FC2ブログ

「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の二百五十八・昭和初期の丸の内~旧財閥の底力はやはりすごい(゚∀゚)

 ←拍手お返事&昔々のトンデモ凱旋パレード/(^o^)\ →烏のまかない処・其の三百五十六~元祖・ういろう
現代にも言えることですが、丸の内は日本を代表するオフィス街。それは昭和初期も同様だったようですが、数字的なものは流石に現代とは違うようでして・・・手元にある資料で分かる部分だけになりますが少しばかり紹介してゆきます(*^_^*)

まず丸の内区域の地主ですが、大部分が三菱だったとのこと。その敷地面積6万坪(゚∀゚)
これは明治の中頃、一坪34円で政府から購入したと言うか押し付けられたようです(^_^;)この当時は誰も買い手がなかったとか・・・そして月日は過ぎ去り昭和初期、一坪1000円以上となったそうです/(^o^)\
普通ならここで売っぱらってしまいそうですが三菱はそんなことはせず、三菱自身で22棟の巨大ビルを作り、他に27棟に地所を貸与していたとか。更に他の所有者のビルなどを合わせると、約10万坪のオフィススペースが丸の内にあったそうです。
でもその分ここで働くサラリーマンの数も半端なく多い・・・およそ3万人の通勤者がいたとのことですが、そうなると一人あたり約3坪―――でもオフィスビルの中には廊下、ホール、レストランその他スペースもあるので一人あたりのスペースは更に狭くなってしまいますよね。実質机ひとつ分くらいあれば良かったんじゃないでしょうか(^_^;)ま、職人でも無い限り広いスペースは要らないでしょうから、ある意味コンパクトに纏まっていて良いのかも知れません(^_^;)



【創作関連】
いやはや、どんだけ金持ちなんだか三菱/(^o^)\明治中期に一坪34円ったってかなりの金額。それを『押し付けられた』とはいえ購入しちゃうんですから・・・。
もし小説で書くとしたら昭和初期ではなく、三菱が丸の内を購入した明治中期あたりの話を書きたいですね。たぶんこの時期だと東京駅が出来るか出来ないかのあたり、どういった未来予想図を描いて丸の内を購入したのか―――大博打なのか、それとも将来的な勝算があったのか、そのへんを扱ってみたいものです(*^_^*)



【参考・引用文献】
新板 大東京案内 上(今和次郎 編纂 ちくま学芸文庫)
Wikipedia 円本


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv

関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【拍手お返事&昔々のトンデモ凱旋パレード/(^o^)\】へ  【烏のまかない処・其の三百五十六~元祖・ういろう】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手お返事&昔々のトンデモ凱旋パレード/(^o^)\】へ
  • 【烏のまかない処・其の三百五十六~元祖・ういろう】へ