FC2ブログ

「VOCALOID小説」
日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)73

 ←烏のがらくた箱~その四百八十五・震災後、3週間で緊急出版された『震災画報』 →拍手お返事&これも『働き方改革』の一つと思えば・・・(^_^;)
修理のため川崎を出発してから3ヶ月余り、一見するとその景色は何ら変わっているように見えなかった。しかし明らかにその気配というか空気感は変わっている―――真っ先にそれに気がついたのはリンだった。

「ねぇ、こんなに静かだったっけ。川崎って」
耳をそばだてながらリンは不安そうに呟く。

「ネズミどころか虫さえも消え去ってる―――元々生き物は少ない場所だったけどここまでじゃ無かったぜ。あれかな、中央政府のメインコンピュータの覚醒とやらの影響かな」

レンも眉間に皺を寄せつつ周囲を見渡した。

以前中央政府の掃討部隊が襲撃に来た際、似たような雰囲気が漂っていたが、それは数分~せいぜい10分くらいの長さだった。しかし今はそれがずっと続いているような状況なのだ。否、掃討部隊の殺気でさえ温かみを感じるだろう。それ程までに気配というものが消え去っている。

「まるで宇宙空間みたいね、この気配―――あ、辛うじてアジトの方からは生体反応が感じられる。皆は無事みたい」

サーチ範囲を目一杯広げて近隣を捜査していたメイコが声を弾ませた。仲間と無事再会できる―――メイコはアジトに向けてハンドルを切る。

「それにしても一体何があったのかしら・・・ネズミが居ないくらいならともかく小さな羽虫やダンゴムシさえ居ないなんて。そりゃあこんな瓦礫ばかりの場所、虫にとっても住みにくいとは思うけど」

「掃討部隊の奴らが殺虫剤でも撒いたんじゃないの?アイツらやたら潔癖じゃん」

冗談とも本気ともつかないレンの一言に、メイコとリンも苦笑を浮かべた。

「それ、ありえそ~う。あいつら、たんぽぽの綿毛さえ嫌がるもんね。でもそれってこの辺にまで進出し始めているってことかな。多摩川を越えて」

そう言った後、リンは唇を噛みしめる。どのみち仲間と合流し、状況を把握してからだ。メイコはアジトの近くにあるビルの中に車を停めると、そこから歩きで地下への入り口に向かう。とにかく仲間と合流し、現状を把握してからだ。逸る気持ちを抑えつつ、三人は足早に地下への階段を下っていった。






Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv




景色はそれほど変わっていないけど、生命の気配がことごとく消え去っている―――地元に帰還して三人が感じたのは異様な気配でした(>_<)
一体何があったのか?辛うじて仲間の気配だけは感じられたのが救いでしょう。明らかに中央政府の、メインコンピュータ覚醒の影響かと思われますが、具体的に何があったのか(-_-;)詳細は明日以降の連載にて書かせていただきます(๑•̀ㅂ•́)و✧
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のがらくた箱~その四百八十五・震災後、3週間で緊急出版された『震災画報』】へ  【拍手お返事&これも『働き方改革』の一つと思えば・・・(^_^;)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のがらくた箱~その四百八十五・震災後、3週間で緊急出版された『震災画報』】へ
  • 【拍手お返事&これも『働き方改革』の一つと思えば・・・(^_^;)】へ