FC2ブログ

「VOCALOID小説」
日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)

ボカロ小説・日出ずる国の暗黒郷(ディストピア)74

 ←烏のがらくた箱~その四百八十七・戦前のスポーツ事情1 →拍手お返事&今日は気温の乱高下がキツそう@南関東
三人は地下へ続く階段を下りきり、アジトへ通じる地下鉄の廃路線を歩き続けた。

「・・・ローレライ姉さま、いらっしゃいます?」

VOCALOIDは100mくらいの距離ならば普通に会話ができるため、メイコは当たり前のようにアジト内にいると思われるローレライに語りかける。するとすぐさま懐かしい声が三人の耳に届いた。

『お帰りなさい、メイコ・ロクゴー。リンとレンも無事直って帰ってきたようね。今、入り口のロックを解除するからちょっと待ってて』

その瞬間、三人の目の前にあった壁が消え、入り口がぽっかり開いた。

「みんな、ただいま~!リンちゃんのお帰りだよ~!」

ポッカリと開いた入り口に真っ先に飛び込んでいったのはリンだった。それに引き続きレンも追いかけるように中へ入っていく。するとそこには一人として欠けることがない仲間たちが待っていた。

「お帰り、リン!『聖地』でちゃんと直してもらったんだね!」

レイカがリンに駆け寄り抱きしめる。

「レン、お帰り・・・マジで二度と会えないかと思った」

涙ぐみながらレンに近づいてきたのはツバサだ。そんなツバサの頭をレンはそっと撫でてやる。

「心配かけて済まなかったな、ツバサ―――もう、大丈夫だから。胴体はそのままだけど、手足のパーツは以前のものより丈夫なものに交換してもらってきたんだ。俺だけじゃない、メイ姉やリンも少しずつだけどバージョンアップしたんだ。大事な仲間を守るために―――」

力強いレンの言葉に、ツバサは涙を手の甲で拭いながら頷いた。

「ところでユウタ、ローレライ姉様。『聖地』で聞いた情報なんだけど・・・中央政府のメインコンピュータが覚醒した、って本当なの?」

「・・・ああ、残念ながら」

メイコの問いかけにユウタが呻くように返事する。

「多分気がついていると思うが、生き物の気配が無かっただろ―――実は昨晩、複数の毒物が混入した科学合成ガスがこの近辺に撒かれたんだ。幸い俺達は逃れることが出来たが」

ユウタの思わぬ言葉にメイコら三人の表情が強張った。






Back   Next


にほんブログ村 小説ブログへ
INランキング参加中v
こちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。



こちらは画像表示型ランキングですv




無事アジトに帰ってきた3人に一人として欠けることなく待っていた仲間たち―――感動の出会いから一転、中央政府のメインコンピュータの覚醒についての話が始まってしまいました。今回は政府の毒ガス攻撃でしたが、どうやらその他の攻撃、しかも川崎だけではないようでして・・・埼玉、千葉方面にもその被害は広がっているよう(´・ω・`)川崎は幸い人的被害はありませんでしたが、他の地域には被害が出ているようです(>_<)
明日から他の地域の被害等も含めて語らせていただきます(๑•̀ㅂ•́)و✧
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のがらくた箱~その四百八十七・戦前のスポーツ事情1】へ  【拍手お返事&今日は気温の乱高下がキツそう@南関東】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【烏のがらくた箱~その四百八十七・戦前のスポーツ事情1】へ
  • 【拍手お返事&今日は気温の乱高下がキツそう@南関東】へ