が熱波を運んできていますから洒落になりませんよね~(;´Д`)お互い熱中症には気をつけましょう♪

まずは拍手文お返事から♡ええ、本当にひと船だったんですよ~(爆)しかも20数個って猪牙舟だったら間違いなく沈没モノです(^_^;)きっと鶴蔵はよっぽど西瓜が好きと思われていたんでしょうね。見た目も派手ながら、当時の夏の果物の中では一、二を争う甘さの西瓜、若手もお福分けに預かって夏狂言にせいが出たと思われます♡
(実は鶴蔵、この翌年の夏狂言『東海道中膝栗毛』で名を挙げたんです・・・40代の若手って(-_-;)現代の売れない芸人を彷彿とさせるエピソードもあります^^;)

『夏虫』の感想もありがとうございます(*´∀`*)ええ、自分自身が『この居続けは無いだろう』と思いながらのでっち上げ、なかなか骨が折れました(^_^;)
その最たるものが新八の『6日間の謹慎』・・・参謀でさえ三日間だけなのに何故?ということで精神的な疲労&飲酒等による肉体的ダメージで六日間寝込んでもらいました(おいっ)さすがに平隊士に対して三日間の居続けでダウンしました、じゃ話になりませんし・・・当時の法規や慣習から外れている話って、それなりの理由があってのことだと思うのですが、史実講談小説マンガにゲームとあらゆる話がごっちゃになっている新選組でそれを見つけ出すのは無理でした\(^o^)/オワタ
そして間が空きますが、斉藤と総司の二人飲み会・・・そんな格好いいものじゃないです、間違いなく斉藤の方は後悔しています、総司がグダグダです、とだけ( ̄ー ̄)ニヤリ宜しかったらお付き合いのほどお願い致します(*^_^*)

エッセイにもお言葉ありがとうございます(*´∀`*)
八朔、確かに白一色の姿は壮観だったでしょうね(人´∀`).☆.。.:*・゚
あ、Nぽさんも八朔の白の云われ、わかりませんでしたか(´・ω・`)私も何冊か事典や資料をあたってみたのですがどれにも何も書いておらず。辛うじて『白秋から来ているのでは?』という仮説を立てている本がありましたが、多分違うのではと・・・あ、そういえば家康が先祖だとうそぶいていた源氏のイメージカラーは白でしたね。それもあるんでしょうか・・・当時としては決して縁起の良い色ではない白を選んだ理由、今後の研究を待ちたいものです(*^_^*)

株主優待・・・最近はだいぶマシになってきましたが、あれはモニターというよりモルモット・・・(あわわ)人並みに不健全な生活を送っている身としてはかなりきついものも混じっておりました(^_^;)
せめて2~3種類の中から選ばせてもらえれば・・・贅沢は言えないんですけどねww

そうなんですよ~、今年は蚊をはじめ全体的に虫が少ないような気がします。この時期夕方になると変な羽虫に悩まされていたんですが、今年はそれもなく・・・一昨日に地震の予兆?と言われる彩雲も見かけましたのでちょっと気味悪いものを感じます。でも蚊に喰われない、Gも見かけない夏はありがたい~ヽ(=´▽`=)ノ

FC2ランキング・・・あれ(・・?多分それはブログ村のランキングかも(^_^;)ややこしくてスミマセン(>_<)
タグをクリックしてもらっているのはブログ村ランキングで、FC2のランキングはまた別個なんです・・・因みにFC2オリジナル小説ランキングはおかげさまで30位台をうろちょろ、最高で25位まで上がることが出来ました(*^_^*)これもNぽさんを始め皆様のお陰です。本当にありがとうございますm(_ _)m

これからますます暑くなりますが、お互い体調にだけは気をつけましょう(*^_^*)では帰省直前&直後あたりにそちらに伺いま~す(^_^)/~


関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【砂漠の星の物語~偽りの神の手2】へ  【ボカロ小説・枝ノ護人~迦楼羅の章・安息(★)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【砂漠の星の物語~偽りの神の手2】へ
  • 【ボカロ小説・枝ノ護人~迦楼羅の章・安息(★)】へ