FC2ブログ

「vague~道場主・作間駿次郎顛末記」
vague~こぼれ話

vague~こぼれ話・綺羅星の如し、講武所講師陣

 ←烏のがらくた箱~その四百十・『法事にお茶』の意味を初めて知りました(^_^;) →ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)20
【剣術】
男谷精一郎
(直心影流。勝海舟の従兄弟。幕府の御手先頭で早くから講武所創設を建議し、開所後はその頭取になった。)
戸田八郎左衛門
伊庭軍兵衛
(心形刀流。伊庭八郎らの実父で水野忠邦の推挙で御書院番士にまで出世したが水野失脚と共に辞職。以後は江戸下谷の道場「練武館」の経営に精を出し、「幕末江戸四大道場」と並び称された)
今堀千五百蔵
松平主税之助(上総介)
(柳剛流)
三橋虎蔵
(心形刀流。男谷の門弟だったとのこと)
榊原鍵吉
(直心影流)
近藤弥之助
(一刀流)
今堀登与太郎
桃井春蔵
(鏡心明智流)
井上八郎
(北辰一刀流)
小野田藤市
古田東八
村越三造

【槍術】
平岩次郎大夫
高橋謙三郎(泥舟)
(自得記流。家茂、慶喜の二代から技量と人柄を信頼され護衛を任された)
加藤平九郎
安藤惣兵衛
駒井半五郎
吉田勝之助
勝与八郎
長尾小兵衛
駒井志津摩
直江喜多右衛門

【弓術】
小笠原鐘次郎

【柔術】
鈴木清兵衛
片山弥八郎

【砲術】
田村主計
下曽根金三郎(信淳)
江川太郎左衛門(英敏)
江川太郎左衛門英龍の息子。韮山代官と鉄砲方兼任で、父の代からのオランダ流砲術家。
井上左大夫
(和流砲術)
田付四郎兵衛
(和流砲術)
高島四郎大夫
高島秋帆の息子。大砲だけでなく歩兵調練もお家芸の一つ。
勝麟太郎(海舟)
中山旗郎
榊原鏡次郎
植村帯刀
飯田庄蔵
山口采女
松平仲
下曽根次郎助
吉田直次郎
木村太郎左衛門


一部しかその経歴は書かせていただきませんでしたが、全員幕臣の名家&実力者揃い(@@)それもその筈、この講武所は『総員網羅主義』が建前でした。旗本であるならば無役であろうと現役の番方(武官)であろうとも、また御家人でも長男であろうが次男三男の厄介扱いであろうが皆予定日を決めさせて稽古をさせていたとのこと。そうなると講師陣はある程度名を馳せた名門&実力のある人でないとなかなか教えるのも難しいですよね~(-_-;)
もう一方の講武所の主義『技倆主義』の面で新進気鋭の町道場・試衛館の若き才能・近藤勇の名前は上がったかも知れませんが当時安政3年(1854年)だと若干21歳ですし、そもそも天然理心流宗家四代目襲名は文久元年(1861年)ですのでねぇ・・・もしかしたら『近藤勇伝説』の一つだったのかも(^_^;)または誰かが零した酒の席での軽い冗談がどんどん大きくなってしまったものとか/(^o^)\
普通に考えたら二十代前半の、百姓の息子が講師になれるような場所じゃない(>_<)身分以前に年齢が・・・多分というかほぼ間違いなく当時の局長よりも年上の『教え子』が半数以上は居たと思われます(^_^;)こんなところに放り込まれたら局長の胃袋は瞬く間に蜂の巣状態の穴が空くでしょう・・・( ;∀;)

こんな風に『市井の道場主で優秀な人材は多いのに、それを汲み上げることが出来ない』というジレンマに幕府は陥っていたはずです。それを解消するための浪士組結成だったんじゃ?と個人的には思うのですが果たしてどうだったのか・・・これからちびちび調べなければです(^_^;)
(なお、作間もこの時期だとまだ10代。講師というよりは教え子の立場です。だけどきっと講武所の雰囲気は馴染めなかったんじゃないかなぁ・・・練兵館で腕を磨いたという設定です)

次回更新は1/27、講武所で湧き上がった問題&文久軍政改革について取り上げる予定です。本当は1月中にこれを終わらせて2月から連載・・・としたかったのですが、更にもう1~2回くらい調査記事を書かせてもらうかもです (>_<)陸軍、結構根が深い問題を抱えているっぽい・・・。



【創作関係】
鳴り物入りで出来た講武所、流石に講師陣も豪華です(@@)この中に近藤局長が入れというのはちょっと無理でしょう(^_^;)講武所が出来た時期で若干21歳、講武所が解体されて陸軍所になった頃でもまだ20代半ばですから、身分云々以前に年齢が『教え子or門弟年齢』(^_^;)子供たちに基礎を教えるのであればともかく、即戦力の指導となると若すぎるかもしれません。
あくまでも私の妄想ですが、酒の席でイバハチ辺りに『うちの親父が、『近藤さんだったら講武所の講師になれたんじゃないか、って言ってたぜ?』とか云われていたのかも・・・素直な局長だったらその言葉をそのまま信じちゃいそうだしな~(^_^;)
こういうエピソードも、ひとつひとつ調べていくと面白い発見があるのでやめられません(*´艸`*)




にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
INランキング参加中。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングです。
押さなくてもランキングに反映されます。
(双方バナーのリンク先には素敵小説が多数ございます。お口直しに是非v)


関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のがらくた箱~その四百十・『法事にお茶』の意味を初めて知りました(^_^;)】へ  【ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)20】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のがらくた箱~その四百十・『法事にお茶』の意味を初めて知りました(^_^;)】へ
  • 【ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)20】へ