FC2ブログ

「雑  記」
烏のがらくた箱

烏のがらくた箱~その四十二・ひれ酒&坂の上の雲第八話『日露開戦』感想

 ←運び屋アレク レトロ・スターシップ・4 →拍手お返事&サンマの蒲焼き缶
※坂の上の雲第八話『日露開戦』感想は追記にございます。宜しかったらどうぞv
(こちらは予約投稿です。拍手お返事は明朝以降になりますのでご了承くださいませ。)


先日17日は旦那の四十歳の誕生日でした。不惑ですよ、不惑。迷ってばかりですけど(爆)。
で、ささやかながら誕生日祝いをしようと冷蔵庫購入時のエコポイントと交換したふぐ刺し&ふぐ鍋、そしてひれ酒セットで誕生祝いをしたんです。
しかし・・・・・このひれ酒というのが結構くせ者だったんです(T_T)。


本当は80℃まで熱した後、オーブントースターとかで香ばしく焼いたひれをお酒の中に入れ、火を付けて少しアルコール分を飛ばすらしいんですけど・・・・・これを家庭でやるには面倒くさすぎる!

まず80℃まで燗をするって・・・・・少なくとも湯煎や電子レンジじゃ無理です。頑張って暖めてみたけどせいぜい60℃くらいだったと思います。しかも同時にひれも焼かなきゃならないし(>_<)
結局お酒の温度が低すぎてひれ酒に火は付きませんでした。あれが楽しみだったのに~!(でもそこそこ美味しかったらしい。そりゃ奮発してひれ酒には勿体ない『八海山』を使ったんだから。←一応誕生日だしv)
お店でやるようにひれ酒の表面に火を熾し、ふたをして消すなんて芸当は私らには無理っぽい・・・・・しかもまだひれが2枚ほど残っているんですよね~。しばらくの間ネットの海をただよってひれ酒の作り方を学びたいと思います。

今週もご来訪&拍手ありがとうございますm(_ _)m
特に『葵と杏葉』にはブログ拍手&WEB拍手の方にもたくさん戴いてしまって(^^)これから藩校・弘道館の話や幕府の天保の改革などが絡んできますが、斉正&盛姫の仲もちゃんとかかせていただきますね。

では続きに『坂の上の雲』の感想をv




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
ランキング参加中vこちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv






タイトルこそ『日露開戦』ですが、むしろ日露開戦前夜と言った方が良いかもしれない回でした。
単純明快な秋山兄弟の周囲と違い政府や軍部上層部の動きは非常に複雑でして・・・・(^_^;
だいたい一度見ればドラマの内容は頭に入るんですが、今回は日露両政府の動きがあまりに複雑すぎてこの感想を書くために見直しを余儀なくされましたよ(爆)
日本・ロシア双方の穏健派、強硬派の思惑が入り乱れ、穏健派のロシア皇帝の電報でさえまともに通達されない状況とか、意見は出るものの結局ぐだぐだで終わる日本側の御前会議だとか・・・・現状だけではどうにもならない政府内の力学に『訳解らねぇ!』的なフラストレーションが募っていきました。かなり単純に整理されているドラマでさえこうなんですから当時はもっと苛立ちが募る状況だったんだろうな~と妙に納得してしまったり(苦笑)。結局情報の遅れ、すれ違いから日露戦争に突入していくんですが、ここの部分はあらかじめ政治の動きを予習してから見るべきだったかも、と反省しました(笑)。

そんな感じで政治は結構複雑な動きをしていたんですが、軍部は『いつ戦争が始まってもいいように』と着々と準備を進めていたのはさすがでした。
本来大将になってもおかしくない児玉源太郎が実戦で指揮を執るために『参謀次長』になったり(非常に優秀な人だったらしい。この人事で日本はロシア戦を決断したと世界に打電されたそうです。)自称『昼行灯のおじいさん』こと東郷平八郎も海軍大臣・山本権兵衛に呼び出されたりと、被害を最小限にするためのなりふり構わぬ人事が着々と決められていくんです。このシーン、小泉政権で元・首相だった宮沢喜一氏が財務大臣になったのに何か似ているな~って思っちゃったんですけど、本当の国家危機に直面するとなりふりなんて構わず実力がある人を採用するんですね。この人事に当時の日本の危機の感じ方を痛感しました。

そして人事に関しては真之も他人事ではなく、東郷によって参謀の一人に・・・・・新婚だったのに。そう、このロシア戦の前にようやく真之も結婚しました。季子に迫られるような形で(爆)。まだ魚を捌くのさえおぼつかない新妻の季子を置いて戦争に行かなくてはならない真之は気の毒ですが、それだけに二人の佐世保でのシーンにじんわりしました。まだ当時は夫婦とは言え並んで歩く事は許されないだろうに並んで歩いていたんですよね~。戦争ゆえのお目こぼしかvそんな妄想を抱きながら見るのも楽しいですよ(笑)。
最後に登場した『三笠』の鬱臭さに溜息を吐くと同時に戦争に行く良人の身を案じ、表情を曇らせた季子の表情にも萌えました(^^)


一方兄・好古ですがこの人のマイペースさは相変わらずで(爆)。この人はどこに行っても、誰に対しても変わらない、一本芯の通ったところが大好きです。
ロシアの大演習に呼ばれた好古ですが、ここでも演習が終わった後兵士達と腕相撲大会やっているし・・・・・相変わらず酒は手放していないし・・・・・この人はやっぱり『古武士』、騎兵隊という古風な、しかし危険な部隊に入るために生まれてきたんだなぁ・・・・と改めて感じました。こういう人だからコサック騎兵を倒したんでしょう。これからもこの人の豪放磊落さから目が離せません(^^)


ここまでしょうもない感想をお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【運び屋アレク レトロ・スターシップ・4】へ  【拍手お返事&サンマの蒲焼き缶】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【運び屋アレク レトロ・スターシップ・4】へ
  • 【拍手お返事&サンマの蒲焼き缶】へ