FC2ブログ

「雑  記」
拍手お返事&おまけ

拍手お返事&砂糖少なめの我が家の黒豆

 ←火消しのユウト 金亀と素面の酔っぱらい1 →紅柊 登場人物紹介(癸巳・春夏の章)
我が家のおせちは至って質素&品数少なめです。
新婚の頃はそれなりに頑張って色んなものを手作りしていたのですが、所詮たった二人の家族です。沢山作っても食べきれずに傷んでしまうので年々品数が少なくなってゆき、今年は黒豆、栗きんとん、伊達巻き、錦卵、かまぼこ、のっぺ(関東のお煮染めの代わり)そして雑煮だけになってしまいました。この他にローストビーフとゆでだこが入るんですが、これはおせちじゃないし(笑)。

これらおせちの中の黒豆と栗きんとん、これだけは市販のものが甘すぎて食べる事ができないので手作りしております。特に黒豆は・・・・・一度でも作ったことがある方は判ると思いますが、豆200gに対して砂糖も200gも入れるんですよ!ちなみにこれは黒豆の作り方複数の中で一番砂糖の量が少なかったものです。中には『うすみつ150g+本みつ280g』という黒豆もあったりして・・・・・絶対身体に悪いでしょう、これ。
一番最初に作った時、どんどん山盛りになるのに200gにならない砂糖の山に恐怖を覚え、一番最初に作った時は70g、そして今年は30gの砂糖で作ることにしたのも自然のなりゆきです。っていうか、他の人はあの山盛り砂糖を見て違和感とか本能的な恐怖とか覚えないんでしょうか・・・・・昔、親に『黒豆の汁を飲むと喉に良い』とは言われましたが、絶対身体に悪い!って味でしたもの。飲まなくて良かったとつくづく思います(^_^;)

ちなみに乾物黒豆200gに対し30gの砂糖しか使っていない黒豆でも仄かに甘いですし、黒豆本来の美味しさも出て非常に食べやすいです(^o^)ビールのおつまみとしても合いますし(大豆とビールは相性良いです、本当にv)、お砂糖代金も節約できますしv
ただ、今年は煮方を失敗しましてねぇ。個人的には固めに茹でた方が好きなのですが、微妙に柔らかめに(^_^;)
来年はもう少し固めに茹でて、ビールやお酒のあてにできる黒豆を極めたいと思いますv
(もはや保存食の意味ナシ・苦笑)


新年早々、コメントありがとうございますvお返事、下に書かせて戴きますね~♪




☆Nぽ様
明けましておめでとうございますm(_ _)m
旧年中は大変お世話になりました。今年もよろしくお願い致しますv

まずは『猫絵師・国芳』感想お返事を。今も昔も女性がひと息付けるのは女正月まで無理ですよね~(笑)
国芳達が住んでいる長屋は近所同士の付き合いも親密という設定ですので、事あるごとにご近所同士で連れ立って出かけております。勿論歌舞伎見物も同様で、女正月の時期と同時期に開演する歌舞伎にあわせてお滝達は出かけているんですよね~。(さらにこの時代の海老蔵は『歌舞伎十八番』を制定した名優ですし、いけるとなったら絶対でしょうv)
ただ、国芳&猫達はやはり寂しいようで、お滝が帰ってきた途端に纏わり付いております。そんな猫達にも温かいお言葉ありがとうございますねv

『化け猫姫の黒髪・夜』にもお言葉ありがとうございますvこの時代、責姫に限らずそこそこ賢い大名の正室はかなり政治的な動きをしていますよね~御台所・篤姫なんかもそうですし。盛姫の教育を受け、当時の女性としての政治的役割を学んでいたであろう責姫ならばきっと積極的に動いたであろうと妄想いたしました。
直侯のゼツリン落ち(爆)当たり前じゃないですかぁ。何せ父親と異母兄が『アレ』ですよvゼツリンじゃないなんて絶対にあり得ませんって。直侯がもう少し長く生きていたら絶対に責姫も子供の数人くらい産んでいたと思うんですけど、こればかりは致し方ありません。
(ただ、戊辰戦争の時まで生きていたらさらに難しい選択を迫られていたと思うだけに、長生きした方が良かったのか悪かったのか・・・・・複雑です。)

エッセイにも一つ一つ感想をありがとうございますm(_ _)m
リンゴ、煮ても焼いても生でも美味しい果物ですから非常にありがたいです。残りもあと12~13個ほど、食べきる頃には鶯が鳴くんじゃないかと(笑)。毎年本当にありがたいですv

温泉・・・・・泉質は最高だったんですけどねぇ。もしかしたら温泉の機嫌が悪かったのかも知れませんし、東日本大震災の影響等もあるのかもしれません(地震の前後に温度や泉質が変わる、って話もよく耳にしますし)。冬場にはちょっと寒かったですけど、夏場に行くには丁度良さそうでしたよ。もし、何かの機会で今回の施設に行かれるようでしたら、夏場をオススメします(笑)。

『坂の上の雲』の感想へもねぎらいのお言葉ありがとうございます(^o^)。いや~、もう最高でしたよv原作が司馬遼太郎先生ですし、お金のかけ方も半端じゃ無い。しかも(他にお金をかけ過ぎて)お金がかけられなかったというロシア人の役者さんの演技が迫力がありまして・・・彼らなりの『日露戦争』に対する思いいれもハンパじゃありませんでした。
明治というと薩長が幅を利かせて・・・・というイメージがありますが、秋山兄弟が所属していた松山藩が佐幕派なのでわりとすんなり入り込むことはできると思いますよ。(兄・好古の奥さんは元・旗本ですし・・・戊辰戦争負け組のサクセスストーリー的な部分もありますので、私は楽しく三年間追いかけさせて戴きましたv)

国芳展、勿論前後期両方にいくつもりです。ここまで大々的な国芳展はもう無いでしょうしねぇ。私も介護の後にふらりと足を伸ばしてそそくさと自宅に引き返さなければならない状況ですので、Nぽさんも無理をなさらず、お仕事がひと段落したあとに堪能しに行ってくださいませ(^o^)

今年の目標は『とりあえず現状維持』ということで(^_^;)それさえも一時期体調を崩した時はできませんでしたからねぇ。もういい大人なんで、健康&スケジュール管理だけはしっかりやっていきたいなと思います。

新年早々、丁寧なコメントありがとうございました(^o^)今年もよろしくお願いしますねv


関連記事
スポンサーサイト




 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png VOCALOID小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【火消しのユウト 金亀と素面の酔っぱらい1】へ  【紅柊 登場人物紹介(癸巳・春夏の章)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【火消しのユウト 金亀と素面の酔っぱらい1】へ
  • 【紅柊 登場人物紹介(癸巳・春夏の章)】へ