FC2ブログ

「雑  記」
拍手お返事&おまけ

拍手お返事&いつもとちょっと違うGW

 ←運び屋アレク 一難去ってまた一難・4 →烏のがらくた箱~その五十八・酒の肴
本日夕方、旦那の実家から帰って参りました(^_^)
普段は午後2時前には自宅に到着するのですが、何故か普段混まないようなところで渋滞にはまりまして(^^;)しかもそれが自宅の目と鼻の先と来ちゃあねぇ・・・・助手席で座っていただけですがやけに疲れました(苦笑)。しかし、何故3時過ぎに国道一号線下りが混むんでしょう?遊びに行くにしても帰省にしても遅すぎると思うんですけど・・・こればかりは解りません(^^;)

しかし今回違っていたのは帰宅時間だけではなくいくつかのことがいつもの帰省とは違っていました。その中には明らかに東日本大震災の影響によるものがありまして・・・。帰省土産じゃありませんが、いくつかあげてみますね。


①馴染みの温泉施設のお客が・・・・
いつも帰省の時に必ずよる新津の温泉施設があるのですが、そこがやたら混んでいました。いつもは洗い場も余裕があるのですが今回は芋洗い状態(笑)。そして特徴的だったのが明らかに東北弁を話されている高齢のご婦人が多かった事ですかね。その年代の方にしてはかなり聞きやすい東北弁でしたので多分太平洋側----------つまり被災地からいらした方のように思われました(あくまでも偏見ですが、同年代の秋田や山形の親戚とは言葉の感じが違うように感じました。半分くらいは会話が聞き取れましたし・・・親戚相手ではそうはいきません・笑)
新潟にも被災者の方が多く避難していると聞きましたので、もしかしたらそういう方達だったのかも。いつもの温泉にいつもと違うお国言葉、やっぱり不思議な感じがしました。

②節電は大事なんですけど・・・・
電力不足の為、トンネルでも電気を間引いて点灯させていたんですが、これが思わぬ弊害がありまして・・・トンネルの暗闇に慣れた目に外の光が眩しすぎるんですよ(>_<)
明るい外からトンネルの中はそれほど違和感なかったんですが、トンネルから表に出た途端眩しくて目が開けられなかったんです。幸い私は運転していなかったのですが、ハンドルを握っていたらまぶしさに目が眩み事故っていた可能性が(苦笑)。無駄な明るさだと思っていたら、そうじゃ無かったんですね。今回初めて知りました。
それにしても出口のところだけ全部電気がついていたトンネルは目が眩むことは無かったんですけどねぇ・・・・節電も勿論大事なのですが、せめて出口のところだけは電気を付け、目を明るさに慣らせたらな~と思っちゃいました。結構怖かったですよ~(>_<)

たまには変わったGWも悪くありませんが・・・・・やっぱりいつものGWがいいですねぇ。


GW中、留守にしていたにも拘わらずご来訪&コメントありがとうございますv
お返事たたんでおきますね~v






☆ブログ拍手05/02 02:26 M様(反転しております)
初めまして。ご丁寧にコメント欄及びブログ拍手にコメントありがとうございました。
お返事の方はまとめてブログコメントの方にさせて戴きましたので、お時間がございましたら覗いてやってくださいませ。
宜しければ、またのご来訪お待ちしております。ご来訪、誠にありがとうございました。



☆Nぽ様
スミマセン、だいぶお待たせしてしまいました(^^;)

まずは『疱瘡玩具』の感想お返事から。Nぽさんの期待に添えず、かなり悲壮感漂う話になってしまいました(T_T)
『疱瘡玩具』は玩具は玩具でもどことなく暗さや悲しさが漂うものですのでねぇ。『赤』という色に病気平癒の祈願を、そして玩具や絵の形で少しでも子供の癒しに・・・・という親心を感じずにはいられませんでした。それに加えて『さらば、愛しき人・其の貳』の裏話、という位置づけもありましたので。唯一濱の子供っぽさだけが救いでしょうか(笑)。責姫は淳一郎が生まれる前までは『誰か婿を取って佐賀藩を・・・・』との教育を受けていた可能性がありますので、名前の如く『責任』を感じていたに違いありません。彼女が泣くのはやはりNぽさんの予想通り斉正パパがやってきた時になりそうですよ。
うわっ、疱瘡玩具の画像も検索してくださったんですか?赤べこは疱瘡だけでは無かったようですが、疱瘡玩具の一つとして使われていたようです。オールマイティのお守りなんでしょうかねぇ(笑)。色々調べて見ると楽しそうです。

『夏虫』の感想もありがとうございます。ええ、こうなってしまうと誰も近藤局長を止められません(爆)下からも突き上げられて歳は散々ですよ。それでも隊をまとめてしまうところが格好良いんですけどv
池田屋直前のこの時期、やはり将来の不安からか脱走者が多かったみたいですよね。しかも蟻通さんのところは親戚が・・・・(T_T)史実でも勘吾さんは函館まで行きながら最後の最後まで平隊士だったそうです。もしかしたら何か変な『責任』を感じて平隊士だったのかしら?と妄想し、こんな展開にしちゃいました。果たしてこの話で勘吾さんは従兄弟を見つけ出すのかそうじゃないのか・・・・正直私も解りません(おいっ)。
次回は美男五人衆絡みの『男色』問題(爆)。かる~い感じでお付き合いお願いいたしますv

忙しさへのお気遣いありがとうございますねvGW、主婦にとっては休みとはほど遠いですがお互い頑張りましょう(^_^)Nぽさんもお忙しい中ご来訪ありがとうございましたv
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【運び屋アレク 一難去ってまた一難・4】へ  【烏のがらくた箱~その五十八・酒の肴】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【運び屋アレク 一難去ってまた一難・4】へ
  • 【烏のがらくた箱~その五十八・酒の肴】へ