FC2ブログ

「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の三百十七・昭和初期の家計事情 格差社会、その全体に対する割合は?

 ←拍手お返事&ようやく終わった交流戦 →烏のまかない処・其の四百十七・冷やし中華
月収100円、年収1200円を『中流』としたとき、これを満たしていた家庭というのはどれくらいあったのでしょうか―――昭和初期よりちょっと前のデータになってしまうのですが、その比率を調べたものがありますので今回紹介させていただきます(*^_^*)

年収3000円~5000円のいわゆる『上流階級』:0.3%
年収650円~2000円『下流の上(中流と思ってください(^_^;)』:約9%
年収650円:90%

だったそうです・・・年収1200円というのはあくまでも平均値、9割の日本家庭がその半分程度の収入でやりくりしていたのですよ(´・ω・`)
でもこれって現代の経済格差の分布にも似ていますよね~(-_-;)ちなみにコレを調査した森本氏は『標準はあまりに低級であるからこれを向上して、いわゆる文化生活の程度まで引き上げることに努力すべきである』と論文に書きました。ちなみにこの『文化生活の程度』というのは年収3000円位を言っているらしいのですが・・・あくまでも理想論ではありましたが、こういう提言が政府への忖度なしに言えるだけは良いんじゃないかと(^_^;)
(年金の他に月5万前後要るよ、って書いただけで報告書を政府が受け取らないって・・・当時は天皇主権で、言論の自由が制限されていたって学校で習ったんですがこれってサヨク的発言だけだったのかな/(^o^)\)
『平均年収』の半分以下で暮らさなければならない9割の庶民たち・・・経済格差を縮めるのは楽じゃありません(´・ω・`)



【創作関連】
得てして『平均金額』というものは少数の高額所得者が平均値を上げるもの(^_^;)今回も例外ではなく、ごく一部のお金持ちが平均値を上げていたようです/(^o^)\
そして9割を占める、平均の半分の収入で暮らさなければならない一般庶民・・・何だか他人事とは思えない(^_^;)資本主義経済はうまくコントロールしないとこういった格差がどんどん広がっていきます(´・ω・`)
そんな中、国家公務員か地方公務員かは定かではないですが、四等判任官の給料が半端なく安い!昭和6年までの平均が年収500円、その後昭和6年以降の平均が年収480円(@@)つまりただでさえ安月給なのに給料減らされているんですよ~( ;∀;)
もし小説を書くとしたらこの減給の悲哀などを書きたいですねぇ(*´ω`*)奥さんのやりくりなども面白そうです(*^_^*)



【参考・引用文献】
「月給100円サラリーマン」の時代(岩瀬 彰 著  ちくま文庫)


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【拍手お返事&ようやく終わった交流戦】へ  【烏のまかない処・其の四百十七・冷やし中華】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手お返事&ようやく終わった交流戦】へ
  • 【烏のまかない処・其の四百十七・冷やし中華】へ