FC2ブログ

「雑  記」
烏のおぼえ書き

烏のおぼえ書き~其の三百五十六・昭和初期の給料事情 退職金だって格差アリ/(^o^)\

 ←拍手お返事&言われてみれば私の周囲の葬式数は減ってる・・・(゚∀゚) →烏のまかない処・其の四百五十七・一ヶ月分のお米の量は?
初任給、昇給とどんどん差が付いていった昭和初期学歴社会ですが、最後の最後・退職金も勿論かなりの格差がありました/(^o^)\
三井系では30年間勤続で重役にならなかった場合の最高給が550円だったのですが、昭和10年までは月給の150倍を受け取れたのでおよそ8万円以上の退職金を受け取れたとのこと(^_^;)昭和10年に制度が見直されたとのことですが、それでも勤続30年、月給280円の人で2万円はもらえたそうです。大体70倍ちょいですね。
そしてこれらの退職金を預金しておけば、金利5%でどんどん増えていくんですよ、お金が(゚∀゚)現代では信じられない高金利ですが、当時はこれが当然だったようです。まだ金本位制の経済ですから、お金の価値も崩れていなかったんでしょうねぇ(-_-;)年金制度が無い時代、この高金利での運用によって老後は無事過ごせたようです。
その一方、普通の労働者は借家を購入してその家賃収入で老後の生計を立てていましたからねぇ(´・ω・`)本当に墓場まで学歴がつきまとう時代だったようです(。>_<。)



【創作関連】
案の定というか何というか・・・最後の最後まで高学歴のエリートは優遇されていたようです。というかそういうシステムを自ら作ったというべきか(^_^;)世論に押されて昭和4年の世界恐慌以降、退職金は半減したようですが、それでも当時の数万円を銀行に預けて5%の金利が付けばねぇ(^_^;)2万円預けていても年1000円にはなりますので、贅沢をしなければセレブの食費くらいにはなったのではないでしょうか・・・これ以下の年収で暮らしている労働者のほうが遥かに多いですし(-_-;)
その一方、労働者はちびちびお金を貯めて借家を購入、老後はその家賃収入をあてにして・・・ということを以前書かせていただきましたが、そういうところでも神経を使わねばならない苦労が(´・ω・`)
こんな状況ですから世界恐慌で銀行が潰れてしまった時、お金を預けていたお金持ちたちは大変だったでしょうね(-_-;)もし何か書くとしたら油断してお金を預けていたら、その銀行が潰れてしまったエリートvsがっちり家賃収入が入るようにしていた労働者の比較をかきたいものです(*^_^*)





【参考・引用文献】
「月給100円サラリーマン」の時代(岩瀬 彰 著  ちくま文庫)


にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ 
INランキング参加中v
ご協力の程、よろしくお願い致しますm(_ _)m
 お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv


関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【拍手お返事&言われてみれば私の周囲の葬式数は減ってる・・・(゚∀゚)】へ  【烏のまかない処・其の四百五十七・一ヶ月分のお米の量は?】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【拍手お返事&言われてみれば私の周囲の葬式数は減ってる・・・(゚∀゚)】へ
  • 【烏のまかない処・其の四百五十七・一ヶ月分のお米の量は?】へ