FC2ブログ

「雑  記」
烏のまかない処

烏のまかない処~其の壹・木地呂のお椀

 ←烏のがらくた箱~その六十四・私自身の効率化(^^;) →葵と杏葉開国編 第七話 義祭同盟と鉄の大砲・其の壹


今年の初め取り組んでいた断捨離にてどうしても捨てられなかった物、私にとってそれは『食』でした。だったらとことん向き合ってみようと取り組み始めたのがこのエッセイという訳です。
ただ、すでに文字だけのエッセイもどきは『烏のがらくた箱』でやってしまっているので、もう少し違った物はできないかな?ということでちくっ、と落書きもと・・・・・(^^;)。
PCを変えてからペンタブを未だ購入していないのでマウスでのお絵かきですが、暫くはGIMP2の練習がてら週に一枚くらいは絵を描いてみようかな、と思いまして絵を添えさせて戴くことにいたしました。毎週続けていれば少しは上達すると思うんですよねぇ・・・・・宜しければ以後お付き合いのほどよろしくお願い致しますm(_ _)m


そして『烏のまかない処』第一弾は以前紹介させて戴きました木地呂のお椀v日本人の心の友・味噌汁と切っても切り離せないお椀はやっぱり必需品ですよね~。4月から使い続けて約2ヶ月、普段使いのお椀としてはそこそこ良いものだけに以前の安物汁椀とは全く使い勝手が違います。
まず第一に冷めにくい!漆塗りの厚さが違うのか、なかなか冷めないんですよねぇ。以前のものが薄っぺらかったからかもしれませんが(爆)。猫舌の習性でどうしても汁物の飲む速度が遅い人間としてはこれは非常にありがたいのですv
さらに嬉しいのは洗った時の水弾きの良さ(^o^)。あえて水はけとは書かずに水弾きと書かせて戴きますが、汚れたお椀を洗った際、ゆすいだ時にまるで10代~20代の女の子の肌のように水を弾くんですよ。思わず『私もこんな時期があったよな~。』としみじみ感慨にふけりながら洗ったお椀を拭いております。そして拭くとさらにつやが増すんですよね~。よく西洋で銀食器をとことん磨き上げるという方がいらっしゃいますが、漆のお椀も同様で、柔らかい布で磨けば磨くほどつやが出る様な気がしてついつい拭いてしまう・・・・・陶磁器や硝子の食器は食洗機に放り込む癖に(爆)。

上記イラストのように蒔絵の一つもない、実用一点張りのお椀ですが、使い勝手や唇への当り具合は最高ですvあと問題は中身なんですけど・・・・・『ほんだし』&1kg398円のお味噌を使った豆腐の味噌汁じゃねぇ(^^;)
器に負けないよう料理の腕も磨かなきゃです(爆)。



次回の予定は6/28、豚キムチ我が家流(最近レシピを変えたv)になります。



にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【烏のがらくた箱~その六十四・私自身の効率化(^^;)】へ  【葵と杏葉開国編 第七話 義祭同盟と鉄の大砲・其の壹】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【烏のがらくた箱~その六十四・私自身の効率化(^^;)】へ
  • 【葵と杏葉開国編 第七話 義祭同盟と鉄の大砲・其の壹】へ