FC2ブログ

「短編小説」
その他短編小説

くろかみ語り~其の参・潰し島田

 ←烏のおぼえ書き~其の二百四十・東京市の土地区分・工業地&未指定区域編 →烏のまかない処・其の三百三十八~スープジャーの担々麺
「御用改だ!神妙にしろ!!」

 階下からドスの利いた声が聞こえ、芸妓見習いの小貞はビクリ、と肩を震わせた。厳しい稽古を終え、ようやく座敷に付いていくことを許されたその日に、である。階下から聞こえる怒声に荒っぽい捕物の音――――――その全てに小貞は恐怖を覚え、姉分の小常にしがみつく。そんな小貞を小常は優しく抱きしめる。

「小貞、気にすることはあらへんよ。新選組の手入れやけど、うちらのお客はんは全く関係あらしまへんし」

「壬生狼が?」

 思わず零れてしまった新選組の蔑称に、小貞は慌てて口を自らの手で塞いだ。だが先輩の小常は気にした風もなく笑顔を見せる。

「池田屋以降、祇園もだいぶ遊び難うならはった言うしなぁ。意外と島原で遊ぶ不逞者も多いんやて」

 そう言いながら小貞の髪にそっと触れた。

「結綿から潰しになったその日にこんな捕物があるなんて、気の毒やけど堪忍え?」

 その瞬間、我慢に我慢していた涙が溢れ出した。小貞はかなり不器用な娘である。本当であれば半年前、遅くても中秋の名月にあわせて見習いとして座敷に上がる予定だったのだが、遅れに遅れて年末にずれ込んでいた。そしてようやく潰し島田の小粋な芸妓姿で座敷に上がったその日に新選組の手入れである。自分達の座敷は一切関係ないが、気分のいいものではない。

「それにしても騒々しわぁ。もう少し他の客のことも気ぃ使うてくれたらええのに」

 いつまでたっても階下がやかましい。どうやら茶屋の主と新選組がごねているらしい。いい加減業を煮やした小常は男衆に三味線を預けると、階下へと向かい始める。

「姐さん、どちらに?」

「ちぃ~っと新選組に文句を言うてくる。うちの妹分が怯えてるて」

 そう言い残すと、小常は小貞を置いて騒がしい階下へと降りていった。

「大丈夫やろか、小常姐はん」

 よりによって新選組の捕物の最中に出向くとは――――――怯える小貞だったが、小常から三味線を預かった男衆は事も無げにさらり、と言ってのける。

「ああ、問題ないやろ。あの声は永倉はんや――――――小常姐さんのコレ、やで」

 そう言って親指を立てる。

「見た目や声はほんま強面やけど、小常姐さんの前では骨抜きなんや。しかも自分で『かかぁ天下』言いはって・・・・・・ちょいと小常姐さんが叱るだけでしゅん、ってならはるんや。だから小常姐さんに何かあるってことは無いやろ」

「だから姐さん、平然と・・・・・・・」

「ま、問題ないやろ。それより小貞、お前や。きっと姐さん、永倉はんとお前はんを引き合わせるかもしれへんから、そのつもりでいたほうがええで」

 半ば脅しにも近い男衆のからかいに、小貞の顔が強張りガタガタと体が震えだした。




UP DATE 2017.12.20


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
INランキング参加中。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv





本当に江戸時代の髪型のニュアンス、難しいです(>_<)
『島田髷』というくくりでも前回の奴島田だと堅気の娘、潰し島田だと粋筋、まだ書いてはいませんが高島田だと武家の髪型となりますからねぇ(^_^;)というわけで今回は粋筋になりたてほやほやの女の子を書かせていただきました(*^_^*)
そしてその姉分は小常―――新選組ファンならご存知でしょう、永倉新八の京都での奥さんです(๑•̀ㅁ•́๑)✧ただ、この時期(池田屋の年の年末)はまだ結婚までは至っていないはず・・・西本願寺引っ越しの前の、恋人関係の時期ですね(#^.^#)仕事では強面のぱっつぁんでも、小常に叱られたらしゅん、としてしまったりしたら萌えるかも、と今回のネタを書かせていただきました(*´ω`*)

来週は年末スケジュールに入り新作が書けるか極めて怪しいのですが、もし書けるようでしたら武家の髪型・高島田にチャレンジしてみたいと目論んでおります(≧∇≦)/
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のおぼえ書き~其の二百四十・東京市の土地区分・工業地&未指定区域編】へ  【烏のまかない処・其の三百三十八~スープジャーの担々麺】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のおぼえ書き~其の二百四十・東京市の土地区分・工業地&未指定区域編】へ
  • 【烏のまかない処・其の三百三十八~スープジャーの担々麺】へ