FC2ブログ

「Twitter小説」
星龍旗の戦士の物語

星龍旗の戦士達の物語~嘆きの時空間移動2

 ←夏虫~新選組異聞~ 第七章 第二十四話・幕臣と高台寺党・其の肆 →ボカロ小説 LOVE DRUG6.舞い戻ってきた歌姫
時空間移動戦闘機に乗り込んだレンシは『それ』を見て目を丸くした。

「あの・・・これ、どう見ても貨物船ですよね?しかもかなりレトロな感じの。最新鋭の戦闘機はいくらでもあるのに何故これをわざわざ向こうの時空間に持って行くんですか?」

「ああ。こいつは俺らの『愛機』なんだ。名前は『ケイロンJr. 』、古いけどかなり優秀なOSを積んでいる。できれば向こうで使うことが無いことを願いたいが、万が一の場合もある。アナログな奴が一台あればいざというとき結構重宝するんだよ」

「そんなものですかねぇ」

「そんなもんさ。現に君らのHOPCだって未だ行方が判らずじまいだろ?最新鋭のものが全て完璧だったらそんなことにはならないさ。ま、結局一番頼りになるのは自分だけどな」

と、いかにも先輩面をしてアレクがレンシに言ったその直後である。

『Master、あなたが言うと真実味が無くなりますのでやめてください』

天の声宜しくカッツェの声が時空間移動戦闘機のスピーカーを通じて聞こえてきた。

「盗み聞きとはいい根性だな、カッツェ!てめぇ、どこで俺たちの話を聞いてやがる!」

『勿論中央コックピットです。ここからだと戦闘機内全ての音が拾えるんです。たぶんこれはカーラ軍戦闘機のデフォルトだと思われます。なかなか便利ですよ』

「ちっ、これじゃあTOTOの結果チェックさえろくにできねぇじゃねーか!」

まるで子供のようなふくれっ面を露わにするアレクにレンシが笑う。これから向かう先がどのような状況下判らないのに、この緊張感の無さ―――カーラ軍内では信じられないが、多くの戦いを生き抜いてきたベテラン傭兵にとってこの程度のミッションは日常茶飯事なのだろう。

フィクリヤは心配していたが、彼に生命を預けても問題はないだろう。根拠は全くなかったがレンシは確信する。そして不機嫌なアレクを宥めつつコックピットにスタンバイすると、時空間No.0032へと時空間移動戦闘機を発進させた。



(1/12~1/18 twitterにて掲載)

Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv




フィクリヤの反対を押し切るような形で時空間移動戦闘機に乗り込んだアレクとレンシです。しかしフィクリヤ以上に厳しいお目付け役・カッツェの監視のもと、あまりとんでもないことは出来そうもありませんが・・・。
仕事はしっかりやるものの普段はマダオなアレクと、ますますHOPC本来の従順さが無くなっていくカッツェの庇護のもと、レンシはどんな活躍?をするのか明日からの連載をお楽しみください(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第七章 第二十四話・幕臣と高台寺党・其の肆】へ  【ボカロ小説 LOVE DRUG6.舞い戻ってきた歌姫】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第七章 第二十四話・幕臣と高台寺党・其の肆】へ
  • 【ボカロ小説 LOVE DRUG6.舞い戻ってきた歌姫】へ