FC2ブログ

「雑  記」
烏のがらくた箱

烏のがらくた箱~その四百八十三・戦前の(というか明治の?)日常の買い物事情

 ←烏のがらくた箱~その四百八十二・お正月に買い物しすぎたので・・・ →ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)72
自分を基準にしてはイケナイとは思いますが、人間興味のある事以外は面倒くさがり&ワガママだと思います(^_^;)それは買い物しかり。自分の趣味のものであればどんなに遠くに出向くことも厭わないですが、日常の、しかも重くてかさばるものの買い物は本当に面倒くさい(おいっ)幸い今は通販やネットスーパーなどがあるのでだいぶ楽ですが、これだと実物を見て選ぶことが出来ないんですよね~/(^o^)\
実物を見たい場合は店舗に出向くべきなのでしょうが、配送サービスでも無い限り重い荷物を自分で持って帰らなければならない・・・だるい疲れる面倒くさい(-_-;)

そんな顧客の我儘を双方叶えたのが江戸時代からある『棒手振り』です(*^_^*)人間一人が持ち歩ける分量ですから量はたかが知れていますけど、実物を持ってきてくれるので『選択肢の中から選べる』というワガママな贅沢を味あわせてもらえます♪流石に大きなお家では難しいでしょうが、普通の家庭ならば棒手振りが持ってくる品物くらいで充分でしょう。だからなのか、江戸から明治に変わっても棒手振りや行商などが多くいたようです。というかスーパーマーケットが全国展開するまでは小さな商店や戸別販売がメインでしたからねぇ。私が子供の頃、というか高校生くらいのころまではまだ行商のおばあさんが大きな荷物を背中に背負って電車に乗り込んでおりました(´・ω・`)
そこで気になるのが『人口に対してどれくらい棒手振りの商人が居たのか』ということ!どう考えても戦前は現代より人口が少ないはずです。それなのに棒手振りというシステムが成り立っていたのですから、かなり効率的なシステムがあったと思うのですが・・・それとも商売の種類そのものが少なかったのでしょうか?このあたりの経済システムも知りたいな~と思う次第です。
(お金持ちだったら先祖代々交流のある農家さんから品物を納めてもらうとかありそうだけど、一般町家はそうは行かないだろうし。あと、実家ではビールと野菜は御用聞きが来てくれていました。ただし先代まで・・・代替わりと共に無くなりましたねぇ(´・ω・`)そう考えると買い物の仕方一つとっても20~30年でガラリと変わっているのかも知れません)




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


こちらは画像表示型ランキングですv
どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv
関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のがらくた箱~その四百八十二・お正月に買い物しすぎたので・・・】へ  【ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)72】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のがらくた箱~その四百八十二・お正月に買い物しすぎたので・・・】へ
  • 【ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)72】へ