FC2ブログ

「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の二百六十五・昭和初期のその他公設市場~お金の出処がスゴイんです(@@)

 ←拍手お返事&美食の行き着く先は(・∀・) →烏のまかない処・其の三百六十三~九州旅行2018グルメ・その3(お土産編)
魚、青果の大規模市場について紹介させていただきましたが、東京にはその他日用品を扱う公設の市場もありました。しかも市設、府設の2種類が(゚∀゚)
更にこれらの市場ができた発端というのが興味深い!ということで、今回はそれを取り上げさせていただきます(*^_^*)

まずこれらの市場の設立資金なのですが、大正七年まで時代が遡ります。寺内内閣時代に米価が暴騰し、米騒動が起こってしまったのですが、この米価暴騰から庶民を救うために東京商工会議所が動きました。富豪らから約300万円の寄付を集め、府市協力の下、米の廉売と施し米を行ったというのです。現在じゃ災害時にしか考えられない・・・(-.-;)
で、その救済が終わった際、60万円ほどが残ったそうです。これが現代だったら全部使い切ってしまうとか、そのまま取っておいて次回の機会に使おうとなるのでしょうが、この時代は違いました。
何と『この60万円を基本に日用品の理想的市場を作ろう!』と40万円を市に、20万円を府に寄付して公設市場を作ってもらうことにしたのです(๑•̀ㅁ•́๑)✧
この60万円を基本に東京では公設市場が作られ、かなりの勢いで発展していきました。昭和3年時点で市設市場12箇所(売上高384万0359円)、府設市場34箇所(売上高937万6千余円)まで増加したという。およそ10年でここまで市場が増加したというのはやはり需要があったのでしょう。インターネットどころか電話回線だってそう沢山無い時代、ひとつひとつの商品を仕入れるための交渉だって楽じゃない(-.-;)だったら仲卸さんに商品を集めてもらって、それを仕入れたほうが楽ですからねぇ(^_^;)
今現在ではネット後からもあり、流通もものすごい変化をし始めておりますが、昭和初期もそういう変化の時代だったのかもしれません。



【創作関連】
『需要がある』とはいえ、本来貧民救済の施し米&廉価米用に集めた寄付金を市場を作るための元金にしてしまうとは(゚∀゚)現在だったら間違いなく炎上モノ、というか下手したら逮捕者が出る案件です/(^o^)\
しかし『お金の使い方』としては市場を作ったほうが絶対に良いと思うんですよね~。小売の人は仕入れが楽になるし、消費者はより多くの品物を手に入れやすくなる。経済だって発展するし、そうなれば税収だって多くなる―――次回のためのプールだったら60万円+せいぜい利息くらいでしょうが、市場の元金だったら何十倍、何百倍にもなりますし。
実際昭和3年の売上だけでも市設市場で6倍以上、府設市場で47倍にもなっている・・・変動はあるでしょうがこれが毎年ですからねぇ。
しかし当時寄付をした富豪たちのうち、この結果を予測していたのはどれくらいいたんでしょうか・・・もし話を書くとしたら『寄付の残りの使い方』をめぐり意見が対立する富豪たち、なんて言うのも面白いかもしれません((o(´∀`)o))ワクワク




【参考・引用文献】
新板 大東京案内 上(今和次郎 編纂 ちくま学芸文庫)



にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


関連記事
スポンサーサイト



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【拍手お返事&美食の行き着く先は(・∀・)】へ  【烏のまかない処・其の三百六十三~九州旅行2018グルメ・その3(お土産編)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手お返事&美食の行き着く先は(・∀・)】へ
  • 【烏のまかない処・其の三百六十三~九州旅行2018グルメ・その3(お土産編)】へ