FC2ブログ

「VOCALOID小説」
日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)49

 ←烏のがらくた箱~その四百四十一・久しぶりの野球観戦in東京ドーム →拍手お返事&ようやくシャバに舞い戻ってきました(≧∇≦)/
翌日、メイコは箱根の裏道に車を走らせていた。辛うじて車一台通れるくらいの細い道だが、地元の人間の努力のおかげかきちんと舗装がなされている。

「この丁寧な舗装はありがたいわね。横揺れさえ気をつければリンもレンもこれ以上壊れることはなさそう」。

曲がりくねった道に車を走らせつつ、メイコは満足げに呟いた。箱根の山を降りたらどうなっているか定かではないが、『中央』を離れるに従って政府の影響が薄らいでいるような気がする。『聖地』に近づいたらこの傾向が強くなるのかもしれないと、メイコは高揚する。
途中、対向車とすれ違う時に厄介な点を除けばこれ以上文句はない道路状況の中、メイコは問題なく箱根の山を降りた。

「一応『聖地』までは平地だけど、距離はまだまだありそうね。それに大井川・・・まだ橋は無事なのかな?ここで遠回り、ってことも覚悟しておかないと」

国道1号線沿いには大小様々な河川がある。小さな川であれば比較的橋もかけやすいが、川幅が100mを越えるような河川になるとそう簡単には行かない。『第一関門』であった相模川では目当ての橋が壊れており、結局3Km近くも迂回して川を渡らざるを得なかった。
その相模川より遥かに川幅があり、江戸時代には箱根よりも難所と云われていた大井川である。数キロ上流に遡って無事な橋があればよいが、それさえもないかもしれない。渡し船があっても車は乗れない事も多い。この時代、フェリーは政府の軍隊くらいしか持ち合わせていないのだ。

「このまま国道1号線を進めば、新大井川橋にたどり着くはずだけど・・・どうか無事でありますように!」

いくらメイコでもリンレン二人を抱えて大井川を泳ぎ切ることはできない。川を遡って橋も渡し船も無ければ『聖地』を目の前にして引き返さなければならない可能性もあるのだ。
わざわざ川崎からやってきてここで引き返すことだけは避けたい。川を渡ることを諦めることはそのままリンやレンが壊れたままだということだ。そんな諦め方だけはしたくないとメイコは首を横に振り、アクセルを心持ち強く踏み込んだ。




Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv





箱根の山を無事降りたメイコ達ですが、一難去ってまた一難(>_<)静岡で待ち受けているのは大きな河川です/(^o^)\
小さな川なら丸太の一本でも倒して橋にしちゃえばいいですけど(雑)、大きな川だとそうは行かないのです・・・そもそも川の中に土台を作るのでさえかなりの技術が必要ですしねえ(´・ω・`)
AIが支配し、人間の技術力が落ちているこの時代に果たして大河川に掛かる橋をメンテナンスできるだけの技術力が残っているかどうか・・・明日からの連載ではそのへんを明らかにしていくつもりです(*^^*)
関連記事
スポンサーサイト

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のがらくた箱~その四百四十一・久しぶりの野球観戦in東京ドーム】へ  【拍手お返事&ようやくシャバに舞い戻ってきました(≧∇≦)/】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のがらくた箱~その四百四十一・久しぶりの野球観戦in東京ドーム】へ
  • 【拍手お返事&ようやくシャバに舞い戻ってきました(≧∇≦)/】へ