FC2ブログ

「Twitter小説」
運び屋アレク Page2

運び屋アレク RAN AWAY~とことん逃避行・5

 ←夏虫~新選組異聞~ 第二章 第二十話 志願者、そして去りゆく者・其の肆 →烏のがらくた箱~その五十・政治の舵取りって難しいものがありますよね
さすがに硫酸煙幕とその影から発射されるレイガンに相手は怯む。

「まったく最近の戦闘ロボットどもは妙に人間くさくなりやがって。この仕草に騙されて攻撃を仕掛けた途端に爆破を起こすんだからタチが悪いよな。カッツェ、仕掛けられている武器の種類は解るか?」

アレクはカッツェに敵方に仕掛けられている武器の解析を命じる。

「放射性爆弾及び重力子爆弾は装備していません。単純なレーザー砲及びIED、それも22世紀タイプのものです。良いんでしょうか、あんな貴重なものを実戦で使って。」

敵が装備しているそれらの武器は博物館に陳列されていてもおかしくない代物ばかりであった。否、今時極めて大きな地球や火星の博物館にしか陳列されていない武器と言って構わないだろう。危険性とは違う意味で攻撃を躊躇してしまう武器ばかりである。

「ああ、あれは別に壊しちまっても問題ねぇだよ。22世紀の本物だったら博物館行きだどもあれさプロキシマの工場で作ったバッタもんだ。思いっきりぶっ壊してけろ。」

アレクとカッツェの会話にイワンが入り込んできた。

「そうか、それなら遠慮無くやらせて貰う。」

イワンの言葉に安心したアレクはレーザー砲を敵のロボット兵器めがけて発射するすると瞬く間に動きが停止、特に自爆する事もなくまるで人間のようにへなへなと崩れ落ちていった。

「おい、あれ本当に戦闘ロボットか?まるで人間みたいな倒れ方じゃねぇか。」

避難民を守るためとはいえやはり人を殺すのは気持ちいいものではない。アレクは一瞬不安になったがそれは杉に解消された。カッツェが映し出したモニター画像には、戦闘ロボットの傷口とそこからはっきり見えるコードや機械がはっきりと映し出されていた。

「変な仏心を起こす必要はこれっぽっちもありません。あの動作は単なるプログラミングによるものです。」

いつもの如くカッツェの冷ややかなツッコミがアレクに降りかかり、その瞬間『ケイロン』の巨体が動き出す。ようやく逃避行の開始であった。



(2/6~2/12、twitterにて掲載)

Back    Next


にほんブログ村 小説ブログへ
ランキング参加中vこちらはブログ村の小説ランキングにリンクしております。


こちらは画像表示型ランキングですv





この話を書いていたとき、中国から北九州地方に硫酸塩成分など大気汚染物質が含まれた靄が問題になっておりました。拙宅の話では『硫酸』であって『硫酸塩』ではありませんでしたが、あまりの偶然にちょっとびっくり(^_^;)ちなみに私は『硫酸煙幕』云々を月曜日に書きましたが、原因が判明したのは水曜日でした・・・・・あらかじめ知っていたら硝酸とか塩酸とか別の物質の煙幕にしていたのに(え゛)。
物騒な冗談はさておき、ようやくエンジン始動、『ケイロン』は無事飛び立つ事が出来ました。トラップばかりのプロキシマ・ケンタウリ系宇宙空間を抜け、時空間移動を使わず太陽系にたどり着かなきゃいけないんですよね~。ポンコツだらけのメンバーですが応援してやってくださいませv

明日からはようやく宇宙空間のバトルになります。ここまで長かった~♪
関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【夏虫~新選組異聞~ 第二章 第二十話 志願者、そして去りゆく者・其の肆】へ  【烏のがらくた箱~その五十・政治の舵取りって難しいものがありますよね】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【夏虫~新選組異聞~ 第二章 第二十話 志願者、そして去りゆく者・其の肆】へ
  • 【烏のがらくた箱~その五十・政治の舵取りって難しいものがありますよね】へ