FC2ブログ

「VOCALOID小説」
日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)61

 ←烏のがらくた箱~その四百六十二・新作書くならこの本を元ネタに・その九 →拍手お返事&ほぼ日手帳、2019手に入りましたε-(´∀`*)
いわゆる『ボカロ・エンジン』部分だけ持ち込まれた『カイト』は、研究所に残っていたスペア・ボディを与えられた。ただエンジンそのものは200年近く前に製造されたヴィンテージ物であるのに対し、ボディは最近作られたものだけにマッチングはなかなか難しいらしい。
今でこそ歩けるようになったが、エンジンを組み込まれた直後は動くことはおろか、声を発することもできなかった。プログラミングの書き換えにも限度があり、メイコを始めとする数人の先輩VOCALOID達による指導によってようやく簡単な歌が歌えるまでになったのだ。
いわゆる普通のヒューマノイドならそこまで苦労することはなかっただろう。しかし人間側はヴィンテージ物のボカロ・エンジンをそのままにしておくことができなかった。この機会とばかりにエンジンそのものの分析及び新しい体とのマッチングに力を注いだのである。

「動きもまだなんだけど、それ以上に声がちょっとね・・・俺の声、おかしくない?」

メイコの横を歩きながら、カイトは喉に手を当て『あ、あ』と声を出す。本人的には体の動き以上に声に違和感を感じているらしい。その反応にメイコはさもありなんと頷いた。

「あんたの元々の体の『喉』はかなり良いものだったからね。本当に掃討部隊にしておくのは勿体無いほどだったし・・・前の体のシリアル・ナンバーって覚えてる?」

「勿論!0332番・・・まだエンジンと本体ナンバーが同じだった頃に作られたんだよね、俺」

カイトは昔を思い出すように目を細めつつ呟いた。

「あの頃はプロくらいしかヒューマノイド型のボカロなんて持たなかったから、珍しがられてね。あ、君も俺とシリアル・ナンバーはそう変わらないから勿論この事は知っている・・・痛っ!!」

更に何かを言おうとしたその瞬間、カイトは頭を抱えてその場にうずくまる。

「わかっていても女の子の年齢は口にするもんじゃないの!たとえボカロでもね!」

カイトの頭を小突いた拳を握りしめたまま、メイコは更に。足早に『ある場所』へと進んでいった




Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv




『失われた優れた技術』に対する、エンジニアの執着はかなりのものだったようです・・・たまたまメイコが持ち込んだボカロ・エンジンがVOCALOID初期~黄金期に突入する頃の良い品質のものだったために、これを復活するためにいろいろな手が施されたようです。そのためKAITO本人は勿論、研究室中の可動しているボカロ全員が駆り出されたようですが(^_^;)
その成果か何とか動けるようにはなったようです。ただ多少デリカシーに欠けるみたいですけど・・・そのへんは置いておくことにして、この二人、リン・レンに面会する前に『ある場所』へちょっと立ち寄ります。明日からの連載でその場所について書かせていただきます(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のがらくた箱~その四百六十二・新作書くならこの本を元ネタに・その九】へ  【拍手お返事&ほぼ日手帳、2019手に入りましたε-(´∀`*)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のがらくた箱~その四百六十二・新作書くならこの本を元ネタに・その九】へ
  • 【拍手お返事&ほぼ日手帳、2019手に入りましたε-(´∀`*)】へ