FC2ブログ

「Twitter小説」
鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅

鉄ヲタ夫と歴女妻の鉄道オタク旅~小樽放浪編2

 ←夏虫~新選組異聞~ 第八章 第二十六話・伏見布陣と局長狙撃・其の貳 →拍手お返事&いい加減ケータイメール打てるようになってくれ、旦那よ・・・orz
「え、いいの?私はありがたいけど」

 スープカレー屋さんの前で私は思わず聞き返した。あんなに海鮮が食べたいと言っていたのに、しかも新鮮な海鮮丼よりどりみどり状態なのに、何故よりによってここなのだろうか。すると旦那は小声でこう答えた。

「う~ん、ちょっと呼び込みのおばちゃん達が・・・」

 そう言って他のお店にチラリ、と視線をやる。確かに他の海鮮のお店には威勢のよい呼び込みのお姐さん達が声を張り上げていた。どうやらその元気の良さに気後れをしてしまったらしい。
 私としてはむしろその威勢の良さが海鮮の美味しさをより引き立てると思うのだが、一人っ子長男でおっとり育ってきた旦那には刺激が強すぎた。そんな中、唯一呼び込みをしていなかったスープカレー屋に逃げ込んだというのが正直なところである。
 何はともあれ私は食べたかったスープカレーにありつけるのだ。ホクホクしながら店に入り、私はスタンダードな鶏肉と野菜のスープカレーを注文した。一方旦那はシーフードカレーである。やはり海鮮に未練があるのだろうか。
 しばらくすると良い香りと共に人生初のスープカレーが目の前にやってきた。一般的なカレーよりもかなりサラリとした風合いはインドカレーに近いかもしれない。しかしそれ以上に目を引くのは大胆に配置されたほぼ北海道産と思われる夏野菜達だ。
 じゃがいもに蓮根、ピーマン、人参とこれでもかと言わんばかりにてんこ盛りに野菜と鳥の骨付き肉が乗っかっている。そしてライスは別皿に盛られていたが、これにカレーをかけるべきなのか、それともカレーにご飯を浸したほうがいいのか初心者は一瞬悩む。
 その一方、意外と融通の効かない旦那は一般的なカレーと同じようにご飯にカレーをかけて食べ始めた。だが、さらさらしすぎるルーはご飯をすり抜けてしまう。これは浸して食べたほうが賢明だなと判断した私はご飯をスプーンですくい、カレーに浸した。



(8/31~9/6 twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv




・・・まさかこんな理由でスープカレーにありつけるとは思いませんでした/(^o^)\
呼びこみのおばちゃん、もといお姐さんは港の女、威勢がいいのが売りなんですよ♪湘南生まれの湘南育ちの私としては、むしろお姐さん達の呼びこみが海鮮丼の美味しさを引き立ててくれると思うのですが・・・旦那はそうじゃなかったらしく、唯一呼びこみをしていなかった、お兄ちゃん一人で店を切り盛りしていたスープカレー屋さんに逃げ込んだという次第です(^_^;)しかもこのお店、フードコート?の本当に隅っこにあるんですよ。なので時間帯等の関係で私達意外誰も入っておりませんでした。
果たしてこのお店のスープカレー、美味しいのか否か・・・明日からの連載をお楽しみ下さいませ((o(´∀`)o))
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第八章 第二十六話・伏見布陣と局長狙撃・其の貳】へ  【拍手お返事&いい加減ケータイメール打てるようになってくれ、旦那よ・・・orz】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【夏虫~新選組異聞~ 第八章 第二十六話・伏見布陣と局長狙撃・其の貳】へ
  • 【拍手お返事&いい加減ケータイメール打てるようになってくれ、旦那よ・・・orz】へ