FC2ブログ

「雑  記」
烏のまかない処

烏のまかない処~其の参拾陸・逸口香 佐賀ver.

 ←うそかえ・其の参~天保四年二月の再会(★) →葵と杏葉維新編 第八話 斉正上洛と茂義の死・其の貳


前々から気になっていたお菓子、逸口香(いっこうこう)をとうとう食することが出来ました(^o^)同じ名前のお菓子は長崎や愛知にもあるらしいのですが、見た目は結構違うみたいです。詳細はWikipediaにてご覧くださいませねv
で、私が食べた逸口香なんですが、佐賀ver.の平べったいもの。中に生姜風味の黒糖あんが入っている、いうなれば和製ジンジャークッキーのような感じでした。『ぼうろ』の生地らしいんですけど、私が食したモノはまるでビスケットのような食感でしたねぇ。一説には中国船員の保存食が元になっているらしいとありましたが、中華菓子とはそこそこ馴染みが深いK県に住む人間としては微妙に納得が・・・・・そういう感じの食感及び見た目なのです。しかも佐賀の逸口香は江戸時代後期から作られたそうですし。
そして当時の倹約令に『逸口香に上砂糖を用いない事』という条文があったそうです。ちなみに逸口香は倹約令の中許された六種類のお菓子のうちのひとつなのですが、上砂糖を使ったらますますジンジャークッキーそのもののようになりそう、と思うのは私の気のせいでしょうか。きっと蘭学かぶれのどこぞの殿様が真似をさせたに違いない。禁令でも許可したのは自分が食べたかったからだ(あくまでも妄想・爆)。

閑話休題、ビスケットのような生地の中に入っている生姜風味の黒糖あん、これは絶妙でしたv生姜の辛さを黒糖の甘さが和らげて、黒糖独特のえぐみのある後味を生姜の爽やかさが消していたんですよ。黒糖の後味が少々苦手な私としては非常に食べやすいお菓子でした。生姜味が流行していることですし、生姜が苦手な人にはちょっと風味が強すぎるかもしれませんが、それほど苦手じゃ無いという方はぜひぜひ挑戦して見てくださいませv

次回まかない処は2/29、今年に入って旦那がはまってしまった日本酒について書かせて戴きますv




にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
INランキング参加中v
こちらはブログ村のエッセイランキングにリンクしております。
お気に召しましたら拍手代わりに是非ひとポチをv



こちらは画像表示型ランキングですv

どちらもリンク先に素敵サイト様が多数ございます。お口直しに是非どうぞv

関連記事
スポンサーサイト






 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ 3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ 3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ 3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ 3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ 3kaku_s_L.png 雑  記
総もくじ  3kaku_s_L.png vague~道場主・作間駿次郎顛末記
総もくじ  3kaku_s_L.png 夏虫~新選組異聞~
総もくじ  3kaku_s_L.png 紅柊(R-15~大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 葵と杏葉
総もくじ  3kaku_s_L.png 横浜慕情(大人向け)
総もくじ  3kaku_s_L.png 短編小説
総もくじ  3kaku_s_L.png 雑  記
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
【うそかえ・其の参~天保四年二月の再会(★)】へ  【葵と杏葉維新編 第八話 斉正上洛と茂義の死・其の貳】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【うそかえ・其の参~天保四年二月の再会(★)】へ
  • 【葵と杏葉維新編 第八話 斉正上洛と茂義の死・其の貳】へ