FC2ブログ

「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の七十・十三詣り

 ←ボカロ小説・二人きりのBirthday~Confessionその後・1 →行方不明の御刀・其の参~天保六年十一月の悪党
今月は七五三があったためか、晴れ着を着た可愛らしい子供達を見る機会がかなりありました。現代まで続く子供の成長を祝う儀式ですが、実は現代ではだいぶ廃れてしまったものの江戸時代には盛んに行われいた成長祝いの儀式があるんです。それが今日取り上げます『十三参り』です(*^_^*)

現代でも少しだけ残っているこの儀式、男女とも数え年13歳の身祝いで、旧暦3月13日に虚空蔵菩薩に子供の多福・開運、そして知恵を授けてくれるように祝福するものです。
また13歳という年齢が元服の時期と合致するため、一種の通過儀礼として伝承されたという側面もあるようですね。

初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着るのもこのお祝いの時なのですが、まだまだサイズが大きいので肩上げ必須wwwちなみに江戸時代の不良少年を形容するのに『肩上げもまだとれていないうちから・・・』なんていい方もします。
この着物をおりあるごとに着せて、徐々に大人の着物での立居振舞を身につけさせたらしいのですが、こうやって当時の少年少女は大人の自覚をしていったんでしょうね。

また数え年の13歳といえば女性が初潮を見る頃でもあります。肉体的にも一人前の成人とみなしていたんでしょう。それだけに13歳になるまでに家事がこなせるように鍛えられたそうです(^_^;)
資料には5歳になると針を持たされ、雑巾を縫えるように稽古を始めたとあります。5歳って言ってもたぶん数え年でしょうから3~4歳くらいですよね・・・現代じゃ3、4歳児に針や鋏なんて危なっかしくて触らせられない(>_<)
しかし江戸時代はそうも言っていられなかったらしく、ある程度運針ができるようになったら裁縫の師匠のところへ通い、13歳の祝いまでにひと通りの技術をみにつけておいたそうです。なおその技術とは『単の着物を一日で仕立てられること』・・・そう言えば以前読んだエッセイで浴衣を4時間半で縫い上げたって話がありましたっけ(-_-;)
家庭科の被服の成績が悪かった私としては、現代に生まれてきてつくづく良かったな~と思います(^_^;)
(自分で衣装を作られるコスプレイヤーさんなんて『神』以外何者でもない・・・きっとレイヤーさんたちみたいな人が『お針上手』として引く手あまただったんだろうな~と思います)


次回おぼえ書きは11/25、びろうな話で申し訳無いのですが長屋の共同トイレからの儲け話(笑)について取り上げたいと思います。
(なので次週はお食事前後に読まないことをオススメします)




【参考・引用文献】
江戸のしきたり 面白すぎる博学知識 (KAWADE夢文庫)
Wikipedia 巡見使
Wikipedia 十三詣り



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv
関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【ボカロ小説・二人きりのBirthday~Confessionその後・1】へ  【行方不明の御刀・其の参~天保六年十一月の悪党】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ボカロ小説・二人きりのBirthday~Confessionその後・1】へ
  • 【行方不明の御刀・其の参~天保六年十一月の悪党】へ